ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

漢字と南画で

d0090959_11251819.jpg長崎大学での展示のために新しく書いた作品は、仮名とハングル、それとこの漢字でした。時間的に全く余裕がなく表具に出せなかったので、どうやっても紙の大きさ(全紙)以上には大きくはならないわけです。

時間や会場面で条件が厳しかったとはいえ、私は表具部分まで作品として手を入れることをコンセプトのひとつとしているので、今回もいい勉強の機会になったと捉えてます。

全紙を真ん中に漢字「同一酔」と大きく書いた脇に赤茶色で長めの漢詩を添えて。それを、半切に描いた蓮の花2本で挟みました。バックに垂らした黒の布が全体をまとめてくれたと思います。蓮の絵まで作品の本紙のような、はたまた、表具部分とも見えるような・・・。そんな演出にしたかったのです。

蓮の花は、最初は墨だけだったのですが、漢詩に使った赤茶を入れて全体の統一感を出そうと思いました。でも、いざ赤茶を入れると、墨だけのときよりも沈んだ印象になりどうしたものかと・・・。そこで、明るいエメラルドグリーンを差し色にしてみたのですが、これで一気に爽やかな雰囲気になりました。

d0090959_11253558.jpg

この作品は、今回と同じ体裁でまた飾ることはないですが、横の蓮の花は何かに再利用しようかと考え中です。帯にしてもきれいですね~と言ってくれた方がいてナルホドと。中国工筆画の先生も帯に描くこと考えてるっておっしゃってましたっけ・・・。ひとつ作ると、どんどんアイデアがつながっていきますね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
by narinya | 2010-08-14 07:26 | 展示会 exhibition3 | Comments(9)
Commented by ハーちゃん at 2010-08-14 15:36 x
迫力に圧倒されます。これ好き〜(^^)。
Commented by t-ebizou at 2010-08-14 18:09
漢字のバランスが絶妙ですね!!
蓮の控えめな華やかさも素敵。
私は最近漢字の勉強を始めました。また10級からやり直しです(笑)
私もnarinyaさんのようにのびやかで凛とした漢字を書けるように
なりたいです。
Commented by テラ at 2010-08-15 08:28 x
実物を見たらきっともっとすごい迫力なのでしょうね。
芸術だわぁ!
蓮はやっぱり絵になりますね。好き!
Commented by narinya at 2010-08-15 12:59
❤ハーちゃんさま  ありがとうございます~♪
何とかして大きくしようと必死でした。。。
Commented by narinya at 2010-08-15 13:04
❤えびぞうさま  私も蓮がねぇ、気に入っているのですよ。
字じゃなくてやっぱり絵か!という感じです^^;
えびぞうさんの会は仮名と漢字と分けてお勉強する式なのかしら?
私がお稽古してた会は漢字(各書体)、仮名、ペン字、細字が全同時進行でした。
でも、支部によっては分けてるところもあるらしいし。
一緒にやると相乗効果が期待できるけどスゴク大変だから、一長一短ですねぇ。
漢字がんばってね~^^
Commented by narinya at 2010-08-15 13:07
❤テラさま  大きさだけはありました。
でも、会場も大きかったので・・・。
小さなギャラリー程度だったら迫力満点だっただろうにゃ~。
蓮だけをテーマに何かやりたいとも思っているの^^
構想ばっかりふくらんじゃって。てへ。
Commented by kei-aimu at 2010-08-16 13:09
すごくかっこ良くて素敵ですね。
この前はコメントくださったのにお返事が遅れてすみませんでした。
Commented by kei-aimu at 2010-08-16 13:15
同一酔とはどういう意味なのでしょう?
勉強不足で辞書にも出ていませんでした。
蓮の花も素敵ですね。
Commented by narinya at 2010-08-17 17:40
❤kei-aimuさま  こんにちは!
いいえ~。制作にお忙しそうですもの^^
何よりです。
同一酔とは字のごとく、一緒に酔おうという意味です。
長めの漢詩は蓮の花咲く中、船に乗る少女たちが何たら^^という内容なのです。
だから何に酔うって、この作品では蓮の花、花の香りに酔うという意味で作りました。
<< 蓮の葉っぱ練習 シリーズ作  (長崎 カロムカ... >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ