ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:画 painting( 124 )

装飾写経

月に4回開けている書画教室。教室というよりは自習室?そこに私が居るから、やりたいことあれば課題は出すし、分からないことは聞いてね!みたいな空間です。継続させる外的な強制力になるものは存在しません。


ですから、時にデザインや作品展開するアイデアになることを提供して士気を高めながらやってます。なので、この贅沢な空間に他の書道会に通う人達などに出入りしてもらいたいのですが…。私が熱心に宣伝してないし営業妨害になってもいけないしね^^;  まぁ、何か探している人ならそのうちたどりついてくれるでしょう^^  


その間、私は変わらず研究と実験と創作に邁進していこうと思います。お教室で3ヶ月ひと続きで「装飾写経」の短期講座を提案してみましたが、残念ながら参加者がいませんでしたので今回は開講しません。


でも、私の勉強も兼ねた教室ですから、企画はそのまま私個人の研究課題に移行しまーす。講座ではソフトパステルを用いて簡単に彩色することにしていましたが、私は中国工筆画で♪ 既成の写経用紙では塗りにくいので、工筆画用の紙に描くことにしました。そして、その上に自分で罫線を引いて写経用紙に作ります。これがやりたかったのです。むふふ( ^ω^ )



d0090959_13430301.jpg
線描きしたところ。上海で買ったスイレンの下絵集を少しアレンジして描きました。




d0090959_23532666.jpg
d0090959_12053274.jpg



いつもより薄く彩色しました。このくらいの優しい感じにして文字と組み合わせる方がやっぱり良さそうですね〜。特に絵の上に字が書かれるわけなので、このくらいにしないとね!ふふふ。



この後、金色で罫線引きます。溝引きするの久しぶり!一回練習してからやります〜。写経用紙になった姿はまた載せますね。きっと綺麗だと思います。お楽しみに〜(*^^*)



by narinya | 2014-03-12 14:17 | 画 painting | Comments(2)

板に韓国民画を模写してみました

先日、神奈川から工筆画を習いに来てくれた方と板にも描いてみようと思って用意して、下処理まで一緒にしました。時間切れで絵を描くところまではできなかったので、それぞれの宿題になりました。その方は帰宅して、すぐに絵にとりかかっていましたよ。途中まで出来たところの写真を見せてくれました(^^)

d0090959_22132587.jpg
まだ買って来たばかりの板たち。文房具屋さんで木版用に売られている普通の木です。大きさは15cm×20cm。ハガキに木版するためのオーソドックスな商品でしょう^ ^




d0090959_16294993.jpg
韓国民画の図録から、この板に描くのに良さそうな構図の絵を選んで「模写」をすることにしました〜。




d0090959_20330298.jpg
もとの絵は紙に描かれたと思われますが、私は木に描くので下地を塗った方が良さそうな部分もありました。塗り方は、工筆画に比べて手がこんではいないのですが、この民画は丁寧に描かれているので、いくらかは慎重に塗る必要がありました。


ここまで塗ってみて分かったこと。木に描くのって楽しい(≧∇≦) それに、同じ絵でも紙と木では、それだけで雰囲気がずいぶん変わるということも発見。以前にも幾つか板に描いたことがありましたが、今回は模写でやりがいがあるからかな? ことのほか楽しいです〜^ - ^



d0090959_01233308.jpg
d0090959_13565425.jpg


そして出来上がり。紙と木の違いもあるし、地の色も異なるのでそっくりそのままというわけにはいきませんが、模写としては頑張って描いた方ではないかと(^^)  だいたい、もとの絵がこの版木の大きさだとは思えないので、この大きさに蝶々の羽根の模様を描き込んだワタシにお疲れ様と言いたい。


花びらの色づけの仕方とか、とても勉強になりました。こんな描き方もあるんだ〜!と思うこといっぱいでした。今度、工筆画を描く時など応用してみたいな。ではまた次のお勉強報告までご機嫌よう〜(*^^*)


by narinya | 2014-03-08 01:45 | 画 painting | Comments(4)

博多で秘密会合(^^)


書道の先生をしているお仲間に誘われてお出かけしてきました。交通の関係などもあり、互いに動きやすい福岡で会うことに〜。年齢も書道の会も活動もまったく異なるのですが、書道や絵で何か出来たら…、それもキチンとしたもので美しく…、という理想が似ているので時々、個人的に交流しています。野望も含めたおしゃべりは秘密の会合のようです。笑




d0090959_11481948.jpg
作業場所を確保して、私が中国工筆画を伝授(^-^)  短い時間に絵を二つほどしました。一つは私が以前描いたもので、もう一つはこの睡蓮の絵で私もその場で線描きから一緒にして基本的な塗り進め方をお見せしました。開いた花で8cmくらいの小さな絵ですが、手がかかる工筆画。その場では8割しか塗れませんでした〜。


写真は、帰宅後に残り2割を描いて仕上げたものです。




d0090959_11480834.jpg
昼食は持ち込みにして弁当やおやつをいただけば気分はすっかり遠足です。この日、ご一緒した方は仮名書道を得意とされてます。もちろん仮名以外もプロですけど!私が言うプロって、師範とか受賞とか弟子の数とか、そんなことではなく、とにかく研究熱心で洗練された実力だという意味ね(*^^*)  


正直、私が仮名の勉強が一番できていないので、構想があっても、まだなかなか形にできないのです。その辺りを相談というか、お時間ある時にでも実験を一緒にしてもらえたらなぁと思って。

リサーチして目が肥えてアイデアがあっても、実際に生み出す「腕」がないと、ただの恥ずかしい人になる世界です(^^;;  勢いだけで摩訶不思議なものを出すのはなんとしても避けたい。

そんな勢い自体がもてはやされる場面も多い時代ですけどね。でも、結局は長続きしないか、最後までその程度ということ。それは私のスタイルではないので、コツコツ腕を磨きます〜。

特に仮名の勉強は今年と来年は集中してやる!おかげさまで、昨年秋にお稽古復帰して以来、順調に進んでおります〜。この調子でがんばろうp(^_^)q





d0090959_11594296.jpg
少なからず賛同してくれる人たちがいてくれることで、あともうちょっと頑張ったら何か見えてくるかな〜とか(*^^*) なんとなく展望もあります。派手なことはしたくないけど、確実なものを…。それでこそ冒険する勇気が持てるというものですよね〜。

いやいや、本当に皆さんのおかげです〜。若い頃には絶対に口にしなかった言葉…。成長したわ〜ワタシ。ふふ。4月からはもっと時間管理して将来をよく見据えて研究と制作の時間を増やします〜。あ、運動もちょっとしたいな〜。そうだ、中国語も〜。ははは、全部はできないね。笑



by narinya | 2014-03-05 17:55 | 画 painting | Comments(2)

牡丹の工筆画が完成しました



d0090959_11572204.jpg


一通り描きまして完成です。
でもやっぱり描き込みすぎた感じがします。
もう少しフワッと力の抜けた感じの仕上がりにしたいんだけどなぁ。
また次に描くときに挑戦しましょう〜。
これはこれで勉強になりました。



by narinya | 2014-02-23 11:58 | 画 painting | Comments(2)

牡丹の続き塗ってます

することがあるのですが、今はこれを塗りたい!笑  何か気になるんだもん^^;  人様に指導したのに私が未完成で放っておくなどオカシナ話ですからね〜。


d0090959_23573390.jpg
お花の続きを…。白の絵の具を塗りました。



d0090959_16134202.jpg
そして葉っぱも下塗りにブルーで塗り塗り。いつもは葉っぱを先に塗るのですが、なんだか今回はお花が先になってしまいました。



d0090959_16085238.jpg
全体に色が乗った状態です。ここからは細かな塗りをしていきます。でもいつもこの先がクドくなる私。サラッと的確な作業を心がけたいです。次は完成作品をお披露目しまーす\(^o^)/


by narinya | 2014-02-22 20:15 | 画 painting | Comments(4)

韓国民画、うちわに塗り塗り。

1月19日には、お教室で韓国民画の入門講座としてウチワに彩色してみました。その講座のみを受講する方も受け付けていますが、すでに通われてる生徒さんに、お稽古にプラスして何か体験してもらいたいという思いもあって開催することにしました^^


毎回、何か違うことをするのは大変なような気がしますが、準備したりするのは楽しいです。毎月毎月、似たようなことをする根気のよさがないんですね^^;


講座を開催するのに、私も一つ塗りながら進めました。私は下地を茶色に染めなかったので、途中でバックを塗ることにしました。


d0090959_00104807.jpg


白いままでもかわいかったかも。でも下のように濃紺でバックをぬりました。この紙は重ね塗りする紙ではないみたいで、ここまで塗り込んだら表面がボサボサになりました。




d0090959_23405836.jpg


でも、なかなかよくぬれました。本当はもう少し素朴な感じに仕上げたかったのですが、塗りすぎてしまったようです。ついついね^^;  やめどきがわかりません〜。



by narinya | 2014-01-23 23:32 | 画 painting | Comments(0)

山茶花を工筆画で


d0090959_912269.jpg


知人からの依頼で描くことになった工筆画、山茶花の手本です。台湾で買った「花卉設色技法」を参考にしました。これ、描いてみて思ったけど、初級の人向けにいい手本になるね〜。

解説の中国語… 読めるようになりたいわ〜。
by narinya | 2013-12-06 09:40 | 画 painting | Comments(4)

お友達の個展で講習受けました

先週末、はじめて久留米に行きました。中国画、おもに工筆画をするお友達の個展に行くためです。長く台湾で学んだ彼女は今はオーストリア在住。道具を揃えるのも表具するのも大変なはずなのに精力的に創作活動をする姿は本当に尊敬します。

d0090959_11293385.jpg
展示会場のえーるピアという施設がまたすごい!市民たちが勉強して交流するのにこんな素晴らしい施設を提供できる久留米っていいな〜と思いました。


d0090959_11303160.jpg
パノラマで撮ったのでちょっと角度が変ですけど、広々とした入りやすい明るい展示会場でした。


d0090959_1121311.jpg
会場で特別講習を好意でしてくれて、私の他もうお一方と一緒に一日かけて絵を塗り塗り…。来場された方々に実演もお見せできて悪くはなかったかな^ - ^


d0090959_2158855.jpg
d0090959_21582993.jpg
d0090959_21585361.jpg

バックの付け方を教わりたくて菊の線描きまで終えたものを持って行きました。バックの完成までは至りませんでしたが教わったように家でやってみようと思います!貴重な技術を分けてくれて本当にどうもありがとう!

和子さん!さらなる活躍をお祈りしてます〜!
by narinya | 2013-11-06 11:45 | 画 painting | Comments(0)

工筆画 カボチャ

ここ数日、旅の記録をアップしましたが、思い出が多すぎてブログ画面的にくどい(-。-; お口直しに近作の工筆画を載せてみます。


d0090959_20153954.jpg


近くや遠くで習ってくれる方に秋のお手本として描きました。ハロウィンのイメージで色はオレンジにしましたよ(*^^*)
by narinya | 2013-10-27 12:00 | 画 painting | Comments(2)

夜桜

もう美奈子流になっちゃってますけど^^; それでもいいの♪と言ってくれる方もいるので中国工筆画も指導する時あります。

写真は、そんなこんなで私から習いたいと言ってくださるためのお手本です。お近くの方には直にお教えしてますが、遠くに住む方にもしていただけるように説明書も作成してお分けしてます(有料ですモチロン^^)。


d0090959_18361048.jpg


見やすいように工筆画キットのカテゴリーを追加しようと考えてます(^^) 不定期ですがお手本が描けたら載せていこうと思います。水墨画や書などをされたことがあれば、説明書だけでもある程度できると思います。

書画で表現の幅を広げたいかた^^ 参考にご覧くださいませ〜。興味のある方はメールでお問い合わせください(・ω・)ノ
by narinya | 2013-07-14 21:57 | 画 painting | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ