ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

食べたい。上海蟹を食べてみたい。そんで豫園も行ってショーロンポーもぜったい食べたい。
d0090959_11364193.jpg
これは斎白石の絵(の一部。たぶん)を模写したものです。横浜で習っていた時は、先生が描いたお手本もあれば、有名な絵をお手本とすることもありました。

先日、長崎南画の教室で教えてもらったのですが、蟹を描くときに一緒に描くのは菊が多いそうです。蟹は身も肥えて美味しくなる秋に描かれることが多いから、花も秋のものを描くということなんですね。この絵に描いてあるのは・・・ススキ?やっぱり蟹は秋の美味しそうな姿を描くということで間違いないみたいですね。

いきいきとした蟹を描くためにも、やっぱりー、食べなくちゃー。

そうそう、ひとつ疑問が・・・。斎白石で合ってると思うんですが、彼自身は落款に 「歳白石」と書いているんです。なんでなの?どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて下さいますか~?
by narinya | 2007-12-11 12:18 | 画 picture | Comments(2)
Commented by souu at 2007-12-11 19:56 x
ずっと以前、私の所属する書の団体の50周年記念展の時、斎白石の書画をコレクションしている方に作品を借りて展示したことがありました。
あの素晴らしいタッチを想い出しました。絵も臨書のように模写で練習するのですね。
Commented by narinya at 2007-12-13 10:29
❤souuさま  本当にタッチが素晴らしいですよね!
何でああいう風に描けるのか・・・フシギなくらい。
絵も臨書のようにやるんですよ^^ 技法に関係なく模写は
基本の勉強なんだと思います。と偉そうに言うほどやってないですがw
<< はがき トプカプ宮殿の至宝展 >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ