ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

じつは2本立て

d0090959_15111713.jpg

キクの絵の他に、クズの絵も同時に描いてます。こっちの葉っぱを塗っては、あっちの花びら塗って・・・っていう風にやってます。ずっと同じものに取り組んでいると、わけわからなくなるので、いくつか同時進行がいいですね。

自分が描いているものを客観的に見るために、遠くに置いてみたり、鏡にうつしたり、逆さまにしてみたり・・・・いろいろ方法がありますが、時間をおくのも一つ有効な手です。

1時間でも他のことをして、また作品づくりに戻ると、「アタシってば、さっきまで何でこれでいいと思ってやってたんだろう???」っていうことが多い多い。集中するってコワイ(-_-;)ですねー。
by narinya | 2007-11-04 15:12 | 画 picture | Comments(6)
Commented by housui at 2007-11-05 19:43 x
narinyaさんの描く葉っぱの青(藍?)が素敵です。
そうそう!しばらすすると違った見方ができますね。
書も必ず壁にかけておきます。いろんな『気づき』があります。
Commented by ノエル at 2007-11-06 20:28 x
ホント、ちらりと見えているだけで素敵なのが分かります。
自分が描いているのを客観的に見るって大切ですよね。。。(ーー;;
本職の画家の方は最低でも2~3日は間隔をあけて見直すそうです。達人の域に入っていてもこれが大切なのだそうです。うちのお師匠様なんて、弟子に色々見せて構想までぶつぶつ言って、額に入れて、また出して描いているみたいです。
Commented by narinya at 2007-11-07 22:57
❤housuiさま  床に置いて見たのと、壁にかけて見たのとでは
また違って見えるのもフシギですよね。
葉っぱの藍は最後は緑で上から塗られて藍じゃなくなっちゃうのです。
でも、この藍は濃すぎたか・・・・?と、ちょっと反省中~。
Commented by narinya at 2007-11-07 22:59
❤ noeluさま  そのこだわりの量で決まるのかなぁ、とか
思ったりします。この辺でいいや。もうちょっとやってみる?
どちらも自分が決めることですものねー。
Commented by souu at 2007-11-10 06:28 x
時間を置く!
そうですよね。絶対大切だと思います。
弟子を連れて練成会に行くと 無我夢中になって判らなくなっていることが多いのです。気分転換に散歩に連れ出すのも私の仕事です。
Commented by narinya at 2007-11-14 13:10
❤souuさま  お返事たいへん遅くなりましたm(_ _)m
集中して闇雲に書く段階もモチロン大事でしょうけれど、熱くなればなるほど
客観的にみることができなくなりますものね。肩の力を抜いてやりましょうって
言って下さる先生には、私もいつも救われました。自分が書くだけならまだ楽ですね。
souuさんをはじめ、先生ってほんとにスゴイです^^
<< ハングル書道 正字 ㄱ ㅋ ㄲ 編 あえて貼る >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ