ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

ミニの和歌

d0090959_22431625.jpg

ハングル書道を真面目に習っておりますが、やってみれば漢字書や仮名書をすることと何ら変わりないことがよくわかりました。

韓国にも書道ってあるの?ときかれることが本当に多いのですが、仮名書よりも、よっぽど漢字の影響を受けているんだなぁと感じることばかりです。ハングル自体が「束ね書き」という特徴を持っているため、漢字とよく調和することもあるんだと思います。

仮名で篆刻はちょっと苦しいですよね。空間を埋める力がないというか・・・。それが仮名の流麗な線を生んでいるのですが、個人的にはハングルのデザイン性にはかなわない分野だと感じます。

書体も言語も選り好みすることなくやればいいと思うと同時に、ハングル書道を真剣にやればやるほど、日本人として仮名をやっていなければ、それはやっぱり恥ずかしいことと思わずにはいられません。それは誠心誠意教えてくださる韓国の先生に接するたびに感じることでもあります。

ということで、ちゃんと仮名やらなきゃ。こんな自分じゃ次に先生に会えないし。がんばるべ-。

「ふくかぜに よそのもみじはちりぬれど きみがときはの かげぞのどけき」
(よその紅葉は散ってしまうけれど、あなたは松の青さのように不変に栄えている)

簡単にいうとこんな意味です。一応お祝いの歌として選んで書いてみました。ただ、あまりにも小さくて墨量の変化までは出す余裕ありませんでした~。





d0090959_23483557.jpg

カードを作りましたの。何が一番むずかしかったって・・・それは三つ折りにしてもきっちりそろうように台紙を切ることでした。。。
by narinya | 2008-09-15 00:20 | 書道 calligraphy | Comments(0)
<< 드리다 の衝撃 石が好きです >>


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ