ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

narinya流 競書誌の活用法 7 (変化のある字)

d0090959_1927244.jpg活用法6 とは反対の要素を持っているものだと考えてみました。
字が切り出された紙の大きさも違えば、偏と旁の関係、画の角度や長さ、空間、墨量にいたるまで、変化がない字でみた法則が当てはまりません。

実際、ここまでは自己流ではあるけれど、何かしらの傾向や法則のようなものがないか、という視点でみてきたわけです。が、この写真のように、字は解読可能な範囲であれば、どうとでも変化はつくわけですよね。

変化がある字に、あえて傾向などを見出す必要もないかな、とも思います。これまでに分析したものを、その反対の視点からみていけば、傾向は傾向であって、規則ではないことに気付きます。

たとえば、縦に見栄えのする縦画を短く、横に広がる字を狭く、画数に反比例するような大きさに・・・・傾向は変化をつける道具にもなる、ということです。美的にどうか、はまた別の問題として、ですが。

美術部がなかった高校で、放課後、個人的に指導をして下さった美術の先生の言葉を、今でもよく覚えています。 「創造は破壊から生まれるんだよ」 高校一年生の私には、何だか哲学的で、でもかっこよく響いた言葉でした。意味は、わかったような、わからないような、という程度でしたけどね。

その時、先生は、固定観念を放つ力を持ちなさい、とおっしゃっていたのだと思うのです。分析という名の下に、集字をして、固定観念を持ってみてきたわけですが、作った集字帳が本屋で買う集字典と異なる点は、この力を備える手段になるところだと思います。単なる、カンニング帳に終わらない、自分だけの集字帳を皆さんも是非つくってみてください。すこし根気が必要ですが、楽しいですよ。^^
by narinya | 2006-10-14 19:27 | 書道 calligraphy | Comments(2)
Commented by housui303 at 2006-10-15 09:52
はじめまして。私の拙いブログにコメントをありがとうございました。
このブログ素晴らしいです。本格的でマニアックなところが好きです。(笑)
集字は創作には欠かせませんね~私もボチボチ・・やっています。
ところで、以前の記事にあった浮気?のかな競書誌は私もとっていますよ。写真の競書誌同じでした(笑)
篆刻や料紙のことも勉強されているのですね!
とても興味がありますので、いろいろと教えてくださいね^^

Commented by narinya at 2006-10-15 13:57
早速に見に来て下さって、コメントまで(それも集字のところに!)
どうもありがとうございました。他の方々が書に取り組む様子を、会や
場所を越えて、知ることができるのって楽しいものですね。
集字もいろんなやり方があるのでしょうね。字だけでなく、行や墨継ぎで
分析することも大事だと思うのですが、まだそこまではやっていません。

アタシの浮気相手、同じだったのですね。housuiさんが以前書かれた
記事を読んで、仮名を他の本で?もしや・・・同じかも?って思っていた
のです。やっぱり(笑)
これからも時々いらして下さい。お待ちしております!^^
<< 英語の実力、ガタ落ち 誕生日ですな~ >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ