ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

ドーサ引き

工筆画では、滲み止め加工がされている紙を使います。染み込んでいきませんから、絵の具の粒子は膠によって紙の表面に付着しているということです。

水も多く使ってぼかしながら重ね塗りをする技法なので、色は描いたそばから定着せず、でも乾けばよく定着するのがいいのです。紙の質にもよりますが、絵の具との相性もあるようです。

今回、写真の絵で塗ったピンク色が今ひとつ…。色落ちしたのです(>。<) 乾かし足りないのかと思いましたがそうでもなく。。。仕方なく、急遽、上からドーサ液を薄く塗りました。絵の具も紙も、先生から購入したものではなかったので色々とハプニングもありますね。

でも、いつまでも先生から道具を買っているのでは何の発見も工夫もないですから、事件が起きてもこういうことはいいことなのです。自分で手に入れられる画材でやっていくのがいいと思うからです。

d0090959_422491.jpg


吉祥のドーサ液を二倍に薄めたものでひとまず解決。やれやれでしたが、わかったこともあったのでよかったです。今後、にじみの強い画仙紙などにもよく試してみて、新しい表現もしていけたらと思います。

毎日せっせと塗ってま~す。合間に遊んでもいます。また猫カフェ行っちゃった。ふふふ。

(ドーサ液 → 膠液に明礬をいれたもので、滲み止めになります^^ )


2012年4月5日~10日 工筆画を中心にした展示会を予定(長崎市内)
また改めて告知します

by narinya | 2012-03-20 20:42 | 画 picture | Comments(0)
<< フルリム体練習 キク >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ