ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

ハングル書道 フルリム体

d0090959_14451497.jpg
正字の次はフ体(行書)の練習です。この細い連綿線は必ず書く必要があるのかどうかよくわからないのですが、フ体の作品を見ても古典を見てもある線なので、フ体の特徴なのかも。切れないように頑張って練習しました。

ハングル書道は縦書きなのか横書きなのか、とよく聞かれますが、やっぱり基本は縦だと思います。正字体と板本体なら、ひと文字ずつ独立しているので横方向にも書けますが、古典書を見ても縦書きが基本のようです。

縦の連綿線がある以上、無理に横に書く必要もないでしょうし。仮名の連綿線が横にいかないことと、これまた同じですねぇ。仮名は文字の右下部分で終わって次の文字に自然とつながることで、行自体が右へ右へと流れることがあります。

でも、ハングル書道は何があっても一直線上にキープのようです。だからかな、同じ角度の強い連綿線がやたらと目につきます。でも、それが特徴のひとつになっているのかも知れないですね。フ体も古典書をいくつか載せてみます。なんて美しいのでしょうか~。ただ残念なのはアタシが読めないことダス・・・。今欲しいもの。韓国語の古語辞典。
d0090959_1535439.jpg
1 옥원듕회연
2 셜월매젼
3 국됴고사
4 을병연행록
by narinya | 2007-11-26 15:16 | 書道 calligraphy | Comments(2)
Commented by souu at 2007-11-27 20:21 x
こういう書体は初めて見ました。縦書きの連綿ですね。連綿だから縦書き?
この下の写真がお手本なのですか?narinya さんの作品の方が綺麗ですね。線が素晴らしいです。
私の頭の中には このようなハングル文字はなかったのです。感激!
Commented by narinya at 2007-11-28 11:58
❤souuさま  下の写真はお手本というか、古典書の一部です。
これを臨書して勉強すればいいんですけど、読めないので何とも。。。
ハングルは構造も見た目も興味深い文字です。感激して頂けて何よりです!^_^
<< ハングル書道 板本体(正音体) ハングル書道 古文正字 >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ