ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

画仙紙にピンクの薔薇

レッスンで出した絵の具を捨てるのもったいなくて余った紙に練習。薔薇っぽくなる時とならない時とあって習得はなかなか難しい…。

d0090959_2523498.jpg


イメージを描く水墨画や墨絵と呼ばれるものは、元の形や特徴をよくよく知ってポイントを表現できなければならないのだけど、精密にスケッチができる力とイメージに変換できる力はまた別物ですね。変換する訓練しないとできません。

BができるようになるためにはAができなくてはならないけれど、AができるようになったからといってBが自動的にできるようになることはないという(^◇^;)

コツコツ続けて一つできるようになれば次が自然にできるようになる…みたいによく聞くけどそんなのウソよね(笑)多少の成長はもちろんあるけど期待したほどではないことばっかりじゃないですか?

経験上、絵でも篆刻でも運動も語学にしても、コレできたらアレもできてる!なんて、そんなうまい話には出会ったことありません〜。

d0090959_2525647.jpg


先生に従うことは大事ですが、教わると同時に自分の頭でどれだけ考え復習し次への道を作るろうとするかだなぁと、余った絵の具で花を描いてて改めて思った午後。

学ぶということはとても崇高なものだと思うのです。互いに許しあって高め合うのが先生と生徒の関係ではないかな〜。そんな先生になりたいけど難しい…。

こんなことばっかり言ってるから、お教室しても商売にならないのよね〜、わたし(笑) でも自分が作った空間で自分の意にそぐわない事をすることほど馬鹿馬鹿しいことはないし今さら変われないし。

そんな調子で秋からはスタイルをもとに戻して道場風のお教室していきます。また詳細載せますので皆さま今後ともよろしくお願いいたしますm(._.)m
by narinya | 2016-09-06 14:22 | 画 painting | Comments(4)
Commented by hachan7609 at 2016-09-06 18:53
たぶん、スケッチする力は努力である程度つくかも知れないけれど、イメージ変換は...持って生まれた才能が大きく物を言うような気がしてなりません(^^)。

私、画才ゼロ〜!
Commented by ippoyo at 2016-09-07 10:43 x
お金を払って学ぶ
そしてそのお金を払って良かった~と思えるように今の私はなれないな~と
今ね自分が中途半端なんだよね。。。
10年前くらいの学びたいって気持があったらな~と思いながら日々すごしてます^^;
Commented by narinya at 2016-09-07 20:30
★ハーちゃんさま そうですかね?(^^) 私自身の感覚ではデッサンはある程度生まれ持ったバランス感覚でできるけど、変換はその応用なのでパターン化しての練習がものをいうような気がします。
一概にどちらともいえないとは思いますが…( ^ω^ )
どちらにしてもあくまで訓練の賜物だということはあるかと…。
時折、神がかったように描ける人がいますが、それは本当に天性のものかも。
でもそんな人とは比較しても仕方ないので、やっぱり反復練習かなぁと。
その反復練習をどれだけ自覚的に、なおかつ分析して積み重ねるか。
そこを手伝うために先生がいるのだと思ったりします。
手習いを教えるのはまぁそれも訓練すればできるようになると思うので。
超、訓練主義ですよね、私!笑
私自身が持って生まれたセンスを感じたことがあまりないので…です〜。
Commented by narinya at 2016-09-07 20:40
★ippoyoさま それは末期かも。。。
私、お金はすごくよく心をあらわすと思います。
情熱がある時には、全く惜しくないから始まって、モチベが下がって来てもお金を出してつなぎとめておけるうちは軽症、だけどお金が惜しくなったら…。
もうそれはその時の自分には要らないものですよね。
私はそういう時はアッサリ距離を置きます。
寝かせておくというか…。
挫折とか諦めとかネガティヴな言葉で捉えたところで全く何の意味もないですしね。
人は知らず知らずに日々変わりますよ〜。
10年も経てば人間的にも成長してるし周りの環境も変わっていますよ〜。
それなのに同じものを同じ情熱で思えるなんて、まずそれがありえませんよね〜。

私は書道とか絵は好きなのと、それで人生どうにかしたいと思っているのでそれが色褪せることはないの。
そのためにいつも気持ちアップさせる環境に身を置いてるから(^^)
でもアプローチの仕方はその時期によって違います。
だから10年前にハングル書道に目をつけて韓国語して今に至るけど、それをこの先ずっと続けるのは依存だと思うのでどこかで気持ちの区切りをつけるつもりです。
その時にはお金の区切りもつけることになりますよね。
そういう心理というか流れに関しては先を見越して師匠にはもう話してありますよ。
自分でコントロールして方向を決めていいと思います(^^)
してれば開けるとか…私個人はそういうのないと思っているので。
何の応援にもならない話でした。にゃは。
長くなっちゃった(^◇^;)
<< 中国工筆画のマンツーマンレッスン 韓中国際交流書展に出品します >>


最新のコメント
素晴らしい字! ナ..
by hachan7609 at 13:33
★housuiさま わ..
by narinya at 20:55
お疲れさまでした。前進の..
by housui303 at 14:35
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
管理人からおねがい
フォロー中のブログ