ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

あえて貼る

d0090959_2151652.jpg先日、コーヒーで染めた紙には、工筆画の技法でキクの絵を描いてます。写真は途中経過ですが、最終的にはカルタを3枚、絵の上に貼り付けようと思って、仮に置いてみたところです。

絵は、全くの初期段階で、線書きのあとに葉っぱに立体感を持たせたところまでです。これから花にも立体感を出していって、そのあとに全体に色をのせていきます。

でも、描いていると、手前だから濃くしようか、影だから濃くしようか、すごく迷います。描く箇所によってそのつじつま合わせが難しい・・・。あぁ、先生ならどうやって塗るのかなぁ?って、先生の作品の写真を見ながら手探りばかり。

でも、こうして時間と手間をかけた自作の絵に仮名を書いた紙を貼る!?ナゼに?と思う方もいるかもしれませんね。せっかく描いた部分が隠れちゃうけど、いいの。あえて貼るから 「貼り交ぜ」 になるわけです。

以前、ニューヨークのギャラリーに、ある書家が自分の作品を売り込みに行って、木っ端みじんに断られるシーンをテレビで見たことがあります。そのギャラリーのオーナー曰く、「書道作品は書くのに時間がかかっていないからね、作品としてみなすには難しいんだ」 ということでした。

そう、はっきり言われるとショックですが否定できない部分も・・・・あると思う。やっぱりね、作品という以上、どこかに工夫が必要なのではないかしら、と。それが、技法なのか、要した時間に比例するのか、考えるべき課題ですが、ひとまず時間に比例する編として、あえて貼ります、アタシ。
by narinya | 2007-11-01 20:15 | 画 picture | Comments(8)
Commented by ノエル at 2007-11-02 00:32 x
美しいですね~~~。和服の帯みたいです。こなにに素晴らしい菊が描けるなんて、プロ級の腕だと思います。菊が描けたら是非アップで一枚見せて下さい♪ カルタを置いたらもっと風情がでるのでしょうね。楽しみです。

書道の話、ショックですね。アメリカの方って時間がかかっていて大きければ立派という発想なんじゃないかしら・・・
Commented by housui at 2007-11-02 19:12 x
ほんと、渋い色の帯みたいで美しいです^^
カルタを置くと、どんな風になるのかまた楽しみです♪
手間をかけた物の良さもありますが、日本の美は引き算の美しさがが多いですね。
「絵」や「工芸」は長距離走で「書」は短距離走のようなものかも・・・何回練習したとしても最終的に一発勝負(笑)
海外では作品より着物を着て書くことそのもののパフォーマンスの方がビジュアル的かも・・・モノクロの世界の精神性などなかなか理解されないのかもしれませんね。
Commented by namesigncafe at 2007-11-02 23:38
「あえて貼る」という欲求、なんかわかります。
何事も試行錯誤の積み重ねで成熟して洗練されていくと
思います。思いついたらとにかくまずはやってみる、というのホント大事ですよね。それにしてもこの色味、なんとも味わい深いですね。キクの仕上がりが楽しみです。
Commented by narinya at 2007-11-03 00:25
❤ noeluさま  いえいえ、丁寧できれいに描くことはある意味単純です。
やっぱり書道とか南画とかが難しいですね。両方同時にやるのが一番効果アリです。
まだ途中なので写真は出し惜しみです(笑) カルタがさらに問題ですが頑張ります^^
Commented by narinya at 2007-11-03 00:35
❤housuiさま  コーヒーで染めたのが効いているのでしょうか。
そうです、本当に引き算の美なんですよね。かっこいいのに・・・。
優劣はつかない、きっと次元の違う話なのかも、と思ったりします。
だから西洋から見ると「芸術に見えない」のは本当かも知れないなぁと。
潔く引き算できる境地にいたるまでの時間と修練はどうなの?って思いますよね。
でも、もしかしたら、それは生き方に直結する部分が大きくて、作品とは違うのかも・・・。
そんな自分では答えの出ない疑問を抱えつつ、今は足し算に魅力を感じてます^^
Commented by narinya at 2007-11-03 00:39
❤ namesigncafeさま  >試行錯誤の積み重ねで成熟して洗練されていく
日々お仕事を通じてそう感じられているのでしょうね。本当、その通りですね。
与えられたものをこなすだけでは、ある時期から進歩がなくなります。
キクにばかり気をとられてカルタが疎かになる予感もあるのですが・・・
どうなりますか。無事に完成を報告できるようやってみます^^
Commented by souu at 2007-11-03 05:38 x
≫書道作品は書くのに時間がかかっていないから、作品としてみなすには難しい
そうですか?プロセスを知ってもらわないといけないようですね。
最近 線描きの良さに魅力を感じています。
Commented by narinya at 2007-11-04 14:32
❤souuさま  もちろん、人によって見方が違うのでしょうが、目の前で
パパッと作品が出来上がるのを見ると、マジックのような、どことなくインチキ?のような
感じがするかも知れませんね。それで、パフォーマンス的な部分にばかり
目がいってしまうということもあるような気がします。本来の姿を知るところまで
興味を持ってもらえていないのが現実ではないかしら。ちょっと悲しいけれど。
やっぱり発信する側が頑張らねば~!
線描きをする機会がありましたか?仮名の練習は工筆の線描に役立ちます。書道は万能です^^
<< じつは2本立て 本家エキサイトブログよりも・・・ >>


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ