ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

画讃

またまた崖に咲く惠蘭を、お手本見ながら描きました。お花の部分だけグリーンに色付けして、手本の画讃は行書だったので、草書にして書いてみました。何年か前に、花だけグリーンの作品を仁寺洞で見たことがあって、それの真似っこです。

d0090959_2063272.jpg「清風揺翠環涼露滴蒼玉」

辞書の字をそのまま並べただけだから、なにも威張って披露するほどでもないけど、草書なんて久しぶりに書いたからね、ちょっと載せてみました^^

今、習っている南画の先生が書かれる字は骨のある感じで好き。時々、南画の展覧会を見ても、先生級の人なのに、えぇ~?というような字で画讃書いてあるのが気になります。

南画で大事なのは「品格」があることだから、字形云々じゃないのかもしれないけど・・・。でも、作品の品にも関わるような。。。という作品もあったりするのが残念。

自分の作品が、アタシみたいな人間にケチつけられないためにも両立したいものです。と言いつつ、そういう次元で考えるのも卒業したい・・・。フクザツ(-_-;)
by narinya | 2007-07-08 20:29 | 画 picture | Comments(2)
Commented by noelu-2008 at 2007-07-09 21:05
作品を拝見して本当に一筆入魂の世界です。見事です。花の部分だけを緑で描きそれ以外の部分を墨で描いてられるのですね。墨の濃淡だけでも難しいのに花と息を合わせるのは大変な画力だと思います。

それだけではなく、流麗な書を堪能させていただきました。ところで、「清風揺翠環涼露滴蒼玉」という文です。何となく字から涼やかな気品を感じるのですが原点の意味を教えていただけるとありがたいです。
Commented by narinya at 2007-07-10 13:15
>noeluさま  ありがとうございます。墨だけでも花の色を彷彿とさせることができるのだと思いますが、やっぱり今はまだ華やかな感じも捨てがたいのです^^

流麗な・・・と言われると書道の先生たちに笑われそうですが。。。でもアリガトゴザイマス。画讃の意味は、noeluさんが何となくと仰る解釈と変わらない感じでしか把握してません(恥)私の本(漢詩がたくさん載ってる)には出てないので正確にはチョット・・・。

でも漢字の意味から考えて
「清風が翠を揺るがしてめぐり 涼しげ?な露は蒼い玉となってしたたる」という感じに思っているのですが、的はずれかなぁ・・・。先生に来週ちゃんときいてみます~。
<< 軸をしまうとき 난 미씨인가?  私はミッシか? >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ