ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

d0090959_12324669.jpg毎週の南画教室。手本を写すだけでサクサクと済ませようと思っていても、毎回そういう姿勢で教室に行くと少しひんしゅく?な雰囲気もありまして。

手本を応用しながら、自分で描いてみて添削してもらって仕上げる勉強をしましょう、という先生の無言の笑顔が~。

ということで、たまには自分で考えて描いてみました。少しでも楽しく描けるモチーフにしようと思って、爽やかに 「鯉」 で。

ところが、いざやると欲が出てくるのですよね。(それが勉強なんだケド)ここ数日、妙に入れ込んで鯉描いちゃって^^; だってカワイイんですものー。

まだ半切の下2分の1までしか描けてません。このあと、上半分には風に揺れる柳を描く予定です♪
by narinya | 2007-04-25 12:51 | 画 picture | Comments(4)
Commented by fuyu at 2007-04-25 17:18 x
鯉、カワイイですね!あとの半分が楽しみです♪
Commented by thousand-spring at 2007-04-25 20:33
鯉に柳・・倉敷か柳川か、想像します。柳川は行ったことがありませんが風情があっていいですね。たのしみー。↓の「紙が風邪をひく」・・半紙は古くなるほどいいとききましたが、保管方法もちゃんとしないといけないのですね。
Commented by narinya at 2007-04-26 20:18
>fuyuさま  柳うまく描けるといいなぁ。先日、まじまじと柳を見てみました。
Commented by narinya at 2007-04-26 20:21
> thousand-springさま  私も柳川行ったことないけど、イメージは柳川です。
小さい木の橋から足下を除くと鯉が集まってきて、上からは柳が垂れて・・・
みたいな! ↓紙やら筆やら墨やら、単なる道具では済ませちゃいけないかな、と^^
<< 継ぎ紙(扇面) 紙がかぜをひく >>


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ