ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

破り継ぎと切り継ぎ

少し前に買った仮名臨書練習用紙を使って、半紙の大きさに料紙を仕立ててみました。ビビッドな差し色がほしいところなのですが材料の制約もあり・・・。今後の課題です。金銀箔までふりたいと思うと、この程度の紙では釣り合いがとれないですね。

d0090959_2294311.jpg

所詮、お手軽なものはその程度ということでもあります。伝統が伝統であることに深く納得。でもでも~、自分自身がそう高級な人間でもないので、その面では釣り合いがとれてる感アリ(笑)。

何であれ、初学の段階からいい道具を使ってこそ実力がつくと聞きますが、それはごもっともでもあり無理難題でもあり。。。実際、道具に引き上げられることってよくあるので核心をついてはいるのですが、反面、工夫しようとすることで伸びる部分もあるのではないかしら。私は断然こちら派です。もう、自ら「工夫人生」と呼んでるほど(爆)。

右上ピンクの他、ブルー、黄色には消しゴムはんこも使いました。どうかしら?
by narinya | 2008-05-09 10:08 | 書道 calligraphy | Comments(6)
Commented by souu at 2008-05-11 11:30 x
和漢朗詠集用の料紙を継紙にして使うのは良いアイディアですね。
確かに差し紙としてのビビッドな色があると引き締まって良いでしょう。
それを購入するのは 結構難しいですがnarinyaさんは自作出来るから
良いですネ
ここに字を入れて 又見せて下さい。 
Commented by narinya at 2008-05-11 18:33
❤souuさま  きれいな柄の紙なので利用できるかな?と思いました。
差し色としては、関戸の紙を使ったらいいかも!と思っています。
でも厚手なのでちぎると染まっていない白い部分が見えるんですよね。
でも手軽にやるのだからある程度の妥協も必要です。やっぱり私よくばりですね。
字を・・・・ですね(汗)。なかなかアップされなかったら失敗したと思ってください~。
Commented by housui303 at 2008-05-11 19:49
きれいですね~!
良い道具、良い紙・・本当にきりがありませんね。
次々にアイデアが浮かび、実行されているのには脱帽です!
これ、手間を考えれば高級品になっているのでは~^^
最近、あまりにも安価で粗悪な道具もあって・・・これも困りものですが、古典の料紙は決してお安くはないですもの。
Commented by ろくべい at 2008-05-12 11:53 x
ああ、綺麗ですね、料紙には素敵なものがありますが、継紙にすると独自なものになりますね。 わたしも以前 カードを作り、外国の方に贈ったことがあります。 また作ってみようかな~  わたしは現在美濃に住んでいるのですが 郡上の山並、その重なり具合を見てると 美しい継紙の料紙を思い起こします・・・
narinyaさんの意欲的な制作にはいつも感心させられます。 わたしも前向きに!って思う・・力をもらうのです。 ありがとうございます!
Commented by narinya at 2008-05-14 10:17
❤housuiさま  そうなのです。きりがないのですよね。理想はあるのですが・・・。
私の手間なのであまり高級にはなりませんが、確かに手間はかかってますね。
古典の料紙、お清書用だと練習用の10倍ちかくしますよね-。
どこに焦点を置いてやるのか選択しないと無理がきますし~。
Commented by narinya at 2008-05-14 10:29
❤ろくべいさま  こんにちは~。ろくべいさんは美濃にお住まいなのですねぇ。
自然が美しいところからは美しいものが作り出されますよね^^ 
山並みを見て継紙を思い起こされるなんて、まるで王朝びとのようです~!
意欲的・・・実物はこれがまたポヨーンとしてますのよ(笑)。よく寝るし。
またいらしてください~♪
<< 奇跡的 おはな鈕 >>


最新のコメント
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
こんにちは、お久しぶりで..
by mint-lavender at 11:51
★橋田葉子さま  こちら..
by narinya at 00:14
装飾写経を教えて頂けない..
by 橋田葉子 at 13:45
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
管理人からおねがい
フォロー中のブログ