ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

石膏で下地づくり

黄金背景テンペラ画のレッスン!見よう見まねでできることもあるけれど、これは道具の使い方からして難しい。ということで思い切って習いに行っています。月に一回、先生のアトリエで朝から夕方まで。作家としての活動に関して熱いお喋りしながら過ごすのは、私自身の今後のモチベーションアップと維持にもなる大切な時間です♡

2015年の後半3ヶ月で基礎の講座を受けて2016年春からは正規の受講生として勉強を始めました。今後、一通りの技法を知りたいということと、作品に応用する時に疑問点などを先生に質問したくてお世話になっています。


d0090959_0183599.jpg
何にでも描くことができるらしいのですが、まずは木の板に石膏を流してそこに描く勉強。


d0090959_0193129.jpg
膠液に石膏の粉を入れていきます。それぞれの配合や扱い方を先生が丁寧に指導してくださいます。


d0090959_0332289.jpg
膠いっぱいまで石膏の粉が入ったことろ。上手と褒められ嬉しい^^


d0090959_021463.jpg
泡が立たないように上下を混ぜ混ぜ。なんか美味しそうな質感〜。


d0090959_0302038.jpg
刷毛で塗り塗り。最後はダーっと流して乗せます。これは広い場所が必要だわ〜。私の自宅でできるかなぁ…。早く広いアトリエを持ちたいものです。


d0090959_0305537.jpg
こうして周りに垂れてもいいのです。もちろん綺麗にならしてもいいのですが、これはこれで雰囲気ある仕上がりになります。先生のアトリエには先生の作品がいくつかあるのですが、拝見するとこうして垂れたままの石膏がなんともいい感じになっています。

ここまで終えたら乾燥させないと次の工程には移れません。次はヤスリをかけて平らな面に仕上げていきます。こういう作業だけでも楽しいです。本来、あまりクリエイティブな方ではないので、こういう職人的なお仕事だけでも満足です。

でも、頑張って何か作れる人になりたいな〜。作らずにはいられない!というような爆発的なエネルギーを持っては生まれなかったので、私は淡々としていくスタイルで…。若いころは突き動かされる衝動がある人だけが芸術家になる資格があるのかと思っていたけど、そんな人はほんの一握りなのだとわかりました。

みんな努力して積み重ねてしている人ばかり。私もなにか積み上がっていつか結果が出るといいな。しばらくお勉強がんばります。この技法と字と絵とハンコと色々使って、これまでしてきたことでこれまでなかったことしてみたい♡


by narinya | 2016-09-10 22:36 | テンペラ画 Tempera | Comments(0)
<< 2016年 韓・中 書画 国際... 中国工筆画のマンツーマンレッスン >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ