ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

きたーーー^^

d0090959_19484787.jpg南画のカルチャーで学園祭のために描いている半切作品の遊印にしたいと思って、先日の篆刻教室でトライしてみました。まず家で「美意延年」という言葉を選んでいきました。

辞書で調べて、たいした考えもなく4文字をそれっぽく配置してみたわけですが、なんだか「意」の字が縦にばっかり長くなってしまうし、全体としていいんだかなんだか?で、先生に見てもらいました。

d0090959_195135.jpgすると、ヘナチョコだったものが、チョチョチョイっと先生の手にかかってこんなかっこよく!それはもう側で見ているだけで、おお~っ!と感動ものです。

「意」の字はやはり問題だったらしく、心部分を広げて上手いこと直してくださいました。「延」の字には色々な線を織り交ぜて、「年」の字は一画目を思い切り下まで伸ばしたことはちょっとアタシの理解を大きく超えたものに。

d0090959_1951166.jpgで、先生に手直ししてもらった印稿をもとに実際に彫ったものの印影が←これです。4辺ある枠を細いのと太いのにしてみたのに大した成果も効果もなく終わりました。

先生がせっかくステキに手直ししてくださったのに、理解出来ずに彫ったのが原因で全体的にオヨヨヨ~な感じ(ってどんなかっていうと、ピシッとしてない感じ?)になりました。


彫る時に篆書の知識と経験がどう大事なのかが今回やっとわかりました。できあがりのイメージに乏しいから、刀をどう動かすのかわからないみたいです。印稿、布字(逆さ字の書き入れ)、彫りの段階を経ての印影には確かな理解がないと、最終的にぼやけてしまうのだと思います。

カルチャーの先生は、篆刻以外にも篆書に限ってなら教えてくださるということなので次回からは篆書の臨書も一緒にみてもらおうと思います。もちろんこんなコトは、これまでも頭ではわかったいたことなんですが、やっていくうちに「あ!これをやらなきゃダメなんだ!」と心から感じる瞬間があります。先日の篆刻教室では久しぶりにこの感覚がありました。ちょっとずつ成長していると感じる瞬間でもあります^^ 

あ、ちなみに上のは、もう一回彫る予定でーす。
by narinya | 2007-02-04 19:48 | 刻 seal carving | Comments(8)
Commented by namesigncafe at 2007-02-05 11:08
意の字は画数が多いので厄介ですね。
それに篆書をアレンジするのもなかなか難しい事です。
おっしゃってるような、やってみて気付く事ってホント多いですよね。
頭でわかっていたつもりでもやってみると「ああこういう事か」って感覚、
すごくわかります。何事も経験ですね。
Commented by housui303 at 2007-02-05 12:55
ホント!何でもやってみて・・経験的に習得することって多いですね^^
ところで、どの篆刻も周りの淵を所々欠けているのですが・・・欠いてる場所には何かきまりがあるのですか?中の字とのバランスですか?その人のセンスで決めるのですか?
Commented by narinya at 2007-02-06 18:38
> namesigncafeさま  画数が多くても少なくてもできるようになりたいです。
やっていかないと必要性を感じる段階にも到達しないということですよね・・・。
わかっちゃいるけどやってない時は、まだなにをわかってないかもわかっていないという
恐ろしい時期です。今回一歩前に進むきっかけになったのでホッとしてます。
namesigncafeさんのレベルまで早くいきたいなぁ。スランプになってみたい!なんて(笑)
Commented by narinya at 2007-02-06 18:46
>housuiさま  周りを欠くのに「決まり」はないと思います。いくつかパターンがあって
名前もついているみたいですけど。枠も字と同様に扱ってバランスをとるのだと思います。
特に朱文は枠があるものなので、そこで余白という概念が生まれますよね。
そうなると書で字を書くのと同じで、字を書くと同時に白い部分も形作られて、その関係性が
問われてくる・・・なんていう感じでしょうか?でも私もよくわからないんです~。(>_<)
Commented by shiho at 2007-02-07 00:17 x
今日、春に入社する会社の社長にハガキを送ったのですが、そこにnarinya さんから頂いたハンコをプチョッと押しました(笑)
姉から、「そんなんしていいの?」と言われて、「あ・・・(普通あかんよな・・)」と思いつつ、超楽観的な私は「いいねん、いいねん♪社長こんなん好きやねん(←ホンマか!)」と適当なことを言って送っちゃいました♪
でも社長もゼッタイに気に入ってくれるハズ!!
これからも誰が何と言おうとハンコを押し続ける所存でございます(笑)
Commented by narinya at 2007-02-07 12:00
>shihoさま  えー? 私のデビュー作が社長のお目に触れるだなんて。
お姉様とは違う意味で「いいのかしら?」なんですけど。でも社長こんなん
好きやねん!と言うshihoさんだから採用されたんですね、きっと!
これからも恥ずかしくない作品を作らねば~。
最近、あたくし싸이월드にもはまってます。でもお友達4人だけ。。。^^
Commented by 송영화 at 2007-02-17 19:42 x
これ!まじすごいですね!!!
Commented by narinya at 2007-02-19 01:06
>송영화さま  ようこそいらっしゃいました~^^
消しゴムはんこばっかりやって遊んでます。韓国語も頑張らないと~!
<< お写経 うそっこ唐紙ノート >>


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ