ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

narinya流 競書誌の活用法 2

d0090959_1532512.jpg条幅をファイルして、通し番号をふったものを原本にして、それのコピーをとります。

で、やることといえば、そのコピーから字を切り出して別紙に貼って左の写真のように 「集字」 帳を作るんです♪ 

つまり、条幅をファイルし通し番号をふったもの(これが原本)→そのコピーをとる→そのコピーから字を切り出す、という形で集字帳を作っていくのです。

切り出した字には、原本の条幅と同じ番号を必ず添えるようにします。そうすれば、集字帳のそれぞれの字に添えた番号と原本の条幅の番号が対応していますので、容易に作品の中にある字を再確認できるわけです。

でも、全ての字を整理して貼っていくのは余りにも大変。ある程度、自分なりの基準を決めてから始めるのがコツです。アタシの独断で決めた基準に沿って、実際に集字したものを、順次お見せするつもり。

頑張って練習してるつもりなのに、なんかスランプ気味だとか、仲間から離れて勉強されている方など、参考になったらいいな、と思います。

しばらくは、単純な作業に没頭する時間が続きますが、所属会のオリジナル集字本を作ってみると、色々な発見があること間違いなし!是非是非オススメの方法ですよ~。^^
by narinya | 2006-10-09 15:03 | 書道 calligraphy | Comments(0)
<< 久しぶりの韓国語授業 篆刻 >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ