ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

表具オンパレード

d0090959_20542081.jpg南画カルチャーの発表会で写した表具を並べてみました。

表具屋さんも相当数を抱えているようなので、こちらから注文をつけない限り、比較的単純な仕上げにしていると思います。

京都や東京などで見る、こだわりの表具というわけではないようですが、勉強するにはなんでも見てみようということで写真におさめたわけです。

書道と違う点として、南画では、カラーの場合が多々あるので、表具の布との相性は大きな問題のようです。

絵が沈んでしまわないように、色のついた部分がより映えるように・・・などの気配りが必要なのだそうな。

字を書くことだけでなく、料紙や表装などに興味があるので、街中で文様のようなものを見ると「ほほぅ~」とか思ってしまう^^

描き表具なんていうものがあるのですが、そういう路線でやりたいんですよねぇ♪ 精進精進~!!!
by narinya | 2007-06-20 21:14 | 画 picture | Comments(6)
Commented by housui303 at 2007-06-20 23:26
ははは、生地見本みたいですね~私もとっても興味があります^^
作品って字や絵の良さだけでなく・・・最終的には表装の力は大きいと思います。お任せのことが多いですが・・・こだわってみたい部分ですよね^^
Commented by souu at 2007-06-21 17:39 x
表具によって大切な作品が生きるか死ぬか!
絶対大切ですね。弟子たちはよく「お任せした方が 良いのが出来る」といいますが 自分でも勉強しないとね。表具展にも足を運ばないと。ドンドン進化してますね。
Commented by kawasemi247 at 2007-06-22 14:53
描き表具ですか、narinyaさんだったら
消しゴムはんこ表具が良かったりして~!
左の一番上 いろは印に使いたいです
でも表具仕立てにするとどーなんでしょうね、いろは印
Commented by narinya at 2007-06-23 16:49
>housuiさま  ええ^^ きちんと並べてみました。
表具屋さんはプロですから任せてしまえば安心は安心ですね。
でも最終的に自分の作品として見せた場合に、表装に無頓着では
どうなのかな?って思うので、表装してもらう時、私は的はずれでも自分の
考えは伝えるようにしてます。そんな会話から学ぶことが多いんですよね~。

Commented by narinya at 2007-06-23 16:54
>souuさま  お任せの方が良いのができるのは当然といえば当然ですよね。
でも、何だか分業で仕上げた感じがして、自分の作品という感じが薄れるような。。。
いろいろ聞いたり、ヘンテコな注文つけてみたりしても、表具屋さんって
案外嬉しそう(に見える)。表具屋さんとのコラボという考え方がいいような気がします。
Commented by narinya at 2007-06-23 17:00
>kawasemiさま  きゃー、消しゴムはんこ表具ー!スルドイ~。
消しゴムはんこの可能性はあなどれないですよ。パターンといっても
伝統的な日本画の世界だって通用する手法だと思うし。
いまあたため中です。っつうか構想ばかりですね、アタシ・・・。
<< 買っちゃった(*^_^*) カタログ! >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ