ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:展示会 exhibition2( 25 )

「谷間を流れるときは」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_0442523.jpg

ブログを見てくださる皆さん 暑中お見舞い申し上げます!

去年の夏の個展からもう一年・・・。早いなぁ。明日から8月ですね。今年はあと何ができるでしょうか。来年以降の展開も考えたいところです^^ それにしても暑いですよね。表具師の方が「長崎ブルー」と呼ぶ布で軸に仕立てた作品です。皆様、気分だけでも涼しくなればと思います。この詩のように、どこを流れても悠然とした河のような人生だったらいいですね~。


 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
by narinya | 2010-07-31 08:23 | 展示会 exhibition2 | Comments(6)

「爽やかな草の香り」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_14521566.jpg

これは、ピンクの紙に書きたいなぁと思ったところからスタートして→全部ピンクじゃ芸がないかな?→なら、対になるように半分に分けよう→横に並べる…と思ったら縦にも出来る作品!のためには行の配置を厳密に計算して→パネルに貼りっぱなしの作品だから気軽な感じで消しゴムはんこも使っちゃう~?

で、これができあがりました。若干ムリがきてる部分があるんですけど、このパネルに貼りっぱなしというのは結構好きでして。額装も軸装もモチロンすてきなんだけど、もうちょっと現代風に…と思うとパネルって安いし軽いし、パネルの周囲?側面っていうの?部分にも演出できたりして。そんな楽しみもあってなかなか良いんですよね^^

全紙1/2の紙でパネルくるんだから、作品ひとつは約60×60cmほどです。パネルの活用はもうちょっと進化させたいなぁ~。安っぽいとか言う人もいるけど^^; でも、ちょっとポスター貼る感覚で若い人とかが作品飾るようになる方がいいなぁと思うんですよね。私としては。
by narinya | 2010-05-31 00:45 | 展示会 exhibition2 | Comments(11)

「幸福」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

あ~、今見ると字が・・・^^; すぐそういう観点でものを見るのは私のいけないクセです。その時、一生懸命やったんだからよしとしなくちゃ。あ~ん、でも・・・(苦笑)。

コンセプトは良かったんですよね。また次回作につなげることにしましょう^^

今日は、この4月開講の「韓国語入門」クラスの初日でした。この作品をポストカードに印刷して、受講してくれた皆さんに記念として差し上げました。気に入ってくれたようでよかったです。

d0090959_144917.jpg

カルチャーセンターにしては、勉強の量とスピード面で厳しいクラスかもしれないけど、ずるずるやるよりいいよね。やらせればきっとやってくれるだろうと信じつつ、エールを送るつもりで配った葉書です。

とはいうものの、できないときや大変なときは無理しないでほしい。でも何かを得るためにはちょっと無理して頑張ってほしい。すごく矛盾してるんだけど。とにかく3ヶ月。そして半年。できたら1年。私ができる限り寄り添って一緒に走りますから♪ 楽しく勉強していけるといいな。
by narinya | 2010-04-05 22:44 | 展示会 exhibition2 | Comments(10)

「ひとびとの間に花が咲くとき」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_14475074.jpg

これは自分では一番のお気に入り^^ イメージ通りにできたのです。かわいい感じの作品にしたいからね。これは額装。大きさもちょっとあってこのまま軸に作り替えてもなぁとおもうので、もう少し小ぶりで似た作品を作ろうかと思ってます。
by narinya | 2010-03-21 21:24 | 展示会 exhibition2 | Comments(13)

「うめの花」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_13104195.jpg

水墨画と字を同画面に配置させる時って、大体どちらがメインの作品かということを決めるものです。私もやっぱり字が最初にあって、絵も利用したらもっと画面が華やかになるかしら~?なんてことを考えて紙の装飾を考えることが多いですね。

だからといって別のものを一つの画面にあらわそうというわけではありません。もっと融合する感じを追究したいんですよね。だから、これもあえて絵を字の後ろに入り込ませて柄のような扱いをしました。

これからも、こういう作品を作っていきたいな。でも、にじみや濃淡のある水墨画と仮名の優美な世界が今ひとつマッチしないような・・・。漢字はもちろん、ハングルもよく似合うのに。ま、どんな言語でも字体でもその作品単位でいいと思えればそれで十分、っていうかそれしかないよね^^
by narinya | 2010-03-09 23:16 | 展示会 exhibition2 | Comments(8)

篆刻 「魚影」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_9114064.jpg

篆刻って難しい。いい先生もいないし・・・。私のそばで全部教えてくれる先生がいればいいのに。字なら漢字に仮名にハングル、あと絵と篆刻と刻字までやってくれたらなおいいなぁ。書道はすべて古典にそくした形で一切の私利私欲のない仙人のような先生。

・・・っているわけないですよね。人間食べていかなきゃいけないんだし。そんな文人な人いまどきいるわけないよね-。う~ん、一生じゃ足りない。
by narinya | 2010-01-22 10:13 | 展示会 exhibition2 | Comments(6)

「継紙」3 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

破り継ぎ(継ぎ目がギザギザの)と、切り継ぎ(スパッと切ってある)をまぜてます。差し色に濃いめの紫を小さく配してみましたが、もうちょっと大きくてもよかったのかな・・・?

この継紙って決まりもないし、下準備もいらないし、超簡単です。のりしろをとって紙を貼り合わせるだけ。皆さんも作ってみて^^

d0090959_12581069.jpg


下部にある波文様は自分でつけました。ゴム版でも消しゴムでもハンコがあると、パーツに切ってからでも模様をつけられて便利。どうしたって本当の職人さんが作る正統仮名料紙にはかなわないけどね~。でも、平安の美をそのまま持ってこれるほど優雅な主婦さんじゃないから、こんなアイデアでカバーしなくちゃ。

あ!こういう時にこの前、本でやったこの諺かも!'꿩 대신 닭' ちがう?諺とか四字熟語とか苦手で全然ダメ。。。それでも、やってると少~しずつですが興味もわいてきた?ような・・・。気のせいかな^^; 

今、「上級演習ノート」っていう書き込み式の本やってるんですけど、ネイティブ先生の命令に従って基本、韓韓辞典でがんばってます~。ことわざや四字熟語は韓韓で調べる方がいいです。それに救われてちょっと興味がわいてきたみたい^^


by narinya | 2009-12-11 16:39 | 展示会 exhibition2 | Comments(8)

「花のこころ 星のこころ」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_12555796.jpg

大きさは約70×70cm。貸し額から外されて本紙のみ手元に返ってきてます。今後、またこれを額装してどこかで飾る機会ってくるのだろうか・・・。作品って、こうして作っても大先生じゃなきゃ誰が買ってくれるわけでもなし。今後も創作活動を続けるためには何か道を考えなえないと。その間は、ひとまずブログで皆様に見ていただいて・・・。

色合いがちょっと地味かな?と思ったけれど、裏打ちされたら少し濃く色が出ていい仕上がりになりました。会場では人気が高かった作品です^^
by narinya | 2009-12-06 20:44 | 展示会 exhibition2 | Comments(8)

「四君子とハングル3」(個人蔵)(長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_12252249.jpg

四君子のシリーズ作品ですから全部で4つあります。これで3つ目ですね。これも・・・う~ん・・・中途半端な出来は否めないにゃ。。。極めつけは名前が失敗で~。私は今、練習中のものでも落款部分を自然な書体で書くというのがストレスなので、この作品をこうして見てもやっぱり名前の部分がすごく気になってしまう~。

それでも、こうしてブログで日の目を浴びることができて、この子は幸せです。皆さんのおかげです。
by narinya | 2009-11-11 01:12 | 展示会 exhibition2 | Comments(2)

「継紙」2 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

アートフレーム中央に浮くように配置した継紙だけの作品です。用いた紙も市販の安いものだし、消しゴムやゴムのはんこも使ったし、継紙をパネルに貼りつけるのも自分でやりました。節約のためです。

書道はお金がかかります。道具も稽古代もそうだけど、お付き合いとかお礼とか・・・なんかいろいろとかかるんです。そのかわり雅でキラキラした時間も過ごせます。それもモチロンいいけど、節約してアイデア出しながらやるのも結構たのしいものですよ。

d0090959_12555291.jpg


アイデアを出そうとすれば人間、積極的に考えるようです。自分のやりたいことと足りないことがはっきり見えてきたりもします。その方が書道を長く続けられるという人がきっといると思うんです。お稽古っていうよりも活動っぽくなると思うけど、そういうお教室を運営するのが私の目標の一つ。一人カルチャーセンターです^^お金もかけずにいろ~んなことに触れながら、でも基本は厳しく!っていう感じ。

そんな10年越しの目標ですが、もうちょっと頑張ればスタートできそうな気がする。この構想にいい顔しなかった人たちを、鼻で笑った人たちを、ぎゃふんっ!といわせなくてはね(笑)。ブログは夢を持ち続けるのに励みになっていいです。
by narinya | 2009-10-20 13:46 | 展示会 exhibition2 | Comments(10)


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ