ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

工筆画  キク

d0090959_1419065.jpg
工筆画(こうひつが)という技法で、絹本に顔料で描きました。

先生に教わって、自分一人で木枠に絵絹を貼り、ドーサをひいて、スケッチした菊をモチーフに描いて練習してみました。

絹本には、どのくらい色が乗るのか、とか勉強になりました。

まだ木枠にはまったまま。作品にするにはもうちょっと、ひねりが必要ですね。

裏打ちをしたら、もう少しはっきりと色が出るのでは、と思います。
by narinya | 2006-10-17 23:24 | 画 painting | Comments(7)
Commented by housui303 at 2006-10-18 23:10
工筆画というのをこのブログで初めて知りました。
 淡く繊細で素敵な絵ですね~
日本画のようでもあり・・・陶磁器に描かれた絵のようでもあり・・・
この色合い、好きです。
Commented at 2006-10-18 23:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by narinya at 2006-10-19 09:44
housuiさま、コメントありがとうございます。
工筆画も中国圏ではポピュラーみたいです。日本ではどうしても墨絵の
ようなものを中国画だと思ってしまいがちですけれど。

これは裏打ちもしてない上に、絵の具が絹に乗る量もわからず、
淡くなってしまったのです。淡いのに、これ以上色が乗らなくて、
あえなく終了・・・ になったものです。でも、その淡さのせいか、
陶磁器に描かれたものみたい、だなんて、素敵なお言葉をいただいて
すごく嬉しいです!絹と紙とでは、風合いが全然ちがうんですよ。
それもおもしろいです。
Commented by はっはっなっ♪ at 2006-10-19 12:20 x
すごーい。
本当にすごい美しいです。
きれいって言葉より「う・つ・く・し・い」です!!
なりなりさんは本当に天才ではないでしょうか。
そして、ブログを拝見すると、本当にあの可愛いふわふわしたイメージのなりなりさんからは想像もつかないほどのバイタリティとエネルギーを感じます!すごいっっ。
あっ、年末、プチ勉強に行こうかと考え中。でも、日本での勉強も進んでないというか、要はしてないんだってことかって状態なんですけど。。。
お仕事の都合とカレンダーと有休と残高を照らし合わせてるところです!なりなりさんも行くとしたら、連絡ちょーだいね!
Commented by narinya at 2006-10-19 19:27 x
はっはっなっ♪さま
こうして見てくれてコメントもくれて、うれしいわ~。
それも、韓国ネタでなく、絵の方に!ホントうれしいのにゃ^^
ブログを見ると、エネルギッシュに見えるってこと、私も最近気がつきました。
が、本体は、はっはっなっ♪さんがご存じの方に限りなく近いで~す。
結構だらだら。。。 でも良い機会なのでブログの方に近づけるように
頑張ってみようと思っているこの頃です。
年末、行けるといいねぇ。あ、年末のソウル、耳がちょん切れるかと思うくらい寒いですよ。耳あてはマストアイテム。アタシは、もしかすると個人
レッスンの留学生先生とプサンに遠足いくことになるかも~。
Commented by rumasuke2 at 2006-10-21 00:24
お邪魔します。
すごい! 本当に美しいですね~。
こういう緻密な絵を描けないので尊敬します。

工筆画という技法は初めて知りましたが、自分に合う表現方法が
見つかるというのは何よりのことですよね。
私の場合はそれが消しゴムはんこなのかなあと思う今日この頃ですが。
Commented by narinya at 2006-10-21 10:45 x
rumasuke2さま、こちらまで来てくださるなんて!感激です^^
アタシは、あれもこれも・・・ってどんどんと細かくなってしまって
大らかになれないなぁ、と思っていたところにこの技法に出会いました。
それで、これならアタシにぴったりじゃないの~、とホッとしたんです。

でもやっぱり余分なものは、そぎ落とさないと、作品自体が弱い印象に
なってしまうの。水墨画や篆刻、そして、rumasuke2さんがされている
消しゴムはんこなどは、そういう意味でもすごく勉強になります!
また遊びにうかがいますね^^
<< スケッチ(鉛筆・色鉛筆)  キク 南画のお稽古行って来ました >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ