ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

フルリム体練習



d0090959_129322.jpg
행복은 항상 웃는 마음에서 꽃처엄 피어 난다.

そうですね。皆それぞれ状況は違うし考えも主観的だから。何があっても自分が幸せだと思えればそれが幸せなんだと思う。国の情勢が安定していて生命の危険がなければ、あとは自分の考え方次第だと信じたい。私は好きな字や絵をしながら笑って過ごせればそれが一番いい♡ 他には特に望まないの。何かを残したいとかも正直考えないし。


 ← この言葉で ~에서 という助詞がよくわかった思い出があります。~で、~から という単純なニュアンスじゃなくて。助詞がない言語の人には、この助詞という存在を理解するのが本当に難しいんですってね。

ところが、アラビア語は助詞じゃないけど「格」といって、助詞に似た感じのものがあります。英語よりもどうかしたら日本人にはわかりやすいかもしれない。ただ単語末の変化が多くて(+_+) でも、今度はそれは韓国語の母音調和みたいなものと考えれば気が楽…かな。

フルリム体で書くのは楽しい♪ どの書体も素敵だけど、リズムがあるこの書体は、節度があって優雅で、キリッとしてるけと柔らかくて。音色がある感じ^^ まだしばらくは、このフルリム体の練習がメインですがコツコツとやります。

字間と全体の調子を統一させること、字幅をもっと安定させること、懐の広い字を書くこと、宮体正字と異なるルールをまとめること等が目標です!


d0090959_1234581.jpg

by narinya | 2012-02-09 16:24 | 書道 calligraphy | Comments(4)
Commented by たま at 2012-02-10 08:53 x
博物館で見かける古い手紙がこの字体なのかな?なんだか見覚えがあります。
男性でも母親あてにはハングルで手紙を書いていて、ほ~っと思ったものです。

縦書きのハングルで誰かに手紙でも出したいな。と思いました。
春ですね~。(まだ寒いけど)
Commented by テラ at 2012-02-10 09:41 x
昨日韓国史劇を見ていて、こういう流れる感じの檄書が出てきて、あっいいなぁと思ったところです。
カチカチとした書体も好きですけど、そう!リズムが感じられる書体、これもいいですね。

書道をしたことがなくてよくわからないのですが、書体と内容というのは、メロディと歌詞のようなもののような気がしてきました。内容はわからなくてもメロディで感動するのと同じように、字の形だけでいいな~と思うのって、ありですよね。

もう少し肩の力を抜いたらって言われているような気がしました^^
Commented by narinya at 2012-02-12 02:27
★たまさま  これは、楷書のような正字が少しつながって書かれただけなんですけど、もっと流れがある書体もあって、手紙ならそっちかも・・・。
女手と言われた仮名文字も結局は男性も書くようになったわけだし^^
あ、じゃぁ私に手紙ください♪ふふふ~。
春ですよね~♪
Commented by narinya at 2012-02-12 02:35
★テラさま  たまさんもテラさんも、なんかタイミングがばっちり合いましたね~。
カチッとしていてもそれなりのリズムはあるけど、こう行書などになってきたら絶対に途中で休めませんものね。
流れるようなリズムが生まれて当然といえばそうですよね。
自分が筆で書くからということもあるんですけど、いきいきした字や流れがきれいな字は自分も追体験ができるのが気持ちいいです。

そうそう^^ メロディーやリズムで楽しむことが出来るのが筆文字の魅力ですよね!
だから、ハングルは読めないから、漢文は読めないから、草書はわからないから・・・
なんてつまらないこと言わずに心で見て欲しいな~。
でも文字だからね、いつまでもそれでいいわけではないけど・・・。
勉強してください、と言いたい時もアルヨ。
力抜いて~、でもガチでいきましょう~。
<< 難しいということがわかりました... いつでも創意を >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ