ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

Pen

近ごろ、書が注目されているのでしょうかね?デジタル化につれ、筆文字の需要は反対に増えるだろうという声は聞いていましたが。ここにきて若者が書道するテーマでドラマが作られたり、こうして雑誌で特集が組まれたりして。なにげにブームなの?

d0090959_22193239.jpg話は少し飛ぶけど、絵手紙も墨と筆で字を書くということでいえば、このメールが便利なご時世にここまで支持される現象には見るべきものがあります。デジタル化で手書きが減らないというのは、あながち間違ってないのでしょうねぇ。

好きな字に想いを込めて書いて作品として仕上げたり、近代詩文などの教室は人気があるようです。一方、少子化の影響もあって従来からの書塾や、大規模展覧会を維持するほどの会員数は減っているとか。

個人的には、純粋に伝統的な書法重視で教える先生が減っているからじゃないかとも思います。会が大きくなれば維持が最優先になるし、カラーも出さないといけないだろうし。寺子屋だったころがよかったような気も・・・。

私なんかは古典だけ指導してもらえれば十分なのよね。あとは先生の人間性ですわ。行き着くところステイタスではないですね。弟子も先生一人が直接触れあえる数が理想かな。孫弟子とか支部とかいい始めたら、それはもうある種ビジネスよね。。。

離れていても外国語でもちゃんと聞こえてくる声がある一方、同じ日本語なのに本人の言葉で情熱が一切伝わってこない例もあります。そりゃ、前者に軍配が上がるでしょう。師と名乗るなら常に発信者でいる責任があるのヨ。ま、どんな先生がいいかは人それぞれですが。私は前者のような先生と出会えたからよかった。その上両思いだし^^幸せです♪
by narinya | 2010-07-20 01:27 | 書道 calligraphy | Comments(10)
Commented by リュン at 2010-07-20 20:10 x
本当に出会いは大切ですよね^^実感してます。ここに訪ねてこれるようになっていつも癒されて又自分なりに頑張ればいいんだと思えるから^^ナリナリ師の「キラキラ40代」に コンベ(乾杯)^^
Commented by t-ebizou at 2010-07-21 20:41
近頃はipadなどもでてきたし、試験的に授業でDSなどを使ってる
学校もあるということで、もしかしたら鉛筆で字を書くことすら
なくなるんじゃあ・・・と思ってましたけど、意外に筆文字は人気
なのですね!よかったよかった・・・
しかしこれから漢字を書けない人がどんどん増えるような気が
します。ゲームばかりしてる子供にも字を書く楽しさを知って
もらいたいものです。
Commented by narinya at 2010-07-22 01:04
❤リュンさま  そうですね~。
若い頃は出会いとかありがたいとかいうの苦手だったけど。。。
全部自分がコントロールできると思ってたから^^;
こちらこそ、ほんとに、こうしてコメントまで残してくれる方々がいるなんて!と癒されてるのですよ^^
みんなそれぞれ「キラキラ」ですよね~。うふ~。
Commented by narinya at 2010-07-22 01:10
❤えびぞうさま  そうですか。DSまでですか~。
パソコンや携帯がなくて大学まで終えた最後の世代だとおもうんですよねー、わたし。
世の中はどんどん新しくなるんだなぁ。
筆記具としての筆の使用が減ったことが「書」の大きな転換点だったでしょうね。
だって必要ないし、実用でもなくなるのですもんね。
となると、いろんな風に枝分かれせざるを得なかったのでしょうね。
これからまだ芸術としての書も発展するだろうけど、淡々と古典にそくしたものにも回帰していくんじゃないかなぁ。
子供たちって案外やらせるとお作法的なこときらいじゃないんですよね~^^
Commented by nikka at 2010-07-22 09:56 x
うちの上の子もお習字やってますが、
部活がハードなので、もうやめたいと言っています;;
それでも学校で書道展などに出す作品として選ばれれば、
やっぱりうれしいみたいで、やめる→やっぱりやる、の繰り返し。
私はやっぱり半紙に向かうときの気持ちというのかな、あの緊張感とか、独特の空間とか、そういうのを覚えてほしいから、ともかく続けさせたいんですけどね。
もう8年やってるから、体にしみ込んでるといいんだけど…。
Commented by narinya at 2010-07-24 01:47
❤nikkaさま  小学生、中学生くらいまで続けてやめる子がやっぱり多いですが、そこからが書道になるのでもったいないですよね。
nikkaさんのお嬢さんも、続けられるといいですねぇ。
という私は中学あがる時にやめましたけど^^;
でも、母が結構しつこく?高校生になっても「お習字またやれば?」とか言ってくれてのでいつも何となく選択肢の中にありました。
やめても再開できるのがまた書道のいいところですよ~。
nikkaママが暗示かけてあげてください^^
Commented by housui at 2010-07-25 10:19 x
一過性のブームではなく、この文化が細々とでも続いてくれるといいな。
結局、わかってくれる人にわかってもらえればいい・・・という感じでやってます。師弟関係もお互いに相思相愛でないとね~~~^^
古典はクラッシックの基本だから創作するときにも・・・すごく参考になりますね。古典そのものが教えてくれることがたくさんあります。同じ古典でも初心者の時、10年、20年経って・・・見えるものが違いますね。
実生活が少し忙しくなり・・・ブログでの発信が減っていますが・・・↓にならって・・・「きらきら50代」を目指します【笑】
Commented by nikka at 2010-07-27 10:00 x
習い事をやめるっていうのも、結構勇気いりますよね?
自分自身もそうなんだけど、子どもの習い事をやめさせる(やめることを許す)のも、勇気が必要です;;
書道については、私自身が免状をもらうまでは…とやってきたので、どうしても娘にも続けてほしい気持ちがあって。
でも確かに、一度やめても、また勉強する機会もあるかもしれませんね。
無理強いして、それが嫌なものとして心に残るより、彼女の気持ちにまかせることも必要かもね。
アドバイス、こまうぉよ~!
Commented by narinya at 2010-07-28 21:59
❤housuiさま  ちょっとお出かけしていてお返事おくれました。
そうですよね。
皆が同じものに情熱を注ぐわけではないのですしね^^
自分だけでも理想をなくさないようにいたいなぁという感じです。
私は相変わらず古典の勉強が不足してまして、やっぱり先生が必要なのですよね。
本見て適当に書くのと見てくださる先生がいるのとでは違うと思うし。
韓国の先生は今のところハングルだけの指導なので・・・。
漢字もそのうちお願いできないか、とは小出しに頼んで見てはいるのですが、やっぱり通信ではこちらもキツイだろうし。。。
家の近くでいい先生がいればいいけど会に所属はしたくないし~。
悩めます(泣)。
Commented by narinya at 2010-07-28 22:02
❤nikkaさま  そうでしょうねぇ。
自分のことならいいけどお子さんのことですものねぇ。
でも、本当に書道に関して言えば、大人になってやっぱりやりたいって再入会する人もけっこう多いし、他の習い事に比べたら子供の時にやめるやめないの影響は少ないかもですね。
中学、高校とクラブ活動でもあるし^^
<< 「谷間を流れるときは」 (長崎... 「きらきら40代」 >>


最新のコメント
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
昨日コメントアップしよう..
by kazuko at 19:51
★housuiさま  こ..
by narinya at 02:07
こんばんは〜〜 充実し..
by housui303 at 22:47
管理人からおねがい
フォロー中のブログ