ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

手紙風の作品

d0090959_1239316.jpg
何を書くのか、どんな体裁で見せるのか、そんなことに疑問が出てきた頃の作品です。漢詩も素敵だけど、私は中国語読めないし。掛け軸もかっこいいけど、床の間ないし。(すごく欲しいけど) 巻物も優雅で大好きだけど私が作る物には、ちょっと格式張りすぎてるし。

そんなことを考えていたら、結局は薄い紙で裏打ちしてもらっただけのものを、ダラ~と横に置いてもらって、それを皆さまにお見せすることになりました。銀座鳩居堂で披露するには気楽すぎた感はありましたけどね・・・。

内容は、学生時代に母からもらった手紙です。紙には好きな萩の花を中国工筆画で描きました。自分にだけ大事な言葉を書いて、それを人に見せるのは自己満足すぎるかな?なんて思ったりもしたけれど、創作自体が自分のためだもの。難しく考えないでいいんだと思うようになりました。
by narinya | 2006-09-29 14:23 | 書道 calligraphy | Comments(2)
Commented by win at 2006-09-29 22:43 x
あ~ 大事にされていた お母さまの お手紙ですね。 萩の絵が また素敵です、 お母さまの お手紙を こうやって作品にされて あなたが お母さまを思う気持ちが伝わってくるようです。 実物を 拝見したいです。 
Commented by narinya at 2006-09-30 12:07
winさん、コメントに感謝します。古典的な堅い「作品」とは異なる意味で、どうやって文字を書いて作品にするか・・・難しいです。文字である必要があるのかしら?っていうことまで考え始めると、もう堂々巡りです。

こんな風に、その人にとってだけ大切なものを書いて差し上げるような、そんなことできるようになったら幸せなんですけど。それには人生経験も勉強も、もっともっと必要なようです。あとは楽しく暮らす余裕も大事ですよね~。^^ 
<< 継紙 スケッチ(鉛筆・色鉛筆)  ハギ >>


最新のコメント
素晴らしい字! ナ..
by hachan7609 at 13:33
★housuiさま わ..
by narinya at 20:55
お疲れさまでした。前進の..
by housui303 at 14:35
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
管理人からおねがい
フォロー中のブログ