ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:お出かけ・手作業( 94 )

楽しい大阪旅行3泊4日 〜後編その2〜

最終日〜。
この日は、飛行機の時間までお仕事♡ ネットを見て声をかけてくださった方に個人レッスンをしました。この日の生徒さんは…なんと!ヘグム奏者でいらっしゃる在日の李美香先生です。伝統楽器であるヘグムは奏者が少ないらしく、日本での演奏家は美香先生しかいらっしゃらないそうです。そんな困難な環境の中でも果敢に挑戦されるとってもチャーミングな先生とお会いしました。


d0090959_1920128.jpg
写真は鶴橋にある美香先生のスタジオのドアプレート。蝶々にお花に可愛らしいデザインですね〜。美香先生から最初に連絡をもらって「教室のロゴはアルファベットで作ったけれど、ハングルでも一つデザインしたい」ということを事前に伺っていました。限られた時間でしたが、リフォームしたばかりの綺麗なこちらのスタジオを訪ねて、まずはお互い初めましての挨拶から〜(^^)

メールのやり取りでも感じましたが、これまで一途に芸術に打ち込んで来られた情熱が伝わってくる方で、わたし実際にお会いするのがとっても楽しみでした。


d0090959_19251812.jpg

d0090959_19254146.jpg
在日の先生で長年にわたって民族教育を受けてきて書道も長くしたけれど、これまでハングルを筆で書く機会は一度もなかったと、そしていつも書いてみたいと思っていたと話してくださいました。ですからハングルの二つの書体の基礎を説明して響のハングルを書く練習から始めました。



2004年に、韓国語を勉強したうえでハングル書道を習うと決めた時に、同時に、その10年後の目標も二つ立てていました。「10年後」とは、ちょうど今ですね。
①韓流ブームも何年か過ぎた日本にはきっと韓国語学習者が増えているだろう、その頃なら、語学の学習からさらに進んで韓国の文化にも興味を持ち始めた日本人も増えているに違いない、そういう人たちを対象にハングル書道の指導をしよう。
②長く漢字や仮名の書道をしていて表現の幅を広げたい日本人を対象に、ハングル書道の指導をしよう、そういう人たちにとって、もし、語学力がその障害になることがあるのであれば、ハングル書道ができるくらいのレベルまで韓国語の指導もすることにしよう。
この二つのことを念頭に置いて、私は韓国語の勉強を始めました。

そのように指導の対象はあくまでも日本人だったのですが、けっこう早い段階から在日の方々が声をかけてくださったのです。先生を探したけれどいないから是非教えてほしいと。日本人の私でいいの?とも思いしましたが、私がいいと言ってくれる方々、それもいつも仲良くしたいと思っていた在日の方々からの要請だなんて〜。多くの私を好いてくれる人たちを民族的なことで区別するわけでは勿論ないけれど、それでもこうして在日の方々が受け入れてくださるのは正直とっても嬉しいです^^ 


d0090959_19525440.jpg
ジャーン♡ こんなハングルでのロゴが出来上がりました!ハガキの大きさに書きました。データとしてパソコンに取り込んでいろいろにプリントしたらいいとお伝えしました。教室オリジナルのカードとか、大きめに印刷して額に入れてもいいですよね。

この字の母音とパッチムがヘグムに見える!と途中から二人で大盛り上がりで、そこからはもうそのデザインまっしぐらでした。弓をあらわすのはゴールドの線。みて頂いたらおわかりかと思いますが、奇抜なことをしなくても字は美しく書けばそれだけで作品になるという見本のような作品だと思います。少しだけデザイン的な要素を盛り込んで目を楽しませる変化をつける・・・。

筆文字は音楽に通ずると思っているのですが、音楽家の方だけあって立派に完成されて私もとっても嬉しいです〜。


美香先生は12月13日、第一回奚琴ヘグム演奏会〜響〜を準備されています。私は翌朝からお仕事があるので無理なのですが、関西方面の方々で深く文化に触れたいという方は是非お出かけになってヘグムの響きに包まれてみてはいかがでしょうか〜♪


by narinya | 2015-11-20 21:14 | お出かけ・手作業 | Comments(2)

楽しい大阪3泊4日 〜後編レポ その1〜

引き続き大阪旅行のレポートです。

3日目〜。
まず、ランチにお誘いしていた通信の生徒さんと会って美味しいご飯をいただきました。関西にいる方でまだ会ったことがなかったのはこの方だけでしたので、今回、ぜひ会いたいと思っていました。京都の楽しい生徒さんとは先日、東京でお茶したし(^^) 奈良のこれまた熱心な生徒さんは国立に何度も来てくださってつい先週にも個人レッスンをしたところでした。ですからこちらの一度も会う機会のなかった方に会いたかったのです〜。

習う側が訪ねて来てくれたらそれはありがたいけれど、なかなか全ての生徒さんが自由に動けるとも限らないし、そもそも通信でしているのですから遠路を移動するのは困難なのでしょう。お一人のためだけには旅費と時間の関係で私にも無理ですが、何かと理由を作ってできるだけ他の地域の生徒さんには会いに行けたらと思っています。それが私の仕事の一部でもあるのかな…とも思います。


午後はホテルの小さな会議室を借りてハングル書道に触れていただく時間を設けました。


d0090959_1516592.jpg

d0090959_15163635.jpg
前半の時間は一般の方々に、後半の時間はすでに習われている方のスクーリングの時間に当てました。

季節ごとに一編の詩を書くコースの生徒さんが知り合い二人と参加されました。三人とも書道の先生です。同じ指導者の方がいると私も自ずと気が引き締まりますね。皆さん、教え方がわかりやすいと言ってくださるのが励みになります。なかなかうまく書けない方に教えることも好きですし、こうして専門的にされている方に何かお分けすることも好きです。

私はどちらかといえば天性の感覚の持ち主ではありません。それはそれは素晴らしい先生はたくさんいるものでして、私は明らかに違うなとよく感じていました。ですから、うまくできるようになるまでに試行錯誤を繰り返してたくさん練習するタイプなのですよね。でもその際、発見も多くあります。すると誰かにこんな有効なことあったよ!と言いたくて仕方がなくなります。それが教え方が上手と言ってもらえる理由なのかなと自己分析しています(^-^) 訊かれていないことまで一生懸命に伝えようとして暑苦しい時も多いけど。笑


d0090959_1528522.jpg
後半の時間には前の晩にも会っていた大阪のお姉さんと、こちらもこのブログを通して長〜いお付き合いのEさんと、書道の先生方三名さまと一緒に夜ご飯を食べに行きました〜。私は予約もせずにノンビリ構えていたのですが、通信の生徒さんがその場でちゃちゃっと手配をしてくださったおかげで美味しい韓国料理にありつくことができました♡ カムサハムニダ!

書道の話からKポップの話、韓国語学習の話など大いに盛り上がりました。皆さん忙しいので、たまにでいいと思いますが、こうして楽しい時間を共有できる機会が今後ふやせるようにしたいと思いました
(*^^*)

それに書道として地道にされてきた方々とは話が通じて楽しいです。やっぱりちゃんとやらなきゃ書けるようにはならない、深く勉強することで得られる審美眼とでもいうのかな、そういう価値観のことが互いに理解ができるので楽しいし、ああ、字は真面目にコツコツとが王道だよね!と感じることができて心強い〜。

ちょっと長くなっちゃったので4日目のレポはまた別記事で^^ 最終日もワクワクな出会いがありました。人はそれぞれが信じる道を進んでいれば会うべき人に会うようにできているのだなぁと思います。
たくさんの方とのご縁に感謝感謝です。
by narinya | 2015-11-19 15:51 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

楽しい大阪 3泊4日 〜前編レポ〜

私、基本的に旅は好きです。荷造りもあっという間で、いつも出かける直前にします。今回の大阪旅行をしたのは、今後、関西地区で何かできたらいいなぁと思ってその地固めと、書道の生徒さんがすでに6人ほどいるので会いたいということ、見たい展示会もあったし、家族みたいに長年知っているお友達に会いたかったことが理由です。

で、これ全部叶いました。というかそれ以上でした!生徒さん以外の方々にハングル書道の紹介(少しだけだったのが申し訳なかったけど)ができたし、素敵な方に個人レッスンの依頼を受けて私にとっても貴重な時間と出会いになりました。お世話になった皆さまに心より感謝したいと思います!


まずは初日。
朝に飛行機で着いてホテルに荷物を置いてからさっそくお出かけ。20年ぶりのお友達に会いました♡ 子供の時にはいつも一緒に遊んでいたので私は姉妹みたいな関係に感じてます。長く会わなかったけど全然平気でした。また会いましょう〜。


d0090959_1485377.jpg
20年ぶりのお友達を連れて構わずに私の予定に付き合わせてとある展示会に行きましたよ〜。昨年、韓国はパジュツアーにご一緒した建築家の光嶋裕介氏のドローイングを中心にした個展です。


d0090959_144399.jpg
会場の写真はありませんが、購入したポストカードでご紹介。アジアンカンフージェネレーションのツアー舞台演出を手掛けて、今回はそのプロジェクションマッピングの原画なども展示されていました。

パジュでご一緒した時にいつでも持ち歩いているスケッチブックを見せていただいたり、そのツアーではこれからの建築に関するトークイベントがあったのですが、その中で話されていたことなどを思い出しながら鑑賞しました。一口にドローイングと言っても決して習作のようなものではなくて、建築家としての歩み、普段の観察と記録、これからの希望に満ちた作品でした。とっても素敵でした。

お友達とお茶もしたかったけどちょっとお疲れの私…。ホテルに戻って休んでから終わらなかったお仕事を少しして、久しぶりに手足をちゃんと伸ばして寝られることに興奮……する間もなくスヤスヤ寝ました。


そして2日目。
これまた家族同様、いやいやもう家族です♡ 同じ家にホームステイしたシスターズの一人と会いました〜。日本全国、そして海外にそんなシスターズが総勢10人ほど。 その中でもいつも仲良しの彼女とランチにお茶。始終ホストファミリーの話、通った高校の話などで盛り上がります(*^^*)

そんな彼女と一緒に来たお嬢ちゃんを引き連れて見たい展示会の二つ目。みんな私の希望にお付き合いしてくれて本当に感謝してます。

d0090959_4172873.jpg
鶴橋の観音寺文化会館で開かれていた画家の金斗鉉さんと東條琴枝さんのみずみずしい水彩画の世界を堪能しました。二週間の展示期間中の来客数は2000人だそうです。すごい数ですね。それだけの人があの綺麗な世界に触れたことが素晴らしいと思います。


d0090959_1283046.jpg
こんな素敵なカードをいただいて来ました。作家さんは皆さんに囲まれてお近づきになれなかったのですが、作品を拝見したので十分でした〜。それにお腹空いちゃって!笑 お昼ご飯食べに繰り出しました。


d0090959_1405243.jpg

d0090959_1413847.jpg
大阪ならではという私のリクエストで串揚げのお店に連れて行ってもらいました。美味しかったのにもっと食べられない自分の胃が恨めしい〜。普段から胃を鍛えたいと思っているけどどうやって鍛えるのかわかりません。成果は出てるのか?丸くはなってきてます(≧∇≦)


d0090959_1463290.jpg
とかなんとか言いつつ串揚げの後はケーキとコーヒーもいただきましたけどね。


d0090959_2123559.jpg

d0090959_213710.jpg
少し観光チックなこともさせてもらって楽しい再会は終わり…。でもまた会う約束をしてさよならしました。


さてさて、夜はまた別の方々との会食です。ずっと前からこのブログで仲良くしているお姉さんと合流!そこで上の絵画展を開催するのに尽力されたイベント会社の社長さんをご紹介いただきました。今後、展示会とか東京と大阪の二箇所くらいはしたいという希望があって引き合わせてもらったのです。


d0090959_1584537.jpg
つくね〜。今までで一番美味しいつくねでした。こんな美味しい創作鳥料理屋さんでお食事しながら色んなお話聞かせてもらって、私の拙い話も聞いてくださって…。もう本当に一人では何もできないんだと改めて思いますね。皆さまの協力がなかったら私こんな不安定なこと続けてこられなかったと思います。

今後すぐに展覧会とかはまだ無理ですけど、少しずつ基盤を固めて小さな講座やワークショップから始めていきたいと思います。来年以降、関西地区の皆さまにお会いできる機会があると思います。どうぞよろしくお願いいたします♡


3日目はミニワークショップ、4日目は飛行機直前まで個人レッスンをしました。その様子は後編レポに続きます〜(^o^)/
by narinya | 2015-11-19 02:24 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

銭湯絵師 丸山清人氏のライブパフォーマンス

2015年9月27日。国立にある一軒家ギャラリー・ビブリオにて開かれた銭湯絵のライブパフォーマンス。80歳を迎えてもなお現役絵師として活躍中の丸山清人氏によるイベントです。


d0090959_22521117.jpg
こちらは完成作品。



d0090959_2253619.jpg
富士山にの片側に影をつけていきます。


d0090959_22542826.jpg
二階ベランダから見物。いい席をとりましたワタシ^^


d0090959_2256649.jpg
空に雲を描いていきます。刷毛でサササッと描くだけで雲が出てくる!


d0090959_22573194.jpg
山の手前の雲と霞をかき分ける技〜。


d0090959_22582559.jpg
しなやかな身のこなしも美しい♡ 水面のグラデーションをつけた後、浜辺を描いています。


d0090959_2305827.jpg
岩を描き、木を描き、船を描き…。絵の具はペンキです。赤青黄の三原色に黒と白。そこに空と水を描きわけるための青がもう一つ。これだけで全ての絵を描くのだそうです。


d0090959_2314886.jpg
チョイチョイっと松を数本ほど生やして水面に船を浮かべます。自由自在ですね!


d0090959_2322267.jpg
完成した絵と一緒に。素敵な笑顔ですね。こうして元気に現役で絵を描いて素晴らしいですよね!憧れます!

このライブパフォーマンスの後に年明けのワークショップを募集していました。看板絵に憧れていた私は迷わず申し込み!とにかく描いてみたい〜。



by narinya | 2015-09-28 23:03 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

日韓大学生交流書展が8月16日〜18日で開催されました


ブログで先日からお伝えしていた日韓国交正常化50周年記念事業として、日本と韓国の大学生と大学院生による交流書道展が文京シビックセンターで開催されました。


d0090959_23512512.jpg
日本の国際書画芸術協会の先生、釜山の国際交流書道協会の先生、この事業を委託した公益財団法人日韓文化交流基金の理事、日本側と韓国側の学生代表それぞれ2名ずつがテープカットをして開会しました。



d0090959_19162263.jpg
d0090959_19163136.jpg
d0090959_19163841.jpg

会場はギャラリーシビック。広くてきれいでいい会場でした。写真は出品された両国学生たちの力作です。ハングルあり漢字創作、臨書あり。会場の写真はブロ友のTさんより提供。



d0090959_12021633.jpg

上の5点が先日私の作業室で指導した作品です。イムチュヒ先生の教え子たち早稲田の5名です。可愛いさが前面に出ていましたが評判はそこそこ^^ 悪くはなかったです。特に話題騒然⁈ まさかの「ともだ친구」が注目を集めてました。



d0090959_12020832.jpg

5月のTama Cafe個展に来てくれた武蔵野大学の学生さんとそのお友達2人も参加してくれました。

d0090959_02003254.jpg
場所を懇親会の会場に移して皆んなでお食事〜。前在釜山日本国総領事で現日韓文化交流基金の理事でいらっしゃる余田幸夫氏の挨拶がとてもよかったです。

今回、書道を通じての交流をしたけれど、字がうまく書けたとか書けないとかいうことではでく、若い皆さんがあるがままの姿を見せ合って親睦を図ることが一番の目的だということを強調されてました。困難もあるけれど明るい未来が期待できるというご挨拶でした。

日本語と韓国語の挨拶を聞いていて、韓国語だからこそいいなぁという表現があったり^^ やっぱり外国語はその言葉ごとに魅力があって翻訳じゃ完璧には伝わらない感情ってあるなぁ…なんて思いながら聞き入ってしまいました。



d0090959_19161117.jpg

食事後はまた展示会場に戻って揮毫がありました(揮毫とは皆の前で書くこと)。20人くらいが揮毫したのではないかな。こんなにたくさんの人が揮毫する会は初めて見ました〜。通常は先生が一人でデモンストレーションしたり学生代表で数人…ということが多いかと。でも今回は両国の学生がたくさん参加した書道展だったから揮毫を披露し合うことが行事の一つ演出となってとてもよかったです(*^^*)



d0090959_01575331.jpg

まずは日本側の国際芸術書画協会から先生が揮毫されました。飛白体という恐らく平筆を用いて書いたであろうと言われている書体で書かれました。飛白体は確かに平筆や刷毛で書かれたもののようであるけれど、私には加えて板状のものも用いたようにも見えます。わかりやすいところでいうと、中華圏にある花文字の道具や筆法に影響が残っているような…。



d0090959_01580132.jpg

釜山の国際交流書道協会の先生の揮毫です。恵風と大きく書いて両脇に画賛と落款も書き入れての完璧な構成。歐陽詢の宮成九禮泉名の中に出てくる言葉です。こちらの先生は、この言葉を葉書サイズに書いて額に入れた作品を日本の学生全員に記念にプレゼントしてくださいました!



d0090959_12022495.jpg

学生たちの揮毫風景です。半切1/2ですから大きさは約35㎝×70㎝で縦横自由です。自分の判子もおしてその場で一枚で仕上げます。もちろんこの日のために練習して来ていますが、オーディエンスがいて慣れない場所で書くことがどれだけ大変か〜。挑戦する姿勢に拍手を送ります〜。



d0090959_19272468.jpg

日本側の学生代表の一人でテープカットをした学生の作品。大学院生です。「知足」と書かれてあります。書体でいったら隷書体です。素晴らしいですね!



d0090959_19273312.jpg

こちらも日本側の学生の代表でテープカットした学生のものです。「行き合いの空」と読めますよね。このように漢字と平仮名で読める言葉を書くジャンルがあります。夏から秋に変わる空が好きで、行き合いには出会うという意味もあるからこの行事に合わせて選んだとお話してました。しっかりとしたコンセプトがあって良いですね^^


******************


上の読める作品のことは漢字仮名交じり文、近代詩文、調和体などと呼ばれていて、ジャンルとして認識されてからまだ新しいものです。このジャンルを書くための書体というものはありません。それまで勉強した様々な書体と筆法をもとにして書くので、考えてみれば型がない分、究極な表現世界と言えます。

ただのデザイン筆文字の次元なのか、自己表現として作者の哲学や生きざまが盛り込まれたものか。それが見る人に視覚的に訴える力を持っているか感動が伝わるかが課題です。

気持ちがあることは当然の前提ですが、気持ちがこもっていればいい字だと言えるかといえば言えないと私は思います。精神面の修練とそれを表現して伝達するための技術鍛錬は車の両輪のような関係で、どちらか一つだけを取り出しても意味をなさないのですよね。

書写だけ真面目にしていても不十分だし、技術の向上をせずに表現だけしていても不十分なのが書道の一つの側面です。何が書道なのかは私の中で答えが全然でませんが、練習と創作は切っても切れないものだということは多分そうだと思います。語学と同じでインプットしたものしかアウトプットできないということでなないかな。

それでもアウトプットだけやるんだ!という人は、それはもう現代アートの領域に近くて、墨色がいいとか偶然出てきた線がいい感じに見えるとか、自分自身がアート作品として存在するとか…そんなことになってきますかね。ジャクソンポロックとかの世界観?

アーティスティックな雰囲気は一般の人が憧れるし、今の時代はそんなことがますます流行るのだと思います。でもそれは何だか薄っぺらい感じがして私はちょっと気持ち悪い。。。作る側も見る側もナンチャッテでいいなんてお手軽すぎる〜みたいな。

お手軽で気楽なことは悪いことではないけれど、成長というものに欠けるように思います。こんなことを言い始めると批判めいたカタイことをいう人という印象になるんですよね^^; 全て受け入れて軽やかに生きる境地にいってみたいとも思います。でも性格だからね〜。あ、教える時には優しいと評判ですから怖がらないでね〜。笑

学生さんたちの姿を見て、書道がんばれ!と思ったわけです。皆さんも書道は漢字も仮名も読めないから分からないと嫌がらずに、お願いできるなら勉強して興味をもって展覧会を観に行ってください。専門家はより分かりやすく提供しましょう。互いに協力があってこそ質の高いものが保たれるのだと思います。よろしくお願いします。


******************


書道というからには型があることを忘れない!というのが持論なのですが、今度の土曜日(8月22日)にはハングル書道のこぢんまりワークショップをします。筆でハングルが書けるの?という人から、ハングル筆文字でオリジナルカードをデザインしてみたいという人まで色んな方がいます。もっと情報が氾濫する前に、やはり書道としての面は意識して伝えていきたいと考えています。

で、土曜日のワークショップは私が好きな内容にしてもいいということで講師役を依頼されたので「ハングル書道の書体」にスポットを当てて紹介することにしました。まだ数人参加していただけるようです。よかったらどうぞ。ほねねっと14回目の企画です。


https://www.facebook.com/events/1180263578665727/

d0090959_13203000.jpg



by narinya | 2015-08-20 12:51 | お出かけ・手作業 | Comments(4)

信州も暑かった^^;

d0090959_17123366.jpg


久しぶりの信州!兄家族が住んでいるので身近な所ではあったけれど、2004年に九州に越してからは関東近郊の国内旅行をする機会がなかなかありませんでした。今回とっても久しぶりに行ってきました。安曇野に住む兄家族に会うことと、ブロ友のテラさんのポジャギ展示会に行くための一泊旅行(^-^) ちょっと行きの列車に乗り損ねたりとハプニングもありつつでしたが無事に兄宅に到着。途中で温泉に連れて行ってもらって夜はお肉〜。写真の林は兄宅玄関を開けたら見える、彼らには代わり映えのしない普通の景色。私には憧れの安曇野!という感じなのにね。



d0090959_17124342.jpg

翌朝、テラさんの展示会へ〜。羅山という李朝家具やさんがあります。今回は家具の方ではなくて、同じ方が経営するカフェの方で展示会が行われていました。殺風景なギャラリーの壁面にかけられる作品よりこちらの方が何倍も素敵!もちろん作品として保護する事を考えるとデメリットもあるでしょうが、何のための作品かと考えれば、こういうスタイルの方が自然ではありますよね^^


d0090959_17130034.jpg

軒下にかけられた色とりどりのポジャギが日の光に透けて風に揺れてなんとも言えない情緒を醸し出していました。惜しみなく作品を披露してくれたテラさん、本当にありがとうございます!


d0090959_17130887.jpg

木と木に渡しての展示もかっこいい!木漏れ日を受けて作品のブルーの濃淡にさらなる絶妙なコントラストを与えていていい雰囲気です。それが風に揺らされて一時も同じ形に見えない…。作品ってこういう事だなぁとしみじみ思います。


d0090959_17132201.jpg

会場であるカフェの店内にもいたるところに作品が!全てはお見せできないのが残念ですが、また来年も信州での展示会を予定されているようですから、皆さま是非、実物を見にお出かけになってください〜。


d0090959_17133870.jpg

いつもスラッと素敵なテラさん^^ 針刺しの巨体版でクッションカバーを作ったそうです。写真の後ろにあるのがそれです。その前でご機嫌にLOVEサインをする私たち…(*^^*) いいご縁が続いていてありがたいことです。

d0090959_17364246.jpg

私が作ってあげたおハンコが!使われておりました〜。タグやお名刺に色もさまざま、二種類渡したので用途に合わせて大きさも使い分けてくれて…。嬉しいわ〜。



d0090959_17134859.jpg


そして、せっかく行くなら何かしたい!ということでワークショップにも参加して来ました。他の方に比べて私は縫うのが遅い…。最後までかかりました^^; コースターと針刺しを選べたのですが私は針刺しにしました。色は三色を自分で選んで、最後の一色が決められなかったのでテラ先生に選んでもらいました。真ん中のコウモリは目立つように白で。

会場でちゃっかり写真撮影までしちゃいました(^-^) たまにはこうして針仕事したいなぁ。お仕事頑張って軌道に乗せてゆとりの時間を持てるようにしたい。そのために、遊ぶために頑張ろう〜!

楽しい一泊旅行でした。お世話になった皆さまありがとうございました!



by narinya | 2015-08-08 17:44 | お出かけ・手作業 | Comments(2)

丘の上へ〜

少し前に最近お友達になった方と初めてお会いする方と3人で丘の上にあるギャラリーに行って来ました。

古いポジャギの展示をしていました。


d0090959_21255419.jpg

住宅地の中に突如出現する何とも面白い建物!

d0090959_21261284.jpg


こちらは丘の上APT 兒嶋画廊といいます。


d0090959_21260347.jpg


一緒に行った方たちは篆刻や書をされるのでこの看板の字にも興味津々。なんとも言えない字だね!と話していたら、日本語のできないフランスの作家さんが書いたそうで納得。


d0090959_21285815.jpg
きっとこの木の板が原本だと思います。異空間で楽しいところでした。その日はほぼ私たちしかいなくて、会場でおしゃべりに花が咲きました。なんか…落ち着くギャラリーで私はお泊まりしたかったくらい。

皆さんも機会があったら行ってみてください。西国分寺駅からバスに乗ればいいみたいです。(^-^)



by narinya | 2015-07-30 06:11 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

展示会三昧な一日

気になる展示会がたくさん。美術館に博物館、デパートでの展覧会に個展が開かれるギャラリー…。行きたいと思うものの3割も行けてないのでは…(^^;; 見たい映画も結構あるけどなかなか見に行けないね。


d0090959_12481859.jpg

でもそんな重い腰を上げてこの日はギャラリーデーにしました。一日に3箇所もお邪魔しちゃった(≧∇≦) まぁ、交通費の節約とも言えますけど。まずは田園調布のギャラリー輝山へ。京都の陶芸家の作品を見に行きました。知り合いの同級生ということで何年も前から実はファンだったのです(^-^)


d0090959_12482696.jpg

作品はどれも本当に素敵で可愛い!一緒に展示会をしていた他の作家さんの作品ともいいコラボレーションでギャラリー内は優雅な空気が流れていました。いいお買い物もできたし満足なスタートです。

d0090959_12483762.jpg
作家さんと一緒に写真を撮りました。私も素敵作家女子を目指してがんばろうo(^▽^)o

藤平美穂・中村真紀・林真実子
「女流3作家人展」6月23日まで
輝山(きざん) 大田区田園調布2-44-8
☎︎03-3722-3510
11時〜18時30分(最終日16時)


そしてパパッとお昼をつまんで次の目的地は鶴見です。数人の方から情報をいただいた韓国民画の第一人者、池貴巳子先生の個展です。この度、絵本の絵を担当されたそうです。

d0090959_12485160.jpg

作品は大小、数も多くて見応えがありました。背景の色のつけ方、紙のにじみ止めの処理など、描く際の具体的な話も気さくにしてくださいました。


d0090959_12490517.jpg
写真は池貴巳子先生。

私も何度か民画を習ってみようかと韓国で体験講座を受けたり、ソウルや釜山で先生を探してみたりしましたが、民画ってそもそも習うものなのか?という疑問もあって結局は習いませんでした。

その辺りの疑問を今回、池先生に尋ねてみたりして。ざっくばらんに率直にお話ししてくださってスッキリしました。ありがとうございました。


d0090959_00510436.jpg

記念に何枚か民画のハガキを購入しました。

先生の絵は、かれこれ10年以上前だと思いますが、NHKのラジオハングル講座テキストの表紙で見ていました。毎月の表紙だけではなく、本の中で民画を利用した小さな手作りコーナーもあったのですが、そこが楽しみでテキストを見ていたのが思い出されます。

池貴巳子 絵画展「紅衣の巫女」6月22日まで
横浜市鶴見区豊岡町6-9 サンワイズビル3F
鶴見画廊 ☎︎045-584-7208
11時〜19時(最終日18時)


その後は桜木町でいろいろお買い物をして最終目的地の関内へ〜。桜木町のお買い物は扇子とか紙とか石とか…。カバンがどんどん重くなるけどこの日の予定もあと少し( ^ω^ )

d0090959_12491945.jpg

関内駅のほど近く、ギャラリー楽で開かれいる扇面の展示会。むか〜し墨彩画と工筆画を指導してくださった酒井先生が3点出品されていて見に行きました。

いろんな作家さんのいろんな表現〜。全員が同じ大きさ同じ形の作品を描くから、なおさら違いが強調されます。酒井先生の作品は安定の素敵さ(^-^) 私は上品な作風がやっぱり好きなのです。

会場で先生と合流して夕飯をご一緒していただいて終了。ベトナム料理を食べてデザートまでもりもりいただいてお腹いっぱい。有意義な一日でした。ありがとうございました。

「扇面展」6月21日まで
画廊楽Ⅰ-a 横浜市中区翁町1-3 小原ビル1F
☎︎045-681-7255
11時〜18時(最終日16時)

疲れたけど創作意欲のエネルギー補給になりました。最近は勉強不足なのでそこをちょっとどうにかしないとね。勉強も全てはできないので不足を埋めるというレベルですが…。それでもできるうちにしないとo(^▽^)o
皆さんも梅雨の晴れ間にはお出かけして気分転換してね〜。


by narinya | 2015-06-20 13:37 | お出かけ・手作業 | Comments(2)

銀座にお出かけ


先日の個展で知り合った方に篆刻の社中展にお誘いいただきました。久しぶりに銀座にお出かけ。会場は鳩居堂画廊でやっぱり便利。私も社中展で何度かお世話になった鳩居堂画廊。変わらぬブランド力ですね。そして貴重な作品の数々…。私は何においてもフリーでする選択をしたので、久しく触れていない社中の雰囲気が懐かしくもあり、今後フリーで何をどこまでできるかな…という怖さも感じたり。周りを気にせず欲を出さず進む勇気を持たないとね〜と改めて思いました。



d0090959_17134620.jpg


鳩居堂ってこういうポスターが手書きなんですね!すごいレベルのレタリング。


d0090959_17145455.jpg
d0090959_17141088.jpg

会場の風景を撮影させていただきました。


d0090959_17143454.jpg

印鈕もとても盛んな会で、石材、木材を問わず皆さん独特な装飾彫りを施しておられました。このトンボの作品が大きさもあっていいねぇ〜と眺めていたら、作った先生が話しかけてくださいました。手にとって見てもいいですよと(≧∇≦) 材質はヒノキだそうで思いのほか軽かったです。特別にクンクン香りもかがせてもらいました。鼻あぶらがつかないように気をつけました〜。

やっぱり私も昆虫シリーズで印鈕彫りたい!それに石と木と両方できなきゃね〜!本当に先は長い。趣味の楽しみだけのことはいつになったらできるかな…。もっともっと早くからもっと努力してれば、今頃はあんな趣味こんな趣味を楽しむことができたかもしれないのに。。。ずっと修行ばかりで疲れた。でもやらなきゃね。がんばろ。



by narinya | 2015-06-14 17:10 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

箱根へ遠足


ゴールデンウィークも終わったみたいですね。
皆さんはお出かけなどされたのかしら?
私はちょっと外出したりしながら
でも基本的に作業をして過ごしてました。

連休とは全く関係ない先月の半ば。
箱根で撮ったお花の写真を載せてみます。
一応、一日スケッチ旅ということでした。
同じく絵を描く知り合いと3人で行きました。
誘ってくれてどうもありがとう〜。



d0090959_03001438.jpg


d0090959_03061235.jpg

d0090959_03074306.jpg

まずは箱根神社に。
山の上はまだ寒かった。
お花も葉っぱもきれいなグラデーション。
この小さななんとも言えない色の葉っぱたち。
これ見た瞬間、同時に「描きたいねー!」と。
やっぱりそういうときって楽しいです。
絵や字のこと考えていても許される時間。

お昼ご飯をいただいたあとは植物園へ。
お花がたくさん!
湿地もあってとても良いところでした。

お花の写真がたくさんなので more にしまいました。
ご覧になる方はクリックして開いて見てください。



More
by narinya | 2015-05-07 23:38 | お出かけ・手作業 | Comments(8)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ