ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

ニガウリにぶ~ん

d0090959_18324771.jpg
工筆画の先生のお教室で描きました。写真の下の方が切れてしまって失敗だったかな・・・。

蜂がぶ~んって羽を忙しく動かしているのを、薄墨で表現しているのに、うまく写真に出ませんでした。ニガウリがちょっとオレンジになっているのは、熟してきている表現ですって~。
by narinya | 2007-07-26 18:43 | 画 picture | Comments(6)
Commented by thousand-spring at 2007-07-30 08:09
はちがぶ~ん、わかりますよ!ところで、余談ですが、前にベランダで苦瓜を植えてすごくちっちゃいのが出来ました。で、そろそろだから明日収穫しようっと次の朝起きてみたら一晩でまっ黄色に変化していてすごくショックでした。
Commented by narinya at 2007-07-30 19:27
❤thousand-springさま  ぶ~ん、わかります?よかった~^^
実際だって見えないからいいのか?って言いわけですけど。。。
熟してオレンジなんて見たことないぞーって思いながら描いていたんですけど
なんと、一晩で黄色に?そうなっちゃったらニガウリって食べられないのでしょうか?
苦みがなくなって食べやすくなるとか。果物と違うか・・・(笑)
Commented by thousand-spring at 2007-08-01 21:26
うーん、なんか食べる気がしなくて捨てました。捨てる前に割ってみたらなんと種は真っ赤でしたよ!
Commented by narinya at 2007-08-02 20:04
❤thousand-springさま  な、なんと種は赤ですか?
ゴーヤーってフシギちゃんかも~。捨てるのに一応割ってみる(笑)
私もタダでは捨てません^^ 
Commented by housui at 2007-08-02 20:31 x
工筆画って輪郭を描いて塗り絵のように塗り重ねていく繊細ものと俳画のように表現するものとあるのですね。蜂がぶーんっお茶目ですね!^^
Commented by narinya at 2007-08-04 19:20
❤housuiさま  あっ!紛らわしい言い方をしてしまいました。ゴメンナサイ。
工筆画は輪郭を描いて緻密に塗り重ねていく技法でhousuiさんの仰る通りです。
俳画のようなこのニガウリは、そのまま水墨画系で工筆ではないのです~。
工筆画の先生が両方を教えて下さっていたので、ついつい簡単な言い方をしてました。
でも考え方としては工筆の次の段階として水墨(南画など)があるそうです。
<< 詩 なつかすぃーい! >>


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ