ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:展示会 exhibition7( 7 )

篆刻☆猫シリーズ


夏に開催したグループ展、その名も「猫ざんまい展」に出品した篆刻です。猫シリーズで3点作りましたが、これでひとまず最後の子をお披露目となります。

d0090959_1126961.jpg

猫やらハートやら… かわいいテーマでこれからも作りますよ~。真面目な篆刻も(勉強のため、基礎体力強化のためにね!)しなきゃいけないんだけど。。。

でもねぇ、よくよく私ができることと、したいことと、すべきことなどを考えた時に方向性っていうの?それは自ずと決まってくると思うんです。もう立派な先生方は沢山いるんだし、真面目な書作品はそういう方にお任せしてですよ(^^;; 私は何やら楽しげなものを作って発表していった方がいいのではないかな~と。

そこがまさに「書家」と呼ばれる人にはなれない私のコンプレックスであり、個性であり…。コンプレックスっていうと良くないものに聞こえるけれど、それがなくなったら人間成長もないのよねぇ。

d0090959_1154384.jpg

そのあたり20から30代半ばまで(って最近までなんだけど^^;)ずいぶん長いこと悶々としました。でも、自分ができる範囲で頑張ればいいと割り切ってから気持ちもだいぶ楽になりました。それで最近は気を良くして石に猫なんて彫ってるワケです(笑)

この作品は展示会で売れました~\(^o^)/ では皆さん、今後の篆刻作品も乞うご期待です~。ご機嫌よう〜。


by narinya | 2012-10-08 09:16 | 展示会 exhibition7 | Comments(2)

篆刻☆猫シリーズ


d0090959_8361361.jpg
ネコ展で発表した篆刻猫シリーズ第二弾(=^x^=) これもハガキサイズに仕立てました。フレームは無印良品のもので両面使えるタイプです。シンプルだしお手頃なので気に入ってます。1000円なり。


どこが猫シリーズなのかわからない?よく見ると、細かい柄の中ににゃんこが隠れているんですよ。


d0090959_23411861.jpg
これが彫った石です。石も並べて展示しましたが、お値段はフレームの方じゃなくてこの石だと思う方、石込みだと思う方、たくさんいました。でも、名前印ではないので石自体を売るのは今のところ考えてません。版画も刷ったものを購入するのであって版木は買わないですよね。それと同じです。

はんこをおした作品は複数販売可能ではありますが、ある程度の数しか売るつもりもありません〜。いつも違う姿を見せる努力がなくなったらものづくりする人間としておしまいだと思うからです~。


by narinya | 2012-09-24 23:33 | 展示会 exhibition7 | Comments(4)

篆刻☆猫シリーズ


d0090959_4541255.jpg
猫ざんまい展に出した篆刻作品です。


篆刻で彫るものは絶対に字でなければいけないというわけでもありません。材料だって石に限らなくて、木材や焼き物でもできます。もちろん、篆書体で刻することで発展したものなので篆書の漢字を彫ることが基本だし名前の由来なのですが、印章と考えると象形や文様だっていいわけで・・・。その範囲はずいぶん広がりますよね。

伝統に則したことは大事だし意識的に守るべきだと思います。でも、篆刻印の実用性って現代の生活の中には特にないし。それは認めないと^^; 書道や絵をたしなむ人が使う落款印や遊印としての需要だけでは、維持も発展も難しい時代ですよね~。

d0090959_15412092.jpg
こちらが石そのものです。2.9×4.9cm。大きめな青田石を自分で切ったのでイレギュラーな大きさです。上の印影作品はだいたいハガキの大きさです。


篆刻は普通、印面(字などが彫られた面のこと)を見せて陳列します。今回の猫展でも印影(印泥をつけておされたもの)の横に置きました。本来なら石の側面にも側款(絵や書でいう落款部分)を彫るのです。その石をまさに作品としてお披露目するのですね。

でも今は、おされた印影がいかに作品として成立するかも考えるべきでしょうね。一般の鑑賞者にうったえるには書や篆刻を伝統的にしていてるだけでは厳しいと思う。それは無くなってはいけないし、基本なので私もやりますが、でもそれだけでは閉鎖的だし展望の面からみて危機感が満載じゃないですか。

デザインとしての書芸術は今後もっと需要があると思います。それにはハングルはとても優秀な文字です。篆刻もハングルで作ると超イイデス。平仮名にはない力があるよね。普通に書道やるにしてもデザイン力は必要なのに書道教室ではなんでデザインを勉強する時間がないのかな?不思議ねー。

***********

来年、年明け早々に篆刻中心の展示会します。「彫って押す」ことに焦点をあてて楽しく構成したい。体験コーナーなども設けるつもりだし、小物も販売してみようと思います。勉強の発表会みたいなのではなくイベントだと思ってやる!だけど勉強は大事なんだと通じるようにがんばる!!!


by narinya | 2012-09-16 18:49 | 展示会 exhibition7 | Comments(4)

猫ざんまい展☆終わりました


途中で会期延長をして、そこから新聞のギャラリー案内欄に載ったりと>^_^<独特の雰囲気で2週間過ごしました。グループ展も初めてでどうなるかと思いましたが、とても楽しい時間でした。

d0090959_022480.jpg
最終日、展示会場だったカフェ側からお食事会を開いていただきまして、そのときに撮った写真です。手前がカフェの方々。後ろが作家四人です。耳つき作家が両脇を固めました~♪

一部ですが、改めてそれぞれの作品で展示会を振り返ってみましょう。

d0090959_0242491.jpg
焼き物の中田さん。
d0090959_0263133.jpg
水彩画のひろみヴァイオレットさん。
d0090959_0272042.jpg
洋画の高倉さん。
d0090959_0275991.jpg

d0090959_0414125.jpg

d0090959_0284585.jpg
水墨画と篆刻はわたくし。

程よくジャンルもバラけてお客様には楽しんでいただけたと思います。お忙しい中、一緒に二週間を過ごしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

d0090959_0314947.jpg
猫耳付けるだけでテンション上がります。会場にいる日は日替わりで猫ミミを装着してました~♥


by narinya | 2012-09-06 00:42 | 展示会 exhibition7 | Comments(4)

猫ざんまい展 延長しまする~


会期延長決定!9月4日(火)まで!


展示会詳細やアクセスなどはこちらから!

d0090959_2222185.jpg

by narinya | 2012-08-29 23:41 | 展示会 exhibition7 | Comments(0)

猫ざんまい展 開幕!


d0090959_1344643.jpg
洋画の作家さんが写ってなくて残念ですが、左から陶芸家でめい窯を運営する方、お隣が水彩画のひろみヴァイオレットさん、そして私のお隣にはカサ・イベリアのオーナー。長崎のスペイン文化を代表する田村先生です。皆さん顔出しオーケーだということでご紹介~(^^*)

d0090959_1352098.jpg
三人の絵をミックスしてかけた壁面。猫がテーマでもそれぞれ技法も表現も違います。選ぶ額も違ってミックスさせてみるのも面白いね。グループ展とか、二人展とかは性に合わないのですが、こんな足並みがバラバラでやるのは(笑)反対に楽しいかも~。協調するのは「猫」というテーマのみだもんね。

d0090959_1354391.jpg
4人のうち3人は平面的な作品ですが、そこに陶芸作品があることで展示会に動きが出た感じ。

d0090959_1362482.jpg
細部も徹底的に猫で演出~。こんなパンチを使ってみました。名前は消しゴムはんこで。

d0090959_13123248.jpg
カフェあげての猫一色ぶりもお客様を楽しませています。マドレーヌの上にはこんな飾りが!^^

d0090959_1930640.jpg

d0090959_11244877.jpg
アイスもこんなことに~(笑) 日によって表情が違うのね…。ナイスです。

きゃー!皆さん!猫ざんまい展が開幕して一晩寝たら私にも変化が~~~!!
d0090959_19381490.jpg
なんと、耳が生えました!

d0090959_19431755.jpg
お土産をいただきました(^^*) 猫型ロボットのドラえもんどら焼きです。文明堂製です~。どらちゃんは(100年後に)誕生日なんだねぇ。


by narinya | 2012-08-26 19:50 | 展示会 exhibition7 | Comments(2)

猫ざんまい展


会期延長決定!9月4日(火)まで!

d0090959_9365117.jpg


数日前から長崎県立美術館では、岩合光昭氏による猫の写真展が開催されています。それに対抗するかのように(ウソ 笑)、ひょんな一言から決まったグループ展が長崎市内で開催されます!!!猫好きの作家が四人集まって猫をテーマに展示会をする運びとなりました。


emoticon-0171-star.gif陶芸の分野からはめい窯さんが。「めいちゃん」という猫を飼っていたそうです。
emoticon-0171-star.gif水彩画では、長崎で精力的にご活躍のひろみヴァイオレットさんが出品なさいます。
emoticon-0171-star.gif洋画作家としてカフェギャラリーも運営される素敵な髙倉雅美さんの登場ですよ。
emoticon-0171-star.gif水墨画など東洋風は、わたくし渡邊美奈子が担当させていただきます!


皆さん、個人での活動がお忙しいのですが、その合間をぬって今回の開催にいたりました。打ち合わせもしたのかしてないのか・・・ははは^^ まぁ、猫展なのだからユル~くいきましょう!と息はぴったり。


会期  2012年8月23日(木)~9月4日(火)
時間  11:00~20:00
場所  カサ・イベリア2階

d0090959_9423452.jpg

by narinya | 2012-08-20 21:58 | 展示会 exhibition7 | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ