ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

書けるから彫れる?彫れるから書ける?

d0090959_14465365.jpgカルチャーの篆刻の先生が、篆書に限ってなら指導して下さるということだったので、数枚書いて行ってみました。教材は先生から指示のあった 「石鼓文」(呉昌碩臨)です。→

安直なアタシは、やっぱり 「書けなきゃ彫れないんじゃない~?」= 「書ければ彫れるってことでしょ~?」 という感覚でいたわけです。実際、書道をやっていると、篆刻は書の一分野で、書けない字は彫れるわけがないという、まず書ありきの言葉をよく耳にします。

がっ!カルチャーの先生や仁寺洞の先生のように、篆刻を主とされている方々は、また違う見方をお持ちです。このことで、昨年の仁寺洞では危うく先生の機嫌を損ねそうになるという場面もあり。

仁寺洞の先生は、まず、篆刻は書の一分野ではなく、彫るという行為が先にあって、のちに紙ができて書くようになり、書いたものに印をつくようになったという経緯を疎かにしてはならない、と強く仰ってました。そうでなければ、それは工芸的な要素を持つ篆刻を軽んじる見方に通ずると。書をやる人こそ篆刻の勉強が必要であるのだと。私、先生にこんなことを言わせてしまって恥ずかしかったです。


d0090959_15351985.jpgそして、前回の篆刻カルチャーで、先生は私が書いて行った篆書を見てさえ下さらなかったのです。そして彫るとはどういうことか、というお話しを丁寧にして下さいました。

今の私には先生のおっしゃることをきちんと理解出来たかどうかは怪しいのですが、前述の安直な考えでは通用しないということはわかりました。先生はそこを感じとられたのでしょう。だから書いて行った篆書は見る必要もないと判断されたのだと思います。

↑写真は、篆刻とは石の中に字を彫ることで、表面をよく見せようとチマチマ彫るものではないのだと一の字と心の字を例に見せて下さいました。赤い点のはチマチマ運刀の例です。今の私です。

そうして彫っていくと、書道をしたことはなかった人も書けるようになるものらしいです。なんか、わかる気がします。こういう話を聞くと、書けなきゃ彫れないとか、書の一分野とか、そんなことじゃない世界なのかなぁと思えてきます。もっと精神的なレベルというか。よそ行きの顔が得意なアタシには必要な勉強です。もちろん書く練習も大事なのでやりますけどね^^
by narinya | 2007-03-14 15:56 | 刻 seal carving | Comments(6)
Commented by souu at 2007-03-15 06:33 x
卵が先か鶏が先か!
う~ん 夫々の言い分はあるでしょうし・・・
両方勉強するに越したことはない?
確かに紙がない時代から 字はあったのですものね。
Commented by t-ebizou at 2007-03-15 19:17
ふわわわ~!!!そんなこと、考えたこともなかったですよ・・・
何も考えずに石彫って字書いてる自分が恥ずかしいやら情けないやら。
文字って奥が深すぎですね。narinyaさんのとこにくるとほんとに勉強になりますよ。これからは私ももっと真摯に文字に取り組んでいきたいと思います!
Commented by narinya at 2007-03-15 21:05
>souuさま  そうです。それぞれの言い分が・・・。順番云々はさておいても
どちらも同じことを言っているのですけどね。道具が違うだけで気持ちは一緒ですよね!
Commented by narinya at 2007-03-15 21:08
>えびぞうさま  いえいえ。私こそ恥ずかしいことの連続なんですよぉ!
いろいろ気になっちゃって、話聞いてこわくて立ち止まっちゃうことが多いの、私。。。
でもいつかいつか羽ばたきたいなぁ(←ナニモノ?)文字ってウソがつけないから
やっかいでもあり楽しくもありですね~^^
Commented by namesigncafe at 2007-03-16 10:48
呉昌碩の臨、さすがお上手ですね。私も呉昌碩の篆書を習っているので
難しさはよくわかります。起筆の逆入と終筆が難しいですね。
私は篆刻にはやはり篆書が書けたほうがいいと思います。
文字の骨格や線の力の溜めて流す感じですとか、わかってきますし、
それに、篆書を書くのって結構好きなんです。書き順が無くて自由、
というのもいいし、文字として形の面白さに惹かれますね。
Commented by narinya at 2007-03-16 17:36
>namesigncafeさま  お上手に書くところ止まりなのが問題なのです、実は。
もっと分析して、本質的なものを追求するつもりで臨書しないと意味がないのに
なかなか難しいです。namesigncafeさんがおっしゃる点に気を配りながら
やってみようと思います。確かに両方の勉強を同時にするのがいいですよね。
書道をやっていることが良く影響するようになるといいなと思います。
これからも色々教えて下さい!
<< イニシャルはんこ キムチ冷蔵庫なり >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ