ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

冊架図

韓国語の勉強といいつつ、ネット記事を見ながら遊ぶことが多いのですが、政治や経済には目もくれず生活や文化面のところばかりうろついてます。

3月16日の記事では、韓国の民画について、その中でも器用画に分類される 「冊架図」または「文房図」 などと呼ばれるものを中心に、ニューヨークメトロポリタンミュージアムで展示されているという記事がありました。

民画にはいろいろあるようで、山水・動物・花鳥・人物・文房具・文字など、まぁ、何でも描いたといってもいいくらいです。その中の文房具や骨董品などを描いた冊架図の屏風が、6月までニューヨークで展示されているんですって。

d0090959_1228698.jpg参考までに、私の手元にあるポジャギの図録から刺繍の図柄になった冊架図の写真を載せてみます。

私、こういうのすごく好き。空間が埋まってて全体が模様みたいに見えるものに惹かれます。それでいて、よくみるとひとつひとつ丁寧に扱われていて・・・。

余白の美とはまた異なる、与えられた空間を何かで埋め尽くしたくなるのって、人類が持つ古来からの根源的な欲求?唐草文様もそうだし、土器の模様とか寺院の装飾などなど。

それにしても、この民画って動物図であれ花鳥図であれ、どこか稚拙というか素朴というか何とも魅力的です。日本画も遠近感がほとんどないけれど、この韓国の冊架図なんて奥にいけばいくほど大きくなるという逆遠近法。韓国の美は奥が深いなぁ。

3月16日のニュース映像と、もうひとつ冊架図の写真をリンクしておきます。興味のある方はご覧になってみて下さいね~。
by narinya | 2008-03-21 13:06 | 画 picture | Comments(6)
Commented by テラ at 2008-03-21 18:01 x
책거리っていうんですねぇ。勉強になるわ~。
↑の絵、私が持っているポジャギと刺繍の本にも載っていました。今まではふ~んと見ていたけど、改めて見ると、ものすごく細かい手作業にびっくり!配色もすばらしい!!学ばねば^^
Commented by narinya at 2008-03-23 20:23
❤テラさま  ~거리って本にもつくの?っていう感じですよね。
↑は、いろんな図録に載ってる広くしられた作品みたいです。代表的なのかな。
そうそう。配色が全体としてまとまっているのがすごいなぁと思います。
こんな屏風のある部屋に住んでみたいです。
Commented by thousand-spring at 2008-03-26 22:30
朝日新聞の日曜版に載っている パズルのようですね。わたしも身近な生活用具が絵になるのってすごく好きです。
Commented by narinya at 2008-03-30 16:14 x
❤thousand-springさま  お返事おくれてごめんなさい。
なんかコニョコニョ作ってましたの~。身近なものが絵の題材になると
思うと、そう方に力入れて「絵」を描く!なんて思う必要ないって感じますよね。
もともと楽しいことなんですものね^^
Commented by mojigumi at 2011-01-19 11:14 x
まさしくこれを探して「韓国」「文房具」で検索して来ました。
キレイですね。これをヒントに書籍のカバーを考えております。
おかげさまで勉強になりました。
ありがとうございました。
Commented by narinya at 2011-01-19 15:15
❤mojigumiさま  お役に立てたのなら私もうれしいです。
リンクをはったニュース映像もご覧くだされば、また違う屏風の映像も出ます。
ご参考までに。
すてきなカバーを制作されてください!
<< 鳥さんとケナリ(?) 添削されました >>


最新のコメント
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
素晴らしい字! ナ..
by hachan7609 at 13:33
★housuiさま わ..
by narinya at 20:55
お疲れさまでした。前進の..
by housui303 at 14:35
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
管理人からおねがい
フォロー中のブログ