ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

印鈕薄意

今回、またまた勉強になりました。やはり印鈕(いんちゅう)は基本的に石の上部にくるもののようです。とはいっても鑑賞目的が主になってからは、解釈の範囲も広くなっているかもしれません。

石の上ではなく、周囲に装飾を施したものは、また別に 「印鈕薄意」 というのですね。今は何でもググって調べられるので本当に便利です。

d0090959_22162387.jpg

調子に乗って作った2ヶ目がこの薄意の部類です。本来は石の裂を隠したり、貴重な石を印鈕部分の装飾で無駄に使わないため、などの理由だそうです。

私のは、そのどちらにも当てはまらず、単に周りを飾ってみたというものではありますが、人生2ヶ目にしては何だかうまくできた^^ で、さらに調子に乗ってですね、続々作っております。写真の奥には予告も~。次は鈕っぽいです。


d0090959_2352617.jpg
では一周クリ~っと。
そびえ立つ印材・・・。
なんかちょっとコワイ。
by narinya | 2008-02-01 23:13 | 刻 seal carving | Comments(6)
Commented by souu at 2008-02-03 09:32 x
これは素晴らしいですね。段々凝ったものが出てきそうで楽しみです。
中村蘭台先生の印も良いですが 印鈕が大好きです。
今にnarinya先生の・・・楽しみにしています。
Commented by housui at 2008-02-03 12:00 x
素敵ですね~ 持っているだけで楽しくなりそう^^
「印鈕薄意」がほどこしてあると、印の上下を間違えて押すことはないですね。
伝統的なものに narinya さんらしい新しさを感じます。西洋風のものにもみえますね。

Commented by narinya at 2008-02-04 22:54
❤souuさま  段々凝ったもの・・・。恐ろしくもあり楽しみでもあり^^
残念ながら中村蘭台先生の印鈕がまったく記憶にないのです。
今まで特に気にしていなかったからでしょうか。
narinya先生になれるように励みます~!
Commented by narinya at 2008-02-04 22:57
❤housuiさま  そうですね。動きのある柄が彫ってあると
向きを間違えなくてすみますね。側款で確かめてもまた印面みて
確認、またおす直前に印面みて・・・って結構用心深く確認します、私。
今まで好き勝手に手を出していたものが形になり始めた感じがした一品でした^^
Commented by t-ebizou at 2008-02-09 17:34
これはかわいい~!そして作るのが面倒そう~
前に蓮の花を彫られてるのをみてから、私もやってみたくなって
軽い気持ちで彫ろうとしましたが、かなり面倒だどいうことに
気づいて途中で挫折しました。(根性なし)
何時間かかるんでしょう・・・
石ずっと彫ってるとひじとか痛くなりませんか?
結構力いりますよね??
narinyaさん、本当にすごすぎです・・・
Commented by narinya at 2008-02-09 22:35
❤えびぞうさま  そうねぇ。。。面倒といえば面倒だけど好きでやるから
そうでもないかな。それより他のことちゃんとやんなきゃ~って思いながら
やってたりします。使う石と刀にもよると思います。この石はパリン石で
柔らかいことと、よく切れる刀だからできたと思う。半日くらいやったかなぁ。
痛くなるのは押さえてる左手、左腕です~。筋肉痛になります。w
<< バラ鈕 蓮の花(のつもり) >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ