ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

師匠から集字

なにも何百年も前の古典ばかりではなく、集字をするもとは師匠や書家が書いたものでも可能だということは、購読している競書誌にも書いてあります。先日、 housuiさんもひとつの方法として示してくださいました。

創作するのに和歌を一首使うとします。そのうちの何文字かは古典から、また他の何文字かは師匠(直の師匠でなくてもいいらしい)から、という感じで組み合わせていくやり方があると、いつの号だったかに書いてありました。

d0090959_20145857.jpg師匠の字をかぁ・・・と思ったのですが、そういえば昔、集字したんじゃなかったかな?アタシ・・・と思って本棚をよーく探してみると、ありました。

このブログは先生も時折みて下さっているのですが、これ見たら 「まったくあの子ったら。いつの間にっ?」 という感じかも。

実は・・・先生が書き損じとおっしゃってゴミ箱に入れたものを、私がコッソリ持って帰って作ったという経緯がありまして。

私がゴミ箱覗いて「おぉっ!」とか言ってたときには、先生、たしか「これっっっ!」っておっしゃって。でも結局、隠れてもらったんです。もう時効ということで許してください。それに実は共犯もいたんですよー。

って、全てご存じだったかもしれませんが。なんか、こういうの職人とか料理人が修行中にするじゃないですか(勝手なイメージ?)。鍋底や、さげられたお皿に残ったソースを舐めて味を覚えるみたいな。笑 「技は盗んでおぼえるもんだ」とか言われて。実際、私は本当に盗んで来たんだけど。 

今、この集字帳を見ると、なんだかすごく新鮮。このごろ行いがいいのか、古典を見ても前とは違って見えるんですよね。どこがってうまく言えないんですけど、前はこんなに素敵だとは思わなかったなぁって。ただ、課題として見ていたというか、とりあえず何かやらなきゃ展覧会に間に合わないし、とかそんな風でした。それとも、単に歳かな・・・?

それにしても、こうしてやっていれば、いつかそれなりのブレイクスルーが来るでしょうか?それが今年だったらいいなぁ。まだ1月だからね、高望み~。
by narinya | 2008-01-22 20:43 | 書道 calligraphy | Comments(4)
Commented by housui at 2008-01-23 17:46 x
おお頑張ってますね~ 
器用なうえに努力家とくれば・・・ブレイクスルー間違いなし~^^
Commented by nikka at 2008-01-24 00:11 x
師匠の技を盗む…すごい! まさに職人の世界ですね^^
関係ないけど、年をとるってことは、おもしろいことです。
昔と違う感覚を持てたり、まったく違った視点が出てきたり…。
私は最近、「昔の若かりし頃の私なら…」って思うことが多くいんですよね~…(泣)
でも、それもいい意味で人生経験を積んだってことにしています^^;;
Commented by narinya at 2008-01-24 18:09
❤housuiさま  何かと「頑張って」いた時期もあったということで。
努力はキライです。根気よくやっていると努力しているように見える?
そんな感じです。今年はちゃんと身につけたいです。
Commented by narinya at 2008-01-24 18:17
❤nikkaさま  そうそう、職人ですよね。これ。笑
え?「昔の私なら・・・」っていうのは、昔の方がよろしいってことですか?
その反対かな?私はね、10代とか20代前半とか絶対に戻りたくないですねー。
後から見たら今もそうなんだけど、若いって無神経だから。。。それを周りが
許してくれていることにさえ気づいていないというオメデタイ時代だから~。
もう恥ずかしすぎて罪ですw これから先も人生経験積んでいくんですものね。
こころして暮らさねば。(引きこもり風のくせに生意気な発言)
<< 年賀状一挙公開なり これで楽しく継紙を♪ >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ