ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

竹にあわせて

毎回の韓国語カルチャーに新しい作品、それも私ならではの目新しいもの!を持っていこうと思うと結構時間がかかります。構想は決まっても、あ・・・これに合わせてつく印がないや!と思えば、そこから印を作り始めたり。で、おしてみたらうまく泥(印の赤いやつネ)がのらなくて、また振り出しに戻って字と絵から。。。

3作目は、南画とハングル書道を融合させてみました。その竹の部分の写真です。半切を横にして3/4の大きさにしました。でも、もう一度かこうかなぁ、と思っています。今回、この韓国語講師を口実にして作品を持って行くという作戦は、実験も兼ねているものの、自分を創作モードにするのにたいへん役に立っています。

d0090959_17151727.jpg

長崎南画で習った描き方で竹を描きました。いま、N○Kで水墨画の講座を放送してますが、やっぱり私は断然「南画」です。一般受けするのは・・・きっと水墨画なんでしょうけど。側筆(筆自体を傾けて穂先は線の一方の端を通る)で竹幹を描いても竹っぽくなりますが、写真の長崎南画では、中鋒(筆は垂直、穂先が線の真ん中を通る)で描きます。

筆の直径以上の線は出ないので、太さでみたボリュームはありませんが、骨のある線は力強く、生き生きとした空気が空間を埋めます。その点、水墨画の筆遣いはやさしくて繊細です。でも、その分、線が浅いのは否定できないと思います。

d0090959_17165138.jpg

どちらがいい、悪いではなく、違う分野なのだと思えばいいのですが、もっと南画や文人画が一般に広まるといいな。これは私の印象ですが、やっぱり韓国は中国の影響でしょうか、日本よりも文人画などが盛んのように思います。さすがに中国までは手を出す気はないけど、興味のあることを韓国を通じて味わえるのも、私が韓国に惹かれる理由です。

もっと完成度の高い作品にして、ささやかでも発表できたらいいなぁ。そうしたら、ここでも皆さんに見ていただけるのに。ま、そんな夢みたいなことを言っているので、生意気にも未発表作品扱いにしてるのです。挫折したら一気にブログに載せます。。。
by narinya | 2008-09-05 22:00 | 画 painting | Comments(4)
Commented by nikka at 2008-09-06 00:14 x
竹っていいですよね~。
すごく雰囲気が出ています^^
ずい分昔、お気に入りの竹の写真集があったんですよ。
被写体は竹だけ…^^;;
まっすぐで凛としてて、見ていて心が洗われました。
当時、入院していた祖父にお見舞いにこの写真集を持っていったところ、
すごく感激してくれたのを思い出しました。
Commented by suga_m at 2008-09-07 16:56
知らない間に、どえらいことになってたのね。
カルチャーセンターで講師?すげ〜〜。

ああ、あたしなんてさ〜、リハビリが落ち着いてきたと思ったら、仕事のとで頭悩ませるはめに。
なんか今は、身動きが取れん。
Commented by narinya at 2008-09-08 00:14
❤nikkaさま  竹の写真集とはまた・・・渋い~!
でも確かに心が洗われる感じしますよね。
竹を見ながら悪巧みはできなさそうw
nikkaさんのお見舞いする気持ちが伝わったのですよ。
そうか、お見舞いに写真集っていいですねぇ。
Commented by narinya at 2008-09-08 00:16
❤suga_mさま  ははは^^ すげくもないんだけどサ。。。
まぁ、私でいいんですか?いいならこっちはいいけどね?っていう感じよん。
リハビリお疲れ様~。いろいろあるみたいだねぇ。仕事でも大変なの?
<< 石が好きです カルチャー韓国語のはもっとスゴイのよ >>


最新のコメント
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
こんにちは、お久しぶりで..
by mint-lavender at 11:51
★橋田葉子さま  こちら..
by narinya at 00:14
装飾写経を教えて頂けない..
by 橋田葉子 at 13:45
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
管理人からおねがい
フォロー中のブログ