ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

大きな牡丹の刺繍!

旅先でのモールの中、とあるテナントのシャッターが本物の刺繍でできてました(写真はシャッターの一部分)。

d0090959_23422650.jpg
地は布のようなもので黒。そこに糸で牡丹の刺繍が施されていました。もう少しよく見たかったにゃ~。また今度^o^
※ この写真、下に反射しているのは私の写真加工によるものです。


d0090959_23334627.jpg
で!牡丹と言えば!いま注文を受けているモチーフがまさに牡丹なのです。旅先のお店で牡丹の描き方が充実の本を発見。薔薇の描き方も同時に載っています。

描き方は、没骨法から線描、工筆画法まで小さな本ながら盛りだくさんです。外国は本が安いのでお買い得です。

本の中に青い牡丹が一つ。青の牡丹といえば~、夏に開催した「猫ざんまい展」に出した猫の絵のバックに私も描きました!


d0090959_23335024.jpg
私は長崎で習った長崎南画の技法です。長崎南画って、個人的なイメージですけど結構デフォルメがある印象。

色は中心は鮮やかな青で、外側と薄くなるに連れてグリーンになるようにしてみました。猫ちゃんのバックにちりばめたので大人しい感じです。


d0090959_23335169.jpg
買ってきた本の水墨画は、花びらも繊細なタッチで油絵?と一瞬思ったり…。でも素敵よね。こんな描き方も良いねぇ(^^)

私は使わなかったけど、白色も使って描いてるのね。絵の勉強ももっとちゃんとしたいな~。中国に書とか絵とか習いに行ってみたい。


私が描いた長崎南画の牡丹。以前を振り返ってみましょう!先生の指導のもと描いたものも、やはり意匠が強めです。本の青い牡丹よりも、シャッターの刺繍のデザインに近いですよね~。

過去の作品写真はMoreからどうぞ~❤



d0090959_23503654.jpg
2006年作

d0090959_23503786.jpg
2006年作

いろんな描き方をマスターしないとね!がんばろーp(^_^)q
by narinya | 2012-11-15 23:56 | 画 painting | Comments(0)
<< チョークアートの練習 ちょっと見聞を広めて参りました >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ