ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

ボードに水張りしてから

何度かに分けて韓国で買って担いで来た韓紙たち。通信講座の方々にキットを作るときに活用したりしています。ハングルが印刷されているものもあるし、漢字が印刷されているもの、無地の味のあるものもあれば何か漉き込んであるものも…。

日本の和紙と変わるかと言われたらハングルが印刷されているもの以外はそれほど変わらないかなと思います。韓紙工芸に使う紋様を切り出す無地のものは韓国のものが使いやすいと聞きましたが、和紙が代用できないほどではないと思うし。

d0090959_14144753.jpg

さて、今回しばらくペースを逸してしまっていた生徒さんのモチベーションをアップして差し上げたくて韓紙を使った小作品を制作しました。大きさはB5くらいです。

以前、新しい書体を始めることを提案した時にあまり乗り気ではなかったご様子。その後、ご家族のことや体調のことなどおありだったのでしょう。連絡も途絶えがちに…。遠隔で書道をするのは大変な事です。生徒さんのやる気は必須ではありますが、私が働きかけられる事は全てして差し上げないとね!ということで、新しい書体を習って身につくと後にこんな作品に活用することも可能なのですよ(^-^)ということを見せたくて作った作品でした。

デザインは丸っきり以前のこのサンプルと同じ〜。この配色は落ち着きます。地の色が異なるので白の韓紙と交換して…^^ 仮名の半紙を使ったので下が透けて見えます。仮名の半紙はとっても薄いけどなかなか丈夫なのでこんな加工にも強いのです。


d0090959_14145924.jpg

もう一点も生徒さんにプレゼント〜。添削してあげられていない方々に手本をどんどん送りつけてもねぇ。それが貰っているお月謝に対する私のお仕事かな?と考えたら流れ作業的にはやっぱりできません〜。

平たくすれば、この方に対する私の仕事量は少ない訳ですから、たまたまこんな月があってもトントンなのだと思っています。これがね、他の人に言うとバカじゃないの?と言われちゃうんだけど^^; でもそんなビジネスライクにするならやめた方がマシです〜。

このデザインも、もう一つのと色違いでほぼ同じです。ハングルが印刷されている紙の分量が違うくらいかな。これも渋くていいよねえ。引首印は台紙部分と本紙にまたがるように。割印みたいになっちゃったかな?でもこの2点はなかなか上出来。自画自賛です。ふふふ

d0090959_21501688.jpg

ピシッと紙を貼るためには、まず土台(今回はとある薄いボードを使いました)に貼る紙で「水張り」という作業をすることです。濡らした紙が湿っているうちに何かに張り付けることで、それが乾燥するときに外側に向かって伸びる原理を利用するのです。そうして一度ピンっと伸びた紙は、そこからはがさない限りその後いくら濡らしても波打つことはないのです。20数年前に予備校で習いました。

手間なような感じがしますが、後の仕上がりの美しさを考えたら大したことはありません。張り付ける時には水張りテープを使いましょう。やっぱり一番簡単だし剥がれません。皆さんも何か制作される時には是非、水張りしてみてね〜。



d0090959_14323616.jpg


2点とも無事にお手元に届きました。お一方はとても喜んでくださって心機一転お習字やりたい!と言ってくれました。継続が大切だけど色んな時期も波もありますよね。そんな時こそ私の出番じゃない。調子いい時は先生の成果ではなくて生徒さんの力です。困ったり悩んだらお話してください。私も至らないしちょっとルーズなところもあるし、もうお互い様と思っていただいて協力してレッスンしていけたらと思います。

春ですからまた仕切り直して楽しくやりましょう。


by narinya | 2015-05-01 00:07 | レッスンのようす | Comments(0)
<< 日朝友好展に出品してます お友達に〜 (2.5×2.5㎝... >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ