ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

「の」

年明けに誓ったことのひとつに、安定して仮名を散らし書きできるようにしたいということがありました。本来は古典から集字帳を作るのが望ましいのだろうけど、それは地道にボチボチやるとして、ひとまずは気に入って買った百人一首の本から。


d0090959_23552020.jpgコピーしたものから一文字ずつ切り出して、同じ音ごとに整理していきます。

100枚全部やるのは大変なので50首までにして、残りの50首は特徴的な連綿部分を集めるのに使いました。

1~50首までで、固有名詞などの漢字で書かれたものを除いて、一番多い音は何だったと思います?

それは 「の」 でした。登場回数の多い順に変化をつける練習をしても実力がつきそう。

作業は大変だけど、集めてみればわかることってありますね。



ながくお世話になっている競書誌の仮名はお手本をそのまま書けばいいので、いくらまじめにやって本の成績がよくても、じゃぁ自分でサラサラと書けますか?といえば全然!考えて書くクセがついていないからでしょうね。


d0090959_02221.jpgその点、浮気先の競書誌では課題の歌は決まっているけど、どんな字を使ってどんな構成にするかは個人の自由なので勉強になります。(どこか支部に入れば、たぶん先生の手本があるとは思いますが・・・)

書道って・・・ちゃんとやろうと思うと一生じゃ足りないくらいの課題があるので、ある程度割り切りました。仮名の小作品中心の方向で。

他のことはお勉強程度にはやりますが、それで何か賞を得たいとかそんなのはありません。

←は、今月こそ提出しようと思って取り組んだ、浮気先の課題ですが時間切れで提出ならず。

散らしの構成、字形、選んだ変体仮名、行間、墨継ぎ・・・何も必然性はありません。何となくこんな感じ?というだけなので、先生方には笑われちゃうだろうなぁ。だから写真は少しフォーカスかけてみたりして。

でも、今は未熟でも考えながら数をやる時期です。やっているうちに落ち着く字形や連綿などみつかることでしょう。石膏デッサンでも何本も描いている線の中に、これだ、という線が見えてくるから最初から決めようとするな!と高校のとき先輩に言われたっけ。

あのとき17歳くらいの先輩・・・奥の深いことを言ってたんだな-。でも何か笑える。だから若いって恥ずかしいのよね~。よかったよぅ、言ったのが自分じゃなくてw
by narinya | 2008-02-10 00:32 | 書道 calligraphy | Comments(10)
Commented by housui303 at 2008-02-10 09:10
ひとりでこれだけのことをやってるって凄いです!でもその前にちゃんと基礎があるからですよね~
そう、切り貼り作業は大変ですが作業中にいろんな字を覚えますよね。単語を覚える作業に似ていますね。
創作はさすがに上手く出来てますね!端正な感じです^^
作品作りでは一般的に山場というか見せ場を作ること・・・とよく言われます。おけいこをブログに残しておくのは良い記録になりますね~なかなか手が回らないけど、私も刺激を受けて頑張ります!
Commented by souu at 2008-02-10 12:31 x
≫浮気先の競書誌では課題・・・
このやり方は実力が付き良いですね。うちも昇段試験は自由課題があるのですが 先生に手本を貰う人がいます。これだと何の為の課題か判りませんね。
私は初めて受ける1回だけ手本を渡し2回目から手本なしにしています。それで合格しなければ勉強するようになりますよね。
今はコピーがありますが 私がこんな風にしていた頃は全部手書きし切り貼りしていました。今も大切に残しています。
Commented by narinya at 2008-02-10 19:40
❤housuiさま  やらなきゃ出来るようにならないようなので半ば仕方なくですが。
字を書くのが一番難しいです。なのに、この習字、書道人口が多いのはなぜなのか。
入りやすいけど出口もない恐ろしい世界なのに。。。なーんてw
端正な感じですか?うれしーい!あまり奇抜にはしたくないので、山場も
品よくが目標です。ブログも記録場所と思うと自分自身励みにもなるみたいです。
Commented by narinya at 2008-02-10 19:46
❤souuさま  本当です。お手本なしで落ちたとしても、それは絶対に
無駄にはなりませんものね。その反対ですよね。とにかく自分に力がなければ!
ひとつの会で全部教えてもらえればいいですが、そうもいかないので
仮名はこっち、絵はあっち、篆刻はそっち。。。こんな弟子はどうでしょう?
コピーも便利ですが、自分で書きながら集字した方が早いかな?と
思うときもあります。やっぱりアナログも侮れませんね。
Commented by nikka at 2008-02-11 00:25 x
すごい。この情熱が!?
切り貼りですか~。根気が必要ですね。
私、仕事柄、よくイラストの切り貼りします^^;;
イラストレーターが描いてきたイラストをコピーして、
ゲラ(校正紙)のアキに貼り付けるんです。
印刷所の人に、ココにこういうイラストが入りますよ!って知らせるためです。
私もこのアナログ作業、嫌いじゃないです^^;;
それにしても仮名文字、素敵ですね~!!
書道を習っていて、一応師範免許もとりましたが、
仮名は全然ダメです。しかもそれが20年近く前の話になりますので。
ほんと、見ていて、ため息でちゃいますよ~。プロウォヨ~!!
Commented by narinya at 2008-02-12 17:23
❤nikkaさま  書道は根気と根性と体力です。
はっきり言って全然優雅ではありませぬ。
そうですよね。nikkaさんは編集のお仕事されてますもんね~。
アナログがお嫌いでない^^ そうか、だからハングル書道なんですね!
今後も仮名はちゃんとやりたいと思います。一応日本人だから。にゃは。
韓国で書道とかつっこんだ話をしようとすると、自国のことができてないと
相手にされない感が・・・。ま、そのために仮名やってるようなものです。
不純でも何でもいいの。インサドンに近づくためだもの~。へへへ。
いつかソウルで文化系オフ会とかしたいですねぇ。ムフ^-^
Commented by rumasuke2 at 2008-02-13 12:07
すごいですね~。
やはり地道な努力なくして何事もできないものですね。

「の」が多いのはなんとなく納得です。
昔、韓国人の友人が、「韓国で日本語の真似を適当にしようと思ったら(タモリの中国語みたいなかんじ)、『…の、…の、…の』という感じに『の』をたくさん入れる」と言っていたのを思い出しました。
ふだんあまり意識していないですが、日本語ではやっぱり「の」が多用されているんですね~。
Commented by narinya at 2008-02-15 19:58
❤rumasukeさま  地道と聞くと少しくすぐったいですね。
パッとその場で形にならないと嫌なワタクシなのに~。

やっぱり韓国人にはそんな風に聞こえてるんですね、日本語って。
私の知り合いの韓国人は皆、日本語がペラペラなんですけど
「の」が多い、というか何でそこにも「の」を?っていう話し方です。全員。
自然になっちゃうんですねぇ。なんか長年の疑問がすっきりしました~。
Commented by t-ebizou at 2008-02-16 00:28
課題の作品、とってもステキ・・・浮気で勉強もいいですよね。
色んなテイストを自分の中に取り込んで、より一層ステキな
字を書いてください!

「の」が多いというの、わかります。古典をやってると、やたら
でてきますよね。そしてどれもちょっと違う風に書いてあって、
なかなかの曲者です。私もこれから注意して練習してみます。
Commented by narinya at 2008-02-21 14:33
❤えびぞうさま  そうそう。浮気の方がゆとりがあるという感じです。
いろんなテイストまぜて素敵になればいいけど。。。ちょっと心配です。
「の」くせものですよ。「の」を攻略してこそかもしれませんw
<< ちょう鈕 練習ねこ >>


最新のコメント
素晴らしい字! ナ..
by hachan7609 at 13:33
★housuiさま わ..
by narinya at 20:55
お疲れさまでした。前進の..
by housui303 at 14:35
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
管理人からおねがい
フォロー中のブログ