ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

ハングルのポップ その後2

寄せてくださるコメントを見ると、ポップはマジックで小さめな字で練習すると思われたみたいですね。マジックは基本練習で使っただけで、あとはすべて筆での練習でした。実際の仕事も筆で書くことが多いようです。街に出て観察してみたら、やっぱり筆での制作が多い印象でした。

練習の紙はB4。だから一文字の大きさも結構あります。字数によるけれど、手をパーまたはグーにしたくらいの大きさかな。大きく書く練習は大事な過程のようでした。紙全体に対してバランス感覚を養う意味もあるでしょうし、字形を理解しているか、のびのびと筆を運べるかなどの意味もありそうです。

レッスンは着々と進み中盤に。この日は「テドゥリ(縁取り)」の練習でした。これがなかなか難しい!角のあるタイプと丸いタイプ(ちょっと書道の板本体みたいじゃない?^^)を習いました。


d0090959_22443229.jpgテドゥリは線がふらふらしたらすぐわかるし、何よりかっこ悪い。。。でもね、筆を押しつけて書かないから、一定の太さを保ちつつ迷いのない線で書こうと思ったら量と反復練習しかないと思う。

楽しくだけやれることって結局ないのね-。

でも、ここへ来てのこの「テドゥリ」、やりがいがあります。字がとたんに浮き上がって見える楽しさがありますね。

先生も習っていた頃、どこへ行くにもテドゥリの練習ができるように道具を持ち歩いていたそうです。ハマるってそういうことですよね。寝ても覚めてもっていう情熱が何より大事なんですねぇ。

前回、宿題だった筆で書く数十個の単語たち。今度は、それに2種類のテドゥリを施してくることが宿題です。30~40枚できたらいいと言われて宿舎に着いたのは夕方。テドゥリは思った以上に一枚仕上げるのに時間がかかるのです。が、その日は宿舎で会った人と意気投合。夕飯一緒にしてマッコリまで飲んじゃって・・・。

いい気分の夜9時。「さ、宿題やってから寝るべ」と思ったら、なんと!あるはずの単語を書いた紙の束が無いの~!お稽古場に忘れて来ちゃったのです(泣)。翌日のレッスンは朝からなのに・・・。仕方ない、そこは根性で徹夜して単語から書き直してテドゥリをして持って行きました。根性でもどうにもならないポスカラが乾かないのには焦りましたが・・・。

ソウルに着いて、日に日にヨレヨレになっていく私・・・^^; でもおかげで次のステップに進むことができました~。わーい。
by narinya | 2010-11-28 13:09 | ポップ/パステル POP/pastel | Comments(4)
Commented by nikka at 2010-11-30 21:58 x
迷いのない線…永遠の課題ですね。
Commented at 2010-12-02 17:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by narinya at 2010-12-07 01:05
❤nikkaさま  すいません。お返事おくれました。
最近、ちょっと余裕がなくて・・・・。
あ、別に大変なことがあるとかじゃないですよぉ^^
ほんとほんと。
永遠の課題です。
迷いまくりですから、私^^;
Commented by narinya at 2010-12-07 01:06
❤鍵さま  コメントありがとうございます。
楽しんでいただけたなら幸いです^^
よければまたお話して行ってくださいね。
<< 徒然1012 ハングルのポップ その後 >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ