ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

板本体練習



最近、ハングル書道の記事が少ないんじゃない?とは家族のせりふ。そうかな?でも、このブログはハングル書道専門というわけではないんだけど・・・。

そう言われたので(笑)、ずいぶん前に書いたものですけど、お披露目。過去に練習したものなどは記録しています。板本体が見たいという方がいまして、参考になればと思い載せてみます。

d0090959_35335.jpg手本は書簡体でしたが自主的に板本体でも書いたものです。課題として自分の考えを込めるということだったので、筆使いを工夫したつもり。自分の考えをこめて書くとなると、ただツラツラと字を書けばいいというものではなく。

手本通りに書けるようになってきたら、こんな練習を積極的にしていかないとね。「どうやって書こう?」 「自分の考えを込めるってどういう意味?」 「なぜ自分は字を書いてるんだろう?」 そういうことを、そこではじめて考えるようになるものです。

紙に対しての構成は目新しくないですが、その分、線の雰囲気に変化を持たせました。とはいえ、なかなかこれ!という出来はないですねぇ。まだまだ修練していかなくては。

ハングル書道に少し余裕が出てきたところで、今春、仮名書道の勉強を再開しました。でも、新しい先生と場所で、ペースがなかなかつかめずにいます。

それでも、海外へ出て発表したければ、やはり日本人として仮名作品が書けないと・・・。日本ではハングル書道が注目されますが、作品集などを韓国人に見せると、工筆画と構成した仮名書道に目がいくようです。自国にないものに自然と興味がいくということなのでしょうか。

話題性や注目度の面からみれば、他の人がしないことをするというのは一つの手段です。でも、だからといって作品がいいとは限らないし、美とは本来はそういうことではないはず。

ハングルだろうと、仮名だろうと、アラビア文字だろうと、それは目に見える現象に過ぎません。そういうものを超越した芸術の世界がどこかにあるはずなんだけど、私にはまだよく見えなくて。。。ひとまず20年後くらいにはハングル書道が珍しくない時代になっているといいなぁ。



d0090959_18331315.jpg

by narinya | 2011-11-05 22:13 | 書道 calligraphy | Comments(2)
Commented by mint-lavender at 2011-11-17 12:53
初めまして。
スッカラを見て,このブログを知りました。
今私は,ハングルの勉強中なのですが,なかなか覚えられず悪戦苦闘。一体どうすれば頭に入ってくるの~,ともがいています。
でも・・このハングル書道,本当にとっても素敵です!!ハングルがこんなに芸術的に見えるとは・・!!
なんとなく希望の光が見えてきたようです。これからも拝見させてくださいね。
Commented by narinya at 2011-11-17 20:23
★mint-lavenderさま  こちらこそはじめまして!
私がしていることで希望の光が見えてきたなんて(#^_^#)
これからも是非、気分転換にのぞいて行ってください。
韓国も韓国語も、まぁ好きなんですけど、私はやっぱり文字か好きなのでどうしてもそこに反応しますねぇ^^
平仮名とも漢字とも違う、独特で最高にデザイン性が高いハングルに感動すら覚えます!
きっと、すぅーっと頭に入る瞬間があるでしょうから、それまで頑張ってくださいね。
またお話しましょう!
<< 秋の美術鑑賞 名前はんこ チョウチョの紐 >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ