ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

黄金テンペラ 基礎コースの4回目

先生のアトリエに伺っての基礎コースも4回目です。この日は、一回目の金箔貼りをして、アトリエで乾燥させておいたものを磨くところからスタートしました。


d0090959_12162407.jpeg
またまた先生の瑪瑙棒をお借りして、前回、砥の粉を塗った面を磨いたときの要領で磨いていきます。瑪瑙棒で磨くことも少し上手になりました。



d0090959_12201294.jpeg
金属のようにピカピカです。鏡面するっていうらしいです。この段階でのピカピカ加減も、砥の粉だけの面を念入りに磨いていないと出ないみたいです。その段階、段階での作業に手を抜かないことが、仕上がりを左右するんですね〜。



d0090959_12220422.jpeg
二回目の金箔貼り!束から一枚だけ取り出す→皮の台に乗せる→平にする→カットする→箔を貼る。この手順は、前回と同じですから一人でできるよう頑張りました。

私は基本的に欲が多いしケチです。何度も同じ質問をすることは、チャンスとお金と時間を捨てていることだと考えてます。自分のレベルを上げていけば、先生という人たちは、さらにその先のものを見せてくださいます。それを逃す手はない!ということですね〜。

同じ質問、同じ失敗を繰り返さないことが、さらなる新しいものをインプットする時の条件ではないかしら〜。そのためには、やっぱり復習♡ 家で同じ作業を繰り返せたら理想ですが、たとえそれができなくても大丈夫〜。最低、その日のレッスンで起きたことを、頭の中で最初まで巻き戻して再生スイッチオンします。鉄は熱いうちに打てで、翌日になったら忘れちゃうから、復習はその日の内がいいですよね〜。

私は語学の勉強もこの方式です。個人レッスンも、予期せぬ実践で失敗した時にも、家に戻ってそうやって復習していました。それは結局、次回のレッスンや実践の予習に通じるんですよね。今日のことをうやむやにしたまま、明日の予習をしても、迷うばかりで身に付かないのですよね^^;

積み上げるタイプの事柄は、やっぱり復習が鍵を握ると思っています。技法の手順、道具の使い方、歴史認識、文法、単語、発音などなど。

じゃあ、書道や習字をしていて、今日うまく線が引けなかったら先に進めないの?と思われそうですね。そんな風に考えたらノンノン♪ 「復習」イコール「完成させる」ことではないから〜。徐々に完成度を上げていくための基盤作りのようなものだから、ゆっくりと行ったり来たりしながらでいいのでは。Aをしたら即かならずB!みたいなことなんて世の中に少ないよねぇ…ふふふ^^ あったら私が知りたい!

ま、人それぞれに勉強の方式も環境も違うので、何が正しいとかはないですけどね。私は、ちなみにそこを気をつけてしているというだけのことです。時間もお金もないから、もったいないの精神ですね〜。



d0090959_12255753.jpeg
金箔を全面(マスキングテープのところ以外)に貼って二度目の箔貼りが終了。ここからは乾燥させないといけないので、この日の作業はここまで。こんな時間があるということは、今後、2〜3個の作品を時間差で同時にすることがいいと気づきました。先生に話したら、いいですよ〜と。心の広い先生でよかった^^

次回は、5回目と6回目のレッスンを一日で連続で受講予定。果たして終わるのかしら?


by narinya | 2015-12-20 15:54 | テンペラ画 Tempera | Comments(0)
<< ハングルで判子を彫るワークショ... 遠い所の生徒さん達とも仲良し♡ >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ