ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カンコクゴ

毎週通うレッスンがなくなった途端、韓国語の勉強をサボっちゃって・・・。だめですねぇ~。行こうと思っていた講座も、今期は開講するかどうかわからないなんていうしサ。なので、今月いっぱいくらいは、今まで勉強したものを整理するのにあてようと思います。 復習しながら、韓国語の特徴に改めて感心したり、なんじゃソリャ?と突っ込んだりしてます~。
d0090959_2329098.gif
韓国語と日本語はすご~く似てます。だから覚えやすいし、習ったそばから使えて楽しいし。で、どんどんハマってしまったアタクシ。でも、学習が進むに連れて、最近は違いばっかりが目につくようになってきました。今、けっこうキツイ時期かも。

日本語は名詞を使う表現が多いのに対して、韓国語は動詞(形容詞も)を使うことが多い!
 (日)仲よし→(韓)仲がよい
 (日)立ち食い→(韓)立って食べる
 (日)浜の町のスタバ→(韓)浜の町にあるスタバ (※浜の町は長崎の繁華街です)

それから日本語には受け身が多くあるのに対して、基本的に受け身って余りない韓国語。
 (日)泥棒に入られた→(韓)泥棒が入った 
 (日)○○に韓国語を教えてもらう→(韓)○○が韓国語を教えてくれる 
 (日)冷蔵庫のプリンを○○に食べられた→(韓)冷蔵庫に入れておいたプリンを○○が食べた

いくら日本語と韓国語が似ているからと言っても、頭の中の日本語をそっくりそのまま韓国語に直訳するとオカシナカンコクゴになってしまうので注意が必要です。
d0090959_2330096.gif
日本語は自分が主語になるケースが多いので、主語を省略することが多いのかな。韓国語で作文するときに主語がないと動詞につながらなくて、そんで目的語もなかったりして、留学生先生には「え?誰がですか?何をですか?」って何度も言われました。まずは日本語力か?トホホ。。。


by narinya | 2007-05-07 23:34 | 韓国関連 Korea | Comments(0)
<< 蝶々も飛んでます やっぱり笑っているかな? >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ