ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

スケッチ ユリ(鉛筆・色鉛筆・水彩絵の具)

あとで作品につながる予感がするスケッチとそうでもないものとがあります。作品にしたいからするスケッチというものもあるし。このユリのスケッチは・・・作品にする予感も予定も今のところありません。

ハングルの書道をしていても漢字が上達するし、書道していれば絵も描けるんですけど、やっぱりたまには基礎練習が必要です。ユリはわかりやすい構造なので形をとる練習にいいです。
d0090959_12494284.jpg

スケッチブックに引いた線は実物には存在しなくて、その線だって点の集まりにすぎません。そんな点も所詮は鉛筆の粒子が紙の目に引っかかっているだけです。

目で見て頭で理解して手で描く記録としてのスケッチは、センスよりも地道な訓練に近いですね。技術と感覚の両方の訓練。どんな感覚かはうまく言えないんですけど^^;; 幽体離脱(したことないけど)みたいな感じw

語学の勉強はスケッチに似てます。実際の会話場面って美術でいえば作品発表のようなもの。正確に記録されたスケッチブックがどれだけたまっているかが鍵なはず。でもあくまで、たとえばの話なので絵を描いてて単語が新しく覚えられるわけではないんですよね。。。
by narinya | 2009-08-04 13:28 | スケッチ drawing | Comments(2)
Commented by テラ at 2009-08-05 16:59 x
基礎練習、やはり必要なのですか。
私も分野は違いますが、毎日針を持っていないと技術が鈍ると気がつき、暑いけど1時間でも針仕事することにしました。
その時間がもったいないから単語でも覚えようとしたけれど、縫い目に集中してるから無駄でした。なので、きっぱり、針仕事の時間は祈りの時間と決めました。1日に1時間くらいは、無心になる時間があってもいいんじゃない?と思って。
幽体離脱っていう感じも、祈りに近いのかな?と思ったりして。。。
Commented by narinya at 2009-08-07 00:50
❤テラさま  それはそうです~。
お針仕事も技術だから同じですね。
やっぱり数こなすと手がそのモードになるものですよね!
わたし、こんな無心な作業時間がすごーく長くて多いのです。
韓国語の勉強とかドラマとかに結局時間割けてないんですよね・・・。
だからいつも皆さんみててチョッピリ羨まにゃんこだったりして~。
幽体離脱wは祈りなんてすてきな響きでもなくて、あっちの世界に行っちゃってる感じですー。
<< NHKニュースで英会話 「いつの瞬間も大切に」(個人蔵... >>


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ