ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

グラバー園の唐紙

長崎の出島では復元工事をして、その中のオランダ商館という建物を復元するときには、オランダの美術館にある、当時の模型をもとにしたそうです。その模型には、唐紙が実際に貼ってあった上、資料として別に保管もされていたんですって。それをもとにして、京都の「唐長」で版木(ちなみに唐長では板木という)からおこして作ったのだと 「京都、唐紙屋長右衛門の手仕事」 に書いてありました。

その本には、グラバー園にも 「唐長」 の唐紙が使われているのだけど、余り知られていないとも書いてありました。当時、普通に洋館の内装するのに発注されて、近年、古くなった部分を同じ版木で刷って補うという、生活の中にある本来の唐紙の姿です。

出島の方は、皆さま、よくご存じのようですので、今回はアタシnarinyaが勝手に代表して、グラバー園まで行って見てきました。わかりづらかったのですが、ありました♪ありました♪

d0090959_18284470.jpg旧グラバー住宅の天井です。

ひとしきり園内を見て回ったのに、唐紙らしきものが全然見あたらず、ないじゃ~ん!と半ば諦めモードでふと頭上をみるとあったんです。

風邪で鼻水出て上を向いたら、おおっ!と。(笑)


d0090959_18294819.jpgたぶん、照明の周りが当時のもので、その周りを修復したのだと思うのですが、これは未確認です。

でも明らかに異なる人の手だし、時代もちがいますね。全部張り替えなかったことがまたニクイ~!



d0090959_1759026.jpgで、家に戻って 「唐長の『京からかみ』文様」 という本で探したところ、載ってました。文様は松菱(大)という名前でした。絶対にこれですよね。

この文様の唐紙は、旧グラバー住宅以外にも、旧リンガー住宅の天井にも使用されていました。そちらは天井自体のいたみがひどく、唐紙ごと破れていて・・・。ちょっとかわいそう。



d0090959_1913211.jpgその旧リンガー住宅の天井には別の唐紙もありました。これは手持ちの本では確認出来なかったのですが、たぶん「唐長」さんのではないかと。

この雲母(きら)の光り具合の絶妙なこと。ほんとうにステキです♪♪♪
by narinya | 2006-11-16 17:59 | お出かけ・手作業 | Comments(6)
Commented by thousand-spring at 2006-11-16 20:33
日本画にコメントいただいていたのにずっと気づかなくて大変失礼してしまいました。ごめんなさい。長崎南画の「牡丹」すごく素敵です。スケッチも細かくて千波さんもまっつぁおだと思います!本画にされないのですか。ハングルはまったくわかりませんが、韓流ドラマなら一時期ハマりました(笑)。長崎と韓国は目と鼻の先?ですか?なんか色々されていて楽しいブログなのでリンクいただいていきます。どうぞよろしく!
Commented by narinya at 2006-11-16 21:39
>thousand-springさま
コメントとリンク、どうもありがとうございます!
スケッチが、千波さんもまっつぁおだなんて~。そんなわけないじゃないですか。でも嬉し^^
スケッチは本画にしないと意味ないですよね。その方向でやっていきます。
日本画のこと、これから色々と教えてくださいね。
長崎と韓国は飛行機なら近いです。東京へ行くよりも時間かかりません。
夜には韓国のラジオも入ったりして、気持ちの上でも近い感じがします。
これから、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by housui303 at 2006-11-17 16:07
西洋と東洋が合体したような図柄ですね^^
すてきですね~
Commented by narinya at 2006-11-17 22:27
>housuiさま、こんばんは。
刷るときの色でも、また印象がかわりますよね。
私、柄とか装飾とか模様とか・・・・ そういうの好きです。
仮名書も実はそんな感覚でみているので、字を書くことに
あまりこだわりは、なかったりして。。。実は実はハングルもそう。。。
字なんだけど、基本的に絵に見えるの、変でしょうか?変ですねー。
Commented by rumasuke2 at 2006-11-18 15:59
グラバー園唐紙レポありがとうございます!
何度も行ったのにこれは気がつきませんでした。
洋館なだけに、唐紙が使われているとは思いもせず。
しかし意外と洋館にもマッチするんですね~。

出島の中の洋館の壁も、「素敵な壁紙」と思ってみていたけれど
あれも実は唐紙だったのかしら…。
今思えば雲母の七宝柄とかだったような気が。
Commented by narinya at 2006-11-18 21:32
>rumasukeさま
そう、天井では気が付きませんよねー。最後に見た住宅の天井に
発見したので、園内をもう一周して天井チェックしました。そうしたら
違う柄も見つけて、戻ってみてよかった~と。それにしても、どういう
いきさつで京都の唐紙を貼ることになったのでしょうね?

出島の壁紙も機会があるときに潜入ルポしてきますね。
機会がなくても簡単に出かけられるのですが・・・。
またご報告できたらと思います^^ 長崎発見の生活を実践中です。
<< 한국어 수업에 갔다 왔어요   キンモクセイ >>


最新のコメント
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
管理人からおねがい
フォロー中のブログ