ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

それでも、ちょっとできるようになってきた

韓国の書道。書体がいろいろありますが、これは楷書って感じかな。宮体正字といってどこまでも端正に書く書体です。呼吸を整え淡々と・・・。ある意味修行のよう。漢字のようにカクカクさせないけど平仮名のように柔らかくもない。優雅な筆致と抑揚の中に漢字の強さが感じられる魅力的な書体です。そして相当難しいです。字形の規則もめちゃくちゃ多い。

ハングル書道を本気でやろうと思う方は是非、漢字書から始めてください。平仮名(仮名)も書けるとなおいいです。筆文字には自信あるけど韓国語はできないという方は韓国語から始めてください。読めない書けない話せないではすぐに行き詰まります。中国語ができなくても漢字書はやれる(それも望ましくはないけど)じゃないか、ということとは次元が違います。ハングルで書道をするのなら語学は必須でしょう。

だからハングルだけが書けるようになればいいとか、そういうのは無いと思います。日本の書道でも各書体まんべんなく学ぶように、そこにハングルが加わったと考えて、さらにハングルの各書体に取り組んでいくのがいいです。

d0090959_10434414.jpg


仮名書道に古典臨書があるように、ハングルにも各書体で古典があります。それが読めるようにもならないと臨書もできないから韓国語もマニアックなレベルで出来なくてはなりません。ちなみに、この写真の課題なんて小学生と同じものなのにすごーく難しいんです。練習中には書けなくて情けなくて涙がこぼれます。外国語だからなの?お稽古通ってないから?

真剣にハングルの書道やってみたい方だとしても、是非一緒に頑張ろう!なんて言葉は正直、言いづらい。涙する覚悟をした方がいいとしか言えませ~ん。でも、やるなら現地に行くのをオススメします。それなら涙までは出ないかも。あ、でも生活したら違う涙を流すこともあるかもね。またnarinyaさんが厳しいこと言ってる~って思われちゃうかな。でも現実です。

技術や知識があるレベルでなければ資格がないと言っているのではありません。そんな小さいことではないです。情熱の話です。時間とお金と体力に精神力・・・情熱って結果これらに反映されます。何に対する情熱かは人それぞれで異なるでしょうけど、皆様、熱くいきましょう!(っていうか暑苦しい?私^^;) 
by narinya | 2009-10-18 22:55 | 書道 calligraphy | Comments(4)
Commented by たま at 2009-10-19 13:17 x
この間韓国文化院でクッ(ムーダンのお祈り)の実演を見てきました。
後ろの屏風は縦書きの漢字でやや崩したところがひらがなになりかけて見えました。おもしろいな~って。何かきっかけがあったら韓国にも韓国のひらがながあったかもしれないですよね。
私はよく演劇関係の公演をチェックするのですが(実際見たのは3回しかないけど)国立劇場の演目はいつもステキな書道でタイトルが書かれています。いろんな書体があるな~。と感心しちゃいます。
Commented by narinya at 2009-10-20 13:58
❤たまさま  ムーダンのお祈りの実演?
私も見てみたいなぁ。
韓国語勉強し始めたのが5年前に長崎越してきてからだから、何か興味あってもこの辺ではあまり何もないんですよねぇ。。。
時々アーティストやら書家やらの交流展があるけど・・・他国で何かやると交流なのか?って感じであんまり面白くない^^;
って話は字でしたね。
漢字から平仮名になる直前の表現ですね~。
草仮名という段階の字です。
確かに。独自の字を持とうってもう少し早く考えてたらハングル作るよりも自然に平仮名みたいなのが生まれてた可能性もあった?かも?
Commented by まゆ at 2009-10-20 14:49 x
全く同感です。^^やっぱりそうですよね。私も熱いほうだから、よくわかります。でなきゃ、韓国語23年もやってませんよね。練習中には書けなくて情けなくて涙がこぼれます。っていうこともよくわかります。
比較にはなりませんが、小学校5年生のとき書道の展覧会に出す作品の稽古が大変でした。一文字が新聞1面くらいのものでしたが、父がせっせと墨をもくもくとすってくれました。おかげで、ある大手の新聞社賞をもらいましたが、産みの苦しみなるものを感じた思い出があります。
なんでも生半可な気持ちや単なる興味本位だけではだめな領域ってありますよね。独学で趣味でって言うのとは違って・・・。上手くいえないけど。
ナリナリさんの真剣さは、すごく励みをもらえて好きです。^^
Commented by narinya at 2009-10-24 00:13
❤まゆさま  まゆさんならわかってくださると思ってました♪
できなくて自分に対して悔しいと思うのもあんまりよくないとは思っているのですがなかなかなおりませんね。。。
でもやればやっただけ何かはいつかどこかでありますよね。
新聞社賞もそうですよね^^
何でも興味から始まるのですからいいことではありますが、いろんなことが簡単にできる時代に、それじゃ通用しない世界もあるということ。
そしてそれだけに素晴らしい世界だということは譲れないんですよね。
・・・とは言っても生活は結構だらだらな私だということも知っておいてくださいねw
<< 「継紙」2 (長崎コクラヤギ... 物々交換 >>


最新のコメント
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
素晴らしい字! ナ..
by hachan7609 at 13:33
★housuiさま わ..
by narinya at 20:55
お疲れさまでした。前進の..
by housui303 at 14:35
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
管理人からおねがい
フォロー中のブログ