ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:画 painting( 124 )

牡丹

少し前からの牡丹の自主練(≧∇≦) 色んな描き方試したり構図も考えたり…。そんな時間をたくさん過ごして、ちょっと自由に描いてみる〜?と思って描いてみました。

もちろん改善の余地は多々あるのですが、まぁ手が自由に動いて一気に描いたということは自主練で得たひとつの成果として自己を肯定したいと思います。夏に向かってガンバロー!

d0090959_053855.jpg

by narinya | 2013-06-27 18:33 | 画 painting | Comments(2)

因州和紙に工筆画を描いたよ^_^

因州和紙の便箋に描いたけど、これはなかなか使えるかも〜。工筆画の専用紙ではないので、彩色の工程を簡略することで耐久性のなさをカバー^^ その分、早く仕上がります。

時間をかけて塗る絵もあれば、こんな気軽さもまたいいですね。使い分けてしていきましょう。

d0090959_18401284.jpg


ガク部分など、桜はもっと赤いのですけど今回はこんな仕上がりで〜。

d0090959_1933910.jpg


線描きまでしたところです。色塗りは楽しいね。小作品を描きためなくては!
by narinya | 2013-06-16 13:21 | 画 painting | Comments(4)

ミックス〜

絵の具で濃淡をつけて筆を前後に動かす方法と、花びらが内側に巻いている感じを表す書き方を私なりにミックスしてみました。

もっとクルッと巻いた花びらが多くてもよかったかな…。春になって牡丹が実際咲く姿を見ましたが、ハンパなく豪華ですよね。もっともっと花びらも多いし大輪です。

d0090959_0495511.jpg

家の中で紙にだけ向かって描いているうちに牡丹から別のものになってきた感じさえしますねぇ^^;
これではよくないね。いつでも写実と写意の両面からアプローチしなくては!

なにごとも説得力と調和があってこその視覚美なのですよね!そういえば私、視覚デザイン伝達なにやらという科を出たんでした^^; 当時は、ただデザインとか広告の見た目だけ言っているのかと思ってましたが、私も徐々に精神がわかってきましたぞ( ^ω^ )

d0090959_0495565.jpg

二枚目のお花は色を少し工夫してみました。花の中央はまだ若い花びらのつもりで明るめに。オレンジから真紅に変わるグラデーションを出そうとしました。でもうまくはいきませんでした〜。なんでもやってみて…ですよね。

このブログには作品も載せてますが、実験や学習中のものを主に載せています。試行錯誤をする皆さんの参考になれば嬉しいし、何かいい情報があれば私にも教えてください♫

ゴールデンウイークも後半。楽しい時間を過ごしましょう〜。
by narinya | 2013-05-04 14:19 | 画 painting | Comments(0)

クリンクリン牡丹の練習(o^^o)

今まで描いたことのなかった技法で牡丹を描きたくて近ごろ熱心に練習しています。その描き方とは… 花びらが内巻きにクリンとなっているタイプです〜。かわいいでしょう?

d0090959_1917192.jpg


実際に牡丹の花が咲いている姿を見ると、こんな風にクリンクリンです!でも描くのに少し時間がかかります^^; 洋画に比べたらなんてことないですけど、早技で仕上がる水墨画のイメージからしたら、これは多少、描き込んでいく感じでしょうか。

この技法を使ったもう少し大きいお花の絵はまた今度…。
by narinya | 2013-04-02 00:18 | 画 painting | Comments(4)

工筆画の薔薇お手本

中国工筆画。図案集から薔薇を描きました。お手本として描いたものです。私自身は本場で習ったことがない技法なので、どうしたって美奈子流になってしまっている部分もあります。それでも日本では、なかなか工筆画を習う機会がないですから、普及の一助になればと思ってしています。塗り絵感覚なので気軽にできていいですよ。

d0090959_3321354.jpg

今年はこの技法の宣伝イヤーにしています。始める方が増えるような作品を作って展示会たくさんしなきゃ!上の手本は通信の方用に作りました。解説見ながらうまく塗れるといいのだけど…。わからなかったらいつでも聞いてね‼

もう、絵を描きたいのか字を書きたいのか自分でもわからない〜^^ でもどちらも同じ感覚で好き〜^^ 篆書の練習も楽しいこの頃。そのうち印作りにも生きてくるでしょう( ^ω^ )むふむふ
by narinya | 2013-03-08 11:54 | 画 painting | Comments(2)

こんな牡丹はどうかな?

これも筆づかいはペタペタする感じです。前回の赤い牡丹に比べると、濃淡をつけたことと花びらの方向に変化をつけたことが異なる点でしょうか。


d0090959_13583545.jpg


スピードに乗って描く描き方なので仕上がりも自然と躍動感がでますね。花びらを描く時に筆を少しだけ前後に動かします。そうすることで濃い色がギザギザに出て、花びらの輪郭にもフリルができます。華やかさもプラスされますね( ^ω^ )


d0090959_3103761.jpg

白黒でもドラマチックな感じがでますね〜。おすすめの描き方です。皆さんもしてみてねん♥
by narinya | 2013-02-19 22:58 | 画 painting | Comments(6)

牡丹ボタンぼたん〜

牡丹の花、練習してます。描いてたら楽しくなってたくさん描きました。ブログにもじゃんじゃん!載せようと思いますp(^_^)q

墨絵の牡丹は色んな描き方があるんです。皆さんはどんな牡丹がお好きかしら?よかったらコメント寄せてください〜♥

d0090959_444770.jpg

グラデーションはあまりつけず。筆づかいはペタペタする感じです(o^^o)
by narinya | 2013-02-14 23:30 | 画 painting | Comments(4)

大きな牡丹の刺繍!

旅先でのモールの中、とあるテナントのシャッターが本物の刺繍でできてました(写真はシャッターの一部分)。

d0090959_23422650.jpg
地は布のようなもので黒。そこに糸で牡丹の刺繍が施されていました。もう少しよく見たかったにゃ~。また今度^o^
※ この写真、下に反射しているのは私の写真加工によるものです。


d0090959_23334627.jpg
で!牡丹と言えば!いま注文を受けているモチーフがまさに牡丹なのです。旅先のお店で牡丹の描き方が充実の本を発見。薔薇の描き方も同時に載っています。

描き方は、没骨法から線描、工筆画法まで小さな本ながら盛りだくさんです。外国は本が安いのでお買い得です。

本の中に青い牡丹が一つ。青の牡丹といえば~、夏に開催した「猫ざんまい展」に出した猫の絵のバックに私も描きました!


d0090959_23335024.jpg
私は長崎で習った長崎南画の技法です。長崎南画って、個人的なイメージですけど結構デフォルメがある印象。

色は中心は鮮やかな青で、外側と薄くなるに連れてグリーンになるようにしてみました。猫ちゃんのバックにちりばめたので大人しい感じです。


d0090959_23335169.jpg
買ってきた本の水墨画は、花びらも繊細なタッチで油絵?と一瞬思ったり…。でも素敵よね。こんな描き方も良いねぇ(^^)

私は使わなかったけど、白色も使って描いてるのね。絵の勉強ももっとちゃんとしたいな~。中国に書とか絵とか習いに行ってみたい。


私が描いた長崎南画の牡丹。以前を振り返ってみましょう!先生の指導のもと描いたものも、やはり意匠が強めです。本の青い牡丹よりも、シャッターの刺繍のデザインに近いですよね~。

過去の作品写真はMoreからどうぞ~❤

More 他の長崎南画の牡丹
by narinya | 2012-11-15 23:56 | 画 painting | Comments(0)

秋~!

日曜日は書画教室をしてきました。スケッチにも水墨画にもいい題材として、ブドウを一房用意してみました。

そこに頼んでおいた柿が枝と葉っぱごと来ました~。通ってくださる方のお庭からやって来たのです^_^

d0090959_3585742.jpg

お教室の中が一気に秋の装いになって、なんかいい感じで日曜日の昼下がりがすぎていきます。

d0090959_3585849.jpg

柿のスケッチはまだしてません。ブドウも輪郭線までしかその場ではできませんでした…。家に持ち帰ったので続きをぜひしたいと思います。柿の葉っぱが芸術的に色づいて素敵です~。

d0090959_3585952.jpg

d0090959_35909.jpg

お稽古したあと、ちょっとお手紙するものがあったので一筆箋に先ほどの柿をイラストにしてみました。

こんな時間が一番楽しいかな。でも、頑張ってお仕事にしなくちゃね!またブドウも柿も絵になったらお見せしたいと思います。

皆さんも秋を満喫してくださいね\(^o^)/
by narinya | 2012-10-15 11:02 | 画 painting | Comments(0)

工筆画の教材づくり


中国工筆画は私が好きな技法です。緻密に描くこの画法には何とも言えない魅力があります。

d0090959_23192791.jpg


学校で専門的に習ってはいないし、工筆画のお稽古も長崎に移ったことで中断してしまいました。でもその後も一人で続けていたので我流ですが少しできるようになりました^ ^

そんな私ですが、最近は習いたいと言ってくださる方がチラホラ。上の写真はベーシックな塗り方で塗ったブドウ。お手本として用意しました。

d0090959_23161097.jpg


そして、これが元になる絵です。専用の紙を上に乗せて小筆で輪郭線を写しとっていきます。

d0090959_2381151.jpg

塗り方の工程を写真にして、それをもとにレシピを作成。通信で習う方々に送りました。うまく説明できてるかしら⁈

技法に慣れると手が速くなるので、そしたらもっと複雑な図柄もできるようになりますよ。ゆくゆくは自分でスケッチから作品にできるといいですね(^_^)v


by narinya | 2012-10-13 10:38 | 画 painting | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ