ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

「朔方長印」  模刻  모각 2

실제로 모각을 하는 일반적인 방법은 거울에 비춘 인영(印影)을 보면서 돌에 새기는 방법인 것 같아요. 우선 연필로 중심선을 쓴 다음에 붓으로 글씨를 쓰는데 작년에 인사동에서 해 봤을 때는 선으로 글씨를 쓰는 게 아니라 그림을 그리듯 했기 때문에 실패했어요. 아주 작은 억양도 선과 선이 붙어 있는 부분도 빠져 보이는 데에는 다 이유가 있고 왜 그렇게 되었는지 잘 생각하면서 해야 한다고 선생님께서 가르쳐 주셨어요. 그러고 보니 역시 전서체(篆書体)연습이나 전서체에 대한 이해를 한 후에 하지 않으면 모각을 기초로 한 전각을 하는 것은 어려운 것 같아요.

선생님 말씀은 잘 들었는데 실제로 해 보니 “도대체 왜 이렇게 되는 거지???” 하는 게 많아요. 그게 만든 사람이 일부러 그런 건지, 세월이 점점 흐르면서 그렇게 된 건지… 그런 작은 차이조차 안 보이는 데다가 먹물과 주(朱)먹물로 자세한 부분을 수정하면 더욱 그 부분만 보게 되어서 원래 그게 글씨였다는 사실을 잊어버리기 쉬워요. 여기까지 하면 그 다음은 새김. 그래도 어떤 점에 신경을 쓰면서 새겨야 할지? 그것에 대해서도 선생님께 물어 봤다면 좋았을 텐데요~. 아쉬움이 남아요!

d0090959_20525940.jpg
一番上→は鏡に映した時点で少し潰れてしまいました。

鏡に映した印影を見ながら石に書いていくのですが、まずは字の中心線だけ鉛筆であたりをつけてから始めます。その次に筆で字を書いていきます。仁寺洞で最後に宿題としてやった時には、線で字を書くのではなく、絵みたいに描き写してしまって失敗しました。。。すぐにばれました。。。
d0090959_20554265.jpg

ほんの小さな線の抑揚も、線と線がくっついているところも、欠けて見えるところも、全て意味があるのだ、ということを考えながらやらなければいけないと教わりました。そうすると、やっぱり篆書の練習をしてからか、少なくとも理解をしていなければ模刻を基礎とする篆刻をするのは難しいと感じました。

d0090959_20555765.jpg先生の言葉はわかっていても、一体ナンデこうなっちゃったの~???という部分も多いです。作者が意図したものなのか、時間の経過と共に出た風合いなのか・・・。そんな見分けもつかない上に、墨と朱墨を交互に使って細かい部分を修正していると、益々その一点しか見ないようになっちゃって、それこそ字だったことを忘れる始末です。

大学受験の予備校でデッサンを習った時の方法を思い出し、逆字をさらに逆さまにして見ると、今まで見ていたつもりなのに見えてなかった部分が出てくるわ出てくるわ!人間の目なんて信用できませんね。ここまできたら次は彫り彫り♪です。でもどんなことを意識して彫るのかな?そこまで先生に聞いて来ればよかったにゃ~。

※この記事に下さったコメントは、こちらの記事にも関連してます。ややこしくてゴメンナサイ。
by narinya | 2007-01-11 20:52 | 刻 seal carving | Comments(8)
Commented at 2007-01-11 21:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by housui303 at 2007-01-11 21:37
narinya さんは職人肌ですね~^^
篆刻の場合、角があちこち欠けてる部分とか揺れてる部分とかありますが・・・どうなれば良いのか・・・よくわからないです。
Commented by namesigncafe at 2007-01-12 12:35
模刻は難しいですね。どこまでこだわるかによりますけども。
私も何度かやりましたが、印材への布字がどうも苦手で結局マジック転写でやったのでこれは邪道ですね。昔の中国の印人には布字もなしにいきなり彫っていた人もいたそうで、すごいですよね。
消しゴムはんこ、かわいいですね。
Commented by souu at 2007-01-12 16:33 x
これだけの模刻をされるnarinyaさんってスゴイ方だと このblogの初めから拝見し直しました。仁寺洞での「一」や「永」の練習 こんな所から教える先生は滅多にないのではないでしょうか。私も少しは篆刻も月謝を払いましたが・・・
絵も書も印も完全にこなされスゴイ!の一言です。
Commented by narinya at 2007-01-12 22:02
>鍵コメさま  わかりました~^^
Commented by narinya at 2007-01-13 21:40
>housuiさま  職人・・・・ なりたかったなぁ(なぜか過去形)
篆刻の周りのカケや揺れは、私も今ひとつわからないデス。カルチャーの先生に
簡単にいうと何ですか?と聞いてみたこともあるのですが。ようは2色の世界だから
風通しをよくしてバランス云々。。。ということだと(勝手に)理解してみましたー。
Commented by narinya at 2007-01-13 21:45
>namesigncafeさま  こだわりですか。何にこだわればこだわったことに?(笑)
たぶん私のことなので一心不乱にそっくりにしなくちゃっっ!ということばかりに
なると思います。布字なしで彫る中国人。中国ならいるだろうな、という感じですねぇ。消しゴムはんこ、やりません?
Commented by narinya at 2007-01-13 21:50
>souuさま  スゴイだなんて・・・ポリポリ。。。
やればやるほど足りないところばかりに目がいって、なかなか自信がつきません。
仁寺洞では、先生に本当にお世話になったのです。以前の旅行の際に先生の作品を
買う機会があって、それだけの縁にも関わらず図々しくお手紙で押しかけ修行のお願いを
して。何を学んだといえば、先生の芸術家としての真摯な姿勢が一番でした!
<< お茶でもいかが? 細かく >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ