ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

豫園の石畳その1

d0090959_049229.jpg上海では豫園に行くことがメインだった(というか豫園商城での小籠包が本当の目的♪)のですが、じっくり庭を見たかといえばそうでもなく・・・。

園内はいろいろと見るポイントがあるらしいのですが、人が多いのと迷路みたいなのとで私はちょっと疲れました。

ツアーの人たちがたくさんいるから、そのガイドさんの話を盗み聞きしてもいいかもね。

中は、いたるところに細工がしてあるので、その文様の写真撮るので忙しかったです。石畳が見事でした。

この梅(だよね?)文様はなかなか複雑ですよね。かわいいです。
d0090959_041297.jpg

d0090959_0492173.jpg
この亀甲もビシッと敷いてありますね~。スバラシイ。

小石を使っているものもあれば、これみたいに瓦片のようなものを用いたものもあり・・・。

それにしても庭に対する考え方は各国さまざまだにゃ~。

韓国の宮殿のお庭とかは、やっぱり中国っぽいよね。石が多くて私には少しさびしく見えます。

やぱり緑の苔むした日本庭園がいいなぁと思えてしまうのは、その風土で長く暮らしているからなのかしらねぇ。
by narinya | 2010-03-29 01:26 | お出かけ・手作業 | Comments(2)
Commented by housui at 2010-03-29 22:08 x
随分と凝った石畳ですね。しかも小石の色が白っぽいのやら黒っぽいのやら・・・使い分けてますね!こういうのは、はじめて見ました。^すばらしい^^
Commented by narinya at 2010-03-29 23:54
❤housuiさま  そうなんです。
石などの特色もいかして作ってあって文様も全然ずれてないしすごいんですよ~。
この石畳シリーズは3弾まであるのでまたお写真のぞきに来てください^^
<< 月に約500円とはいえ・・・ パンジー(鉛筆・色鉛筆) >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ