ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:お出かけ・手作業( 94 )

統営2日目午後② 〜洗兵館 & 統制営12工房〜

統営伝統工芸館で工芸に触れたので、さらに統制営12工房を訪ねるべくホテルの方に戻って来ました。統制営12工房に関してはKorea.netのこちらの記事が詳しいので参考にしてください。


d0090959_19282430.jpg
洗兵館の入り口。



d0090959_1558257.jpg
12工房まで近道だと思って入って行った横の道・・・。



d0090959_16020100.jpg
当然のように道ばたに落ちているコチュ(笑)



d0090959_1605737.jpg
汗かきながら上まで来たらば!道を間違えていました。12工房は洗兵館の中にある施設でした!景色が良かったことは得をした気分で再び入り口まで下ります〜。



d0090959_162376.jpg
入館料を払って中へ〜。私は前回ここに来たときには12工房のことは知らなかったらしい。なにせ家族旅行で義理の両親と一緒にいたので純粋に観光という目線ではなかったからかしら?チャータータクシーの運転手さんが案内してくれたけど12工房のこと話されていたかな?なぜか記憶がありません・・・。とほほ。



d0090959_1631784.jpg
d0090959_164661.jpg
d0090959_1652344.jpg
圧巻ですね〜。ここに靴を脱いであがると涼しい風が吹いてきて気持ち良かったです^^ 坂を上まで行っちゃったからね、そのせいもあったかも〜。



d0090959_1661911.jpg
d0090959_167585.jpg
d0090959_16897.jpg
d0090959_1685589.jpg
d0090959_1693684.jpg
工房のすべて12個は載せていませんが、ここで実際の作業を見る機会もあるみたいです。お出かけになる方はそういう時期に合わせてもいいかもしれませんね^^ 前の日の夕方に統営入りしたとは思えないほどたくさん見物して、すでに数日いるかのような錯覚を覚えました。

お夕飯にお肉を食べたくてさまよう私たち〜。統営にはお肉のお店があまりありません。美味しいお魚も勿論うれしいけれど・・・。でもこんな頑張った日にはお肉食べたいですよね。やっとのことで見つけたサムギョプサル屋さん。親切にしてもらいました。ありがとう〜。


by narinya | 2016-08-22 19:47 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

統営2日目午後① 〜弥勒島海岸散策 & 伝統工芸館〜

統営に着いて2日目は盛りだくさん過ぎて、ブログに載せようにも午前と午後に分けないと〜。そして午後はまた前半と後半に分けなくては楽しい旅のお話はしきれません。美術館と本屋さんを後にして今度は対岸の弥勒島の方へ。海岸沿いを見てまわりました。


d0090959_15212065.jpg
水際で心なしか涼しい?いや、やっぱり暑い。



d0090959_15221245.jpg
あ!ひょっこりひょうたん島がこんな所にありました!



d0090959_15235037.jpg
午前の美術館で紹介してもらった景色のきれいなレストランを探して散策路をのぼります〜。本当にこの上なのか不安になりながらも人の声もするし・・・と思って上がって行くとありました〜^^



d0090959_15245345.jpg
途中で拾った綺麗な葉っぱ。食卓に乗せてお行儀が悪いですね。でも綺麗だったから♡


d0090959_15305116.jpg
わーい\(^O^)/ 洋食です。実は洋食好きなのです。トマトたっぷりの細麺パスタです。前に出てきたサラダも美味しかったし、食後のコーヒーは飲みきれないほどたっぷり。洋食になっても韓国はおなかいっぱい出してくれます。




d0090959_15323977.jpg
食後は歩いて統営伝統工芸館へ。螺鈿細工の工芸品がたくさん並んでいました。本当は螺鈿細工体験工房に行きたかったのですが、最新情報ではそこは閉まったということでした。残念。でもいつか螺鈿は習ってみたいなぁ。専門的にということではなくて、作品に少しだけ生かせたらという程度です。



d0090959_15343677.jpg
d0090959_15354017.jpg
d0090959_15405042.jpg
伝統工芸館には団扇もたくさん展示されていました。持ち手の細工が!素敵!篆刻で石自体に彫刻するのは私の趣味なのですが、団扇の持ち手も彫ってみたくなりました。今年の夏に自宅近所のギャラリーの企画展で団扇を出品したことで、これから夏には団扇の作品をたくさん作ってみたくなりました。それでこの間、あちこちで素材の団扇を買ったりしているのですが、統営でこんなにいい団扇作品を見ることができたのは収穫でした〜。

とにかく、いつも好きなことしか見ないし考えないので、行く先々での起きることや出会う人ごとに私にとってのプラス率がすごく高い!その分?その他のことには疎すぎてトンチンカンなこと言ったりしてますが(笑)。




d0090959_15451657.jpg
d0090959_15421934.jpg
d0090959_15454680.jpg
これはなんていう名前の工芸なのかしら?色んな形の箱型に布が貼ってあります。ヨーロッパの工芸でいえばカルトナージュにそっくりですが、これらはポケットのかわりかな?形がそんな感じです。布ではなくてカタい箱状なのですね。細かな細工と華やかな色合いが素晴らしいアンティークでした。

こんな小さな港町に作家、画家、工芸の芸術が花開くことか不思議だったのですが、いろいろと見てみると歴史的な背景があってそういう土地になったのですね。前に家族旅行で行ったときにはあまりよく知らずに訪ねた統営でしたが、こういうことろで作品とか作ったらいいなぁと感じたので、やっぱりそういう芸術的なものが染みついた土地なのでしょうね〜。

機会があったら行かれたことのない方も統営に行ってみてください。釜山からバスで行けます^^

issue Koreana Autumn 2015(Japanese) に統営のこと載っていました。



by narinya | 2016-08-22 19:22 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

統営2日目午前 〜美術館 & 可愛い本屋さん〜

統営の2日目は丸っと統営だけで遊びました。朝一番で画家の全爀林の美術館へ〜。とても個性的な建物です。


d0090959_125932.jpg
d0090959_12593784.jpg
d0090959_130422.jpg
二階に上がると爀林画伯の息子であるヨングン氏の作品が展示されています。今の時代の爽やかな感じと父親の重厚な作風が混ざった世界でした。



d0090959_130262.jpg
d0090959_1420159.jpg
この正方形のプレート型に絵を描いて集合させる見せ方は父親のスタイルを受け継いでいるようです。焼き物に展開して手軽にショップで購入もできます。メインのギャラリー建物の横には小さいギャラリー兼ショップとカフェがあります。




d0090959_13117100.jpg
とにかく・・・暑いので^^; 涼しいところで休憩はこまめにとりました。こちらのショップ・カフェの方との話がまた楽しくて。他愛ない世間話ですが、あれこれとお喋りできる平和な時間を持てるのも言葉が通じてこそ。

外国語の勉強は好きです。でも漠然とした非現実的な希望や点数で見える成果にはあまり興味はないの。学習の過程で検定を受けることもあるけれど、なんていうか語学の専門家で無い限りは、やっぱりそれ以上に大事なことがあると思うのですよね。こんな平穏な会話や、知り合った大切な方々との縁をつなげたり、知りたいことを調べるためかな♡



さて、美術館の近くには可愛らしい本屋さんもありました。봄날의 책방(春の日の本屋)といいます。

d0090959_12365977.jpg
d0090959_12373063.jpg
d0090959_1238354.jpg
d0090959_12383461.jpg
この写真の本棚は絵ですよ〜^^ テラス席もあっていいんですけど、暑くて外は無理・・・。



d0090959_1239549.jpg
店内には書籍の他に少し雑貨も置いてありました。出版社が経営する本屋で、そのコンセプトが壁に書いてあります。神保町チェッコリに似てますよね。もちろんお知り合いでした〜。笑



d0090959_12412969.jpg
店のガラスにはチェッコリのスンボク代表が関わるブックトークのポスターが貼ってありました。その横には小説家の講演お知らせが・・・。



d0090959_1334223.jpg
小説家이기호氏の講演が翌日、それも統営で、それも我々が宿泊するホテルから歩いて行けるとは。当日参加も全く問題ないとのこと。この日程で統営に来たのも、この本屋さんに来てお誘いを受けたのも、小説好きなお友達との旅だということも、いい偶然ですよね。これこそ個人旅の醍醐味♪

私はそんなに小説も読まず、この作家さんも知らなかったので行ってもいいのかしら?と思いましたが、なんか楽しそうなのであまり深く考えるのはやめて行くことにしました。講演の日は統営から晋州に遊びに行く予定でしたが、講演会は夜ですから間に合います。またこのお話は別の投稿で〜。


by narinya | 2016-08-22 18:45 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

統営1日目 〜街の看板たち & ドンピラン壁画村〜

お友達と韓国は南の地域に旅行してきました。以前、家族旅行で行ったことのあった統営と晋州、出来たら巨済という計画で出かけました。統営には是非もう一度いきたいと思っていたので、お友達に誘いを受けたときに二つ返事でOKでした^^ 

まずは釜山の金海空港に飛んで、そこから統営までの直通バスに乗りました。バスまでの時間で空港のソルビンでかき氷をいただき・・・。先日、原宿にオープンしたソルビンは4時間待ちとか5時間待ちとか言っていましたが、旅の合間にいただけた私たちはラッキーですね。すぐにバスの時間になって一路、統営に〜。韓国の長距離バスはいつ乗っても快適です〜。


統営に着いたら早速、街を散策〜。亀甲船(中は展示物などがあって見学できます)のある海沿い近くは、魚のにおいとクルパン(揚げドーナツに蜜をからめたもの)のお店がたくさんでした。市場の横の路地では看板アート?統一してオシャレな看板をかける一画があって見て歩くのに楽しかったです。

d0090959_1122567.jpg
横棒の母音の角度を合わせて板いっぱいに配置させる感じね〜。ふむふむ。ㅎの丸をあんなに下に置くのは日本人にはなかなか出来ないかなぁなんて思いました。文字ですから、こうあるべき(というか、これはないよねとか)というラインはあると思いますが、固定観念を少し緩めて変化を与える訓練をしないとデザインはできませんよね。そのためにもこうして出かけて色んなものを見て集めることが大事なのです^^




d0090959_11232882.jpg
d0090959_11241623.jpg
この路地の看板たちは、文字のデザインもそうですが素材にもずいぶんこだわっている印象を受けました。この下の写真は何か古い木材でしょうか。文字は書家などの専門家が手がけたようには見えませんが、古い木に白い字がきいてますね〜。




d0090959_11245043.jpg
これまた可愛いイラストです。でもよく見ると群衆とお魚・・・。どんな場面なのかな。きっと何か統営の街に関連があるのではないかと思いますが、私にはわからなくて残念。



d0090959_11251816.jpg
こちらもゲストハウスの看板。今までの木の看板とは異なって金属です。字のもとのデザインは筆で書かれたと思います。デザインも素敵ですね。ちょっとしたレストランかと思いました〜。下の白い字のイウンの穴が横棒になっているのも参考になりました。



d0090959_11255542.jpg
こちらはずいぶん凝ったデザインで、ハングルのポップデザインでよく見かける雰囲気です。このキンサイダー、飲んでみたかったな。



d0090959_11262376.jpg
これも格好いいデザインですね〜〜〜。ソウルのカンナムかどこかにありそうな。



d0090959_11271215.jpg
これは正統な感じのデザインですが読みやすいですね。この字を書いた人は書道をしていると思います。書簡体が書ける人ですね。



d0090959_11274162.jpg
韓国の人は本当に詩が好き。こうして街の中に詩が書いてあるの、都会でも地方でも変わらないんですね。



d0090959_1128952.jpg
韓国民画風の絵が詩の横にありました。木に絵を描くのいいですよね。




d0090959_13502085.jpg
看板が素敵な路地からさらに陸の方へ〜。一本奥まるとすぐに坂になって長崎と似てる^^ 上へあがって行くと壁に絵が描いてある楽しい丘があって壁画村と呼んでます。



d0090959_1314223.jpg
d0090959_13153917.jpg
d0090959_13155993.jpg
d0090959_1349639.jpg
d0090959_13504987.jpg
壁画はもっともっとたくさんありました。全ては載せられないので気になる方は出かけてみて来てね。こんな感じで絵を楽しみながら上がっていくと丘の上に着きます。



d0090959_13563172.jpg
壁画村の一番上には東砲楼があります。石垣にはところどころに穴が空いていて、そこから攻撃したんですね〜。楽しい壁画村ですが浮かれて上れば、やっぱりそこにも日本の侵略の爪痕が・・・。


d0090959_14163055.jpg
夕方とはいえ、歩くと暑い。でも上から見る景色が良かったです。今回の統営の旅ではケーブルカーには乗らなかったけれど、何度か高台に上がる機会があって、上からの長めはそれでじゅうぶんでした^^ 

2014年の家族旅行の様子はこちらのポストから。



by narinya | 2016-08-22 17:44 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

お教室の遠足 日本橋〜京橋〜銀座編

蒸し蒸しと暑い中、日本橋から京橋にかけて遠足に行きました〜。生徒さんと行く…というキャッチフレーズはありますが、ご一緒できる方はどなたでも。



d0090959_13203141.jpg

前回はお店の前まで行って諦めた小津和紙からスタート!


d0090959_1318015.jpg

d0090959_13215344.jpg

d0090959_1317353.jpg
d0090959_13171511.jpg

小津和紙のビルの上階に資料室があります。何百年の歴史を貴重な資料で観覧する事ができます。

和紙に関する展示で見かけた田村正氏によって漉かれた和紙。どこかで聞いた事のある名前と思い、よく考えたら、立川でよく行く書道用品店でたまに紙漉きのワークショップを開いている方でした。


d0090959_13163483.jpg

和紙を活用したものの展示には、大変、貴重な作品もありました。金唐紙という技法で制作された作品が見事でした。


d0090959_1315545.jpg
d0090959_13153024.jpg
d0090959_13145875.jpg
d0090959_19211882.jpeg


とてもとても和紙には見えませんね〜。一度途絶えた技術や製法を蘇らせるなんて…。気が遠くなります。すごいことですね〜。

小津和紙にて予想外にゆっくり観覧&お買い物をして遅めのランチになりました。皆で美味しくお肉をいただいて元気に午後の部に突入です!



d0090959_13265566.jpg

d0090959_13271937.jpg

d0090959_1328356.jpg

遠足のメイン目的を控えてまた寄り道(^^) はいばらの店内を覗いてセンスのいいお品で目の保養をしました。

この遠足のお目当てはリクシルで開催されている世界の文字の博覧会です〜。


d0090959_13122890.jpg

d0090959_1314843.jpg
d0090959_13131965.jpg

アジアからヨーロッパまで文字を追って体系的に紹介、展示されていました。どの文字がどのような経緯を経てその形をとるようになったのかは、書く道具類に左右されることもあったりして本当に興味深いです。

また遠足の機会があると思います。ネットでお誘いできる時はしますね〜。一緒に行きましょう(*^^*)




by narinya | 2016-08-19 17:20 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

銭湯の絵を描いてみました(^^)

生まれてはじめて銭湯絵(厳密にはまだ「らしきもの」)を描いてみました。公衆浴場背景画(ペンキ絵)保存会の主催で、国立のギャラリービブリオで開かれた一日講習会に参加したのです(^^)

d0090959_22434463.jpg


絵を描いたり字を書く人なら誰しも一度は憧れたことがあるんじゃないでしょうか?看板屋さんや映画館の看板描き、銭湯の絵師…。私も子供ごころにその手の職業には憧れておりました〜。

この度、日本に数人だけ残るという現役銭湯絵師の丸山さんのご指導のもと、念願叶ってペンキで富士山を描きました!サイズはA4と可愛いですが、写真で見るとそれっぽい(^^)


d0090959_22424976.jpg
保存会の方々が用意してくれた資料と道具〜。ペンキは赤・青(紺と群青の2種類)・黄色に白のみです。それを巧みに混ぜ混ぜして色を作りながら描きます。


d0090959_22453471.jpg
先生が見本を見せてくださいます!山と水平線に合わせてマスキングテープをはります。小さな作品の時だけする作業だそうです。

デモンストレーションはあっという間の30分未満!綺麗なグラデーションが指の先からいとも簡単に生まれます。私も興味津々(^^)


d0090959_22415277.jpg
そして私も実際に描き始めましたが、ペンキは重くて塗り心地の感覚がなかなかつかめません〜。そして結構、乾きが早い^^; 手早く塗らないとグラデーションが綺麗に出ません〜。空と雲を描くだけでも難しかったですが、それでも少し慣れてきました(≧∇≦)


d0090959_22395986.jpg
あまりにも夢中で塗っていたので途中の写真がありません。一気に出来上がりの写真です。笑 水平線に浮かぶ船だけ先生に描いてもらっちゃった(*^^*)


d0090959_22324074.jpg
最後に、とても80歳とは思えないキレキレの先生と記念撮影♡ 嬉しい〜。


d0090959_22293220.jpg
そして、今日の読売新聞(多摩版)に記事が出ました。なんと楽しそうな姿の私も〜(*^^*) いい記念になりました。
by narinya | 2016-02-08 22:49 | お出かけ・手作業 | Comments(4)

書道用品屋をめぐる遠足(^^)

書道の生徒さんたちを誘って書道用品店を見て歩く遠足に行きました。スタート大久保のキョー和から。

d0090959_13365338.jpg

いろんなめでたい柄がこれまたいろんな色の紙に擦ってある紙を買いました。量が少し多かったので半分に切って生徒さんと分けました。


d0090959_13371251.jpg

それから硯を新しく購入する生徒さんに砥石をお勧め。これも一人では使い切れない量なので3人で分け分け( ^ω^ )

キョー和(新宿)
http://www.kywa.jp/shop-info/shop-sinjyuku.htm


d0090959_1339052.jpg

メインの道具屋さんのつもりで予定に入れた日本橋の小津和紙。なんと!入店しようとしたら… 年に一度の棚卸しの日ということが判明して泣く泣く諦めました。

小津和紙(日本橋)
http://www.ozuwashi.net


d0090959_073354.jpg

d0090959_13511621.jpg

d0090959_13523851.jpg

銀座に向かう途中で有便堂に寄ってお買い物(^^) 小さなお店ですが、品揃えの質が良くて満足度の高いお店です。

日本画の岩絵の具も豊富です。他ではあまり見ない顔彩の色も取り揃えていたりして、たまに寄るといいお買い物ができます。


d0090959_13433086.jpg

そして私は衝動買いでこんな可愛らしいものに手を伸ばしてしまいました(*^^*)


d0090959_13435888.jpg

これは墨をする時に水をすくって硯に落としたり、絵皿の絵の具を溶くときなどに使います。水滴のと同じ事ですが一滴だけ欲しいような繊細な作業の時には、この匙タイプが適しているかと思います。

文化大革命の頃によく製造されていたものらしく、今ではなかなか手に入らないという背景もきいてしまったら買いたくなりますよね。

有便堂(日本橋)
http://www.yubendo.co.jp/index.html


d0090959_13562355.jpg

東京駅と京橋の間にある仮名の紙や筆の専門店。以前と違う場所に移ったので探すのに少しモタつきました。


d0090959_1353437.jpg

仮名はなんといっても紙(料紙)が美しい!きらびやかでゴテゴテキラキラの装飾美も魅力のひとつです。

仮名文字を書くための紙ですが、装飾性の高さから料紙の技術だけでもひとつ立派な伝統工芸です。平安時代にすでに絶頂期を迎えて、王朝や仏教などの場面で発展したわけですが、今となっては仮名書道をしなければ、日本人でさえ料紙の存在さえ知る人は少ないです。

仮名文字のこともその周辺のことも興味を引かないのかしら…。あんなに綺麗で繊細で日本にしかないものなのに、すごく残念です。

新しいものや外国のものはワクワクして楽しいけれど、実は自分のすぐそばにあるものがすごく価値のあるものだった…と、きっといつか皆が気づくのではないかと期待しつつ(^^) まずは自分の生徒さんから普及活動しています。

こきん(八重洲)ー仮名専門
http://www.kokinkana.jp


d0090959_13464972.jpg

最後は銀座につきました。クリスマスに合わせて街中がきらびやかです。


d0090959_13593391.jpg

最後は銀座の慶花堂へ。そこで印の朱肉、すなわち印泥(いんでい)の中身だけ見つけたので買ってみました。

手持ちの印泥がどうしてもゆるくて…。この固めの中身だけ練りこんで混ぜてみようと思って買ってみました〜。

慶花堂(銀座)
http://keikadou.com/sp/index.html


この界隈の遠足は第二弾、三弾と続く予感。まず、小津和紙からリベンジ遠足をしなくては!


by narinya | 2015-12-26 13:54 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

ブロ友さん達と外語祭に行きました

日々あったことを全て誰かにお知らせしなきゃいけないわけではないですが、一応このブログは私のお勉強ブログで、美術のことや字のこと、何か手作りしたことはできるだけ皆さまと共有していきたいと思って続けています。結構、ブログネタもあるもので、少し更新をサボると情報がどんどんたまります〜。

この投稿も、もう何週間も前のことになってしまいました。でも諦めずに載せます^^

11月21日(土)にブログのお友達が外大で韓国語のブックカフェを開催するので、その応援も兼ねて遊びに行ってきました。もうずっとブログを通して仲良くしている皆さんと一緒にお出かけ。大人になっても一緒にどこか遊びに行ける友達がいるっていいですね〜。

学祭なのでもちろん買い食いに始まり、買い食いに終わる。笑

でも、合間には世界のタイプライターの展示を見学したり、いろんな国の字で名前を書いてもらったり、公演を観たり…。いろんな国のことをお勉強しました。写真はズラーッとタイプライターたち。どのタイプライターが何だったかは、ちょっと記憶が残っていませんが、アジアの文字をタイプするためのもので、相当に貴重なもののようです。


d0090959_12294732.jpeg
d0090959_12301656.jpeg
d0090959_12300249.jpeg
d0090959_12310013.jpeg
d0090959_12303829.jpeg
d0090959_12313210.jpeg
d0090959_12315682.jpeg
d0090959_12324317.jpeg
d0090959_12340771.jpeg
d0090959_12342502.jpeg
このタイプライターは、動かすところも見せてもらいました。感動!そんな仕組みになっているとは!

d0090959_12452382.jpeg
世界の手作り体験みたいなコーナーもあって、このタイのお魚さんを作るのに参加。思ったより難しかったわ。でも紙テープで作れるから、たくさん作ったら可愛いだろうなぁ^^ みんなのを集めて記念撮影しました。スイミーみたいだなぁとほのぼの。


d0090959_12423385.jpeg
インドの文化を伝えるお部屋では、ヘナアートをしてもらいました。文様には興味あるのです。文化祭価格なのも嬉しい。なんと!100円でした!それなのに、こんなに凝ったデザインにしてくれて…。ありがとうございました。


外語祭を後にして5人で吉祥寺に出て、井の頭公園に寄って、洋服買って、器とか見て、お洒落な紅茶屋さんに行って、沖縄料理を食べて、最後にソフトクリームまで。楽しい一日でした。韓国語が縁でずっと仲良くしているブロ友さんたちの存在は大きいです。切磋琢磨というか、仲間というか。

ひとえに、ネットと韓国語のおかげです。ブロ友さんたちがいたから10年のブランクがあってもすぐに東京にまた馴染めたんだと思います。みんな、どうもありがとう♡ 来年もよろしくね。


by narinya | 2015-12-14 13:19 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)

綺麗なお餅ケーキ

先月、大阪にお出かけして、戻って翌日は午前にコッソリ習っているもののお稽古に行って( ^ω^ )、午後は前から約束していた韓国のお餅ケーキを習いに行きました。

昨年の韓国旅行でいろいろ手配などを手伝ってくださった先生です。今年5月に開いたカフェでの展示会にも手作りのお餅ケーキを持って駆けつけてくださいました。今回、ご自宅まで講習を受けに行ったのですが、目的はもう一つあって、この間、仲良くしているキムウニョン先生に紹介するためでもありました(^^)



d0090959_01543739.jpeg
先生が軽量も全て終えて準備してくださいました〜。私たちは説明を聞いて混ぜて型に入れて蒸してもらう…。下準備が一番たいへんなのに。ありがとうございます〜。


d0090959_09550509.jpeg
先生のご指導を受けて、こんな可愛らしいカボチャのソルギケーキが完成!上に乗っているのはカボチャですって。中には黒ごまと蜂蜜などを混ぜたものが入っていて、皮はモチモチ、中身はトロッと香ばしいです。



d0090959_01562718.jpeg
先生が見本を見せてくださったのでツルのところもうまくできました〜(^-^)



d0090959_09572815.jpeg
ソルギケーキを作って余った生地で他の形に成形して、それは全てお土産にしてくださいました! コネコネと何かを作るのは本当に楽しいですね。お菓子は楽しく作る上に食べられる!一番の芸術は食べ物ではないかと思ったりもします。

韓国餅を習って、ますます、いつか和菓子を習ってみたいと思います。練りきりで季節感のある和菓子が作れたら何て素敵なの〜♡ まだまだお楽しみのお稽古は先になると思うけど、あたためておこう(*^^*)

一日、楽しい講習を見してくださったM先生、一緒に行ったウニョン先生、どうもありがとうございました。


by narinya | 2015-12-12 11:18 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(2)

橋を渡りました

先日、別の記事に少し書いた「さんみ(三味)茶」のこと。入手したのは、小平にある朝鮮大の売店でした。11月に、隣り合う朝鮮大と武蔵美でアートプロジェクトがあって、期間ギリギリでしたが、ブロ友さんと行ってきました。

塀一枚で隔てられた敷地と人を、この期間だけ橋で繋ぐというものです。写真も撮ったので載せますが、このプロジェクトのコンセプトや制作に携わった人たち、それぞれの思いなどはこちらのサイトに詳しく出ていますから、是非、ご覧になってください。


d0090959_10053952.jpeg
まず、室内の展示を見学しました。


d0090959_12035137.jpeg
準備段階のやり取りが年表のよう。いろんな心の声も書いてありました。


d0090959_12050114.jpeg
制作過程の写真。


d0090959_12054603.jpeg
完成図です。



d0090959_10063532.jpeg
武蔵美のキャンパスから撮りました。

d0090959_10065095.jpeg
塀の向こうの建物は朝鮮大のものです。


d0090959_10140954.jpeg
お友達と階段を登ります。


d0090959_10083400.jpeg
d0090959_10084879.jpeg
境界の塀はあえて表面に少し出るように設計したそうです。

d0090959_10091936.jpeg
朝鮮大のキャンパスに降りていきます。

d0090959_12080694.jpeg
朝鮮大から見た武蔵美


d0090959_10101668.jpeg
d0090959_10103342.jpeg
この札を首から下げて見学することが、橋を渡る条件でした。


d0090959_10105238.jpeg
帰りにはお友達と学生以来?ラケルに行って美味しいご飯に幸せを噛み締めて、あと一歩で家なのに一人でこんなおしゃれラテなんて飲んだりして〜♡

忙しい合間でしたが、ギリギリでも行けてよかった。これからも自分ができることをしていけばいいよね〜、なんて思ったり。いい一日でした。


by narinya | 2015-12-10 07:52 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(0)


最新のコメント
素晴らしい字! ナ..
by hachan7609 at 13:33
★housuiさま わ..
by narinya at 20:55
お疲れさまでした。前進の..
by housui303 at 14:35
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
管理人からおねがい
フォロー中のブログ