ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

板本体の練習

d0090959_18323812.jpg

久しぶりに板本体の練習を載せてみます。
普段は淡々と練習をして添削を受けてます。
下が揃わなかったのが反省点です^^;
次の課題では注意しましょ o(^▽^)o



by narinya | 2015-03-12 16:47 | 書道 calligraphy | Comments(4)
Commented by ハーちゃん at 2015-03-13 04:20 x
文章は、お師匠様が選ばれたものですね?

この字体、棒がゆらゆらしてるんですねぇ。微妙な線は難しそうだわ(≧∇≦)。
Commented by narinya at 2015-03-13 08:11
★ハーちゃんさま お習字練習記事にコメントありがとうございます(^-^)
線がゆらゆらして見えますでしょ?
でも実際は線を揺らしているのではないのですヨ^^
一画に1〜2箇所ほど「折」というものがありまして、筆力ある画を引くためでもあるのと同時にこの書体が持つ一定リズムというか…。
普通に漢字の楷書を書くときを考えてもらうとイメージできるかと思います。
起筆でおいた筆を収筆までビュッと一気に引かないですよね。
よく、トンツートンのリズムで…なんて言ったりしますが、細かく見たら一本の線の各箇所はもっと表情豊かでそれがそれぞれ滑らかに繋がっています。
音階やダンスに似ています。
なので線にも強弱やメリハリがあるのですね( ^ω^ )
この揺れに見える筆法もそのようなものだと思って良さそうですよ〜。
なんて言葉で私は教えてもらわなかったですが、そのように理解しました(≧∇≦)
リズムが正しく身につけば(膨大な練習の後にしか身につかないですけど^^;)、特に難しいことではないです。
難しいのは…その後で、一枚をどのように書き上げるかですね〜。
それぞれ前後の字との関係と左右の字との関係を見ながらバランスをとりながらも、一枚の中にテーマを持たせるのが難しいです。

お手本のあるものは先生が詩を選んでくださいます。
私は教訓じみているものは好きな方ではないのですが、とにかく字の練習をする為には何か文がなければならないので、とりあえず言われたものは何でも書きます。
あ、長くなっちゃったわ〜。
Commented by ハーちゃん at 2015-03-14 06:43 x
なるほど。そう言う目でもう一度見てみました。何となくですが、わかったような(*^_^*)。

そうでしょうね。1枚の作品に仕上げるの、考えただけで肩が凝りそうです! ナリさんは、並々ならぬ集中力がおありなのだと、思います(⌒▽⌒)。

徹夜しておりまっす!
Commented by narinya at 2015-03-15 10:07
★ハーちゃんさま しつこく解説して余計わかりづらいですよね^^;
なんというか、それぞれの国の字によって、書体や時代によっても書かれ方の特徴が異なりますよね。
私たちの目って見慣れてるものと知っているもの以外には違和感を感じるようにできてるんだなぁと、私がハングルを書いていても感じます。
でも反対にその国の人にはない疑問難問珍問も出てきますよね。
それは面白いし、その感覚をネイティブさんに伝えて一緒にお話したりすることが文化交流ですよね〜。
それぞれのものをして同じ会場に飾って交流展とかはもう消極的なように思ったりします。
一歩先にいける時代なのにね…。
と話がわたしの好きな方向へずれました(≧∇≦)
練習は手習いなのでウォーミングアップと基礎体力作りと思ってます。
これにあまり集中してはいけないと思っているのですが、なかなか>_<
疲れちゃってダメですね〜。
最近、この夜型が早寝早起きを実践しておりますっ!
一日が長いです(≧∇≦)
<< 日本民藝館の講演会 リスとソラマメ >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ