ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

篆刻って英語でいうと・・・?

英語のカテゴリ。。。 あったのね(汗)というくらい振りです。はっきり言って何もやってませんの。

でも先日、アメリカの知り合いにブログのアドレスを教えたので、せめてカテゴリだけでも英語を添えておくわ~、と思って設定しなおしました。ただ篆刻って何かな?ま、stampで いいか!と思っていたんですが、やっぱり違うようです・・・。正しくは seal carving でした。ははは。
d0090959_16401535.jpg手元にある 「SHO Japanese Calligraphy」 (Christopher J. Earnshaw) という本にちゃんと出ておりました。これは数年前にカルフォルニアのバークレーで買った本です。旅ごとに本屋に行っているので混乱しますが、たしかバークレー。土地柄か、ちょっといい感じのラインナップの本屋さんでお買いあげ♪

この本が、そんじょそこらの ”書とは~”云々書いてあるものよりも断然よく調べられていて感心します。道具の使い方に始まって、裏打ちの仕方、表装(軸・額・屏風)、印のおし方作り方、刻字まで。まだあります。漢字各書体の臨書に仮名古典に関して、中国・日本・韓国における書の歴史、文房四宝の詳しい話。まだまだあります!(軽く息切れ 笑) 禅と書の関係や大型書展に出品することについて。花押の説明もあれば、平仮名の元になった漢字も。何と実用書までも網羅されているのですー!これでも簡単に紹介しました。

ただねぇ、英語だから全然読み進まないんですよね。。。でも、せっかくカテゴリも作ったことだし、書道周辺のことなら頑張れるかな。今回みたいに単語一つずつでも・・・・・・。
by narinya | 2007-01-21 01:30 | 英語関連 English | Comments(2)
Commented by kei-aimu at 2008-01-01 07:50
あけましておめでとうございます。
今年も良い一年であります様に。
ずいぶん前の日記に失礼します。
narinyaさまは誰かに頼まれて落款などをお作りになった事はございますか?
というのもですね、私は日本画用の落款を欲しいなと思っているからなのです。
お正月早々しつれいしました。
Commented by narinya at 2008-01-01 23:06
❤ kei-aimuさま  あけましておめでとうございます。
健康で、おいしく食べて、楽しく絵を描く^^ そんな一年になるといいですね。
いつの記事にコメントくださっても大丈夫です。かえってありがたいことです。
落款印の依頼ですか?身内からしか受けたことはないですけど、あるにはあります。
大先生に頼むほどじゃないけど、ちょっと普段使いの印が必要だ、という方々です。
私も練習の機会をもらったつもりで、未熟ながらもお受けしたりしてます。
もし、そこのところを理解して下さって依頼をして下さるということでしたら
私はありがたく挑戦させて頂きたいと思います。
専門家ではないので、デザインなどいろいろ相談、確認をさせて頂きつつ
進めていく感じですがいいでしょうか?またそちらへも伺いますね。
嬉しい年のはじめになりました。ありがとうございます!!!
<< 瓦当印風 「朔方長印」  模刻  모각  3! >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ