ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

カテゴリ:刻 seal carving( 102 )

印材


「書道はいつかしたいとずっと思っていた」と言う人が結構多いんですよね。私は子どもの頃から続けてきたので心のどこかでいつかやりたいという気持ちは実感としてよくわからないのですが。

でも話をきくと、余裕が出たら書道で静かな時間を持ちたいとか、やっぱり字はきれいに書けるようになりたいなどの思いがあるようです。作法や教養として文字文化をとらえているあらわれではないでしょうか。一種、憧れる世界でもあるというか。漢字圏で書道が根付いている国ならではのものだと思います。

その中でも意外と人気なのが「篆刻」。書道などに興味がある人には、いつでも人気のジャンルです。字ばかり練習する習字とは違ってクラフト系だし、小さくて自分でデザインできるし、作業すれば作品がひとつ完成する上に実用的なところなどが魅力なのだとnarinyaなりに分析~。

d0090959_9183694.jpg

ぶっちゃけ、篆刻は書道の中でも究極の世界観を持っているジャンルで、彫る上で石と刀を操る技術が必要だし、それ以前に文字デザインと篆書体について造詣を深める必要もあって・・・。けっこうな道のりなんです。私も日頃から漢時代の印を模刻(もこく)するという方法で勉強しているんですよ。

がしかし!教室をしている日本全国の書道の先生が皆、篆刻までできるかといえば全くそんなことありません。それに、印自体が実用的なものとして始まっているし、文人と呼ばれる人々が風流な世界として展開したこともあるので、あんまりお勉強チックにしてはもったいないと思います。だから「篆刻たのしそう~。やりたい~」という感覚は大事にすべきだと思うの。あ、上達を望むなら話は変わりますけど。それは何事もそうさね。

d0090959_9191680.jpg

先日、出張レッスンをしているお宅でこんな印材とご対面。ご親戚で書道をされていた方が以前購入したものらしいと。いい石かどうかは、私も含めて一般人なわけだからあまりこだわる必要もなくて、まずは印材としての石を愛でるということが大事だし、粋なのよね。

印面に字が彫ってあれば十分なのに石に浮き彫りで装飾が施されています。美術品とはそんなものです。現代人の感覚で意味を問い始めたら無駄極まりないことだらけです。でもそれが芸術でもあるので良いのであります^^ 

このレッスンでは初めての篆刻をしているところです。ハングル書道を勉強している方々なのでハングルで印を作っています。石に彫るのは慣れなくて大変そうでしたが、感想は、意外に簡単なプロセスだし、石も思ったほどは固くない!楽しい!とのことです。さて、どんな処女作が生まれますか。完成したらこのブログでもご紹介したいと思います。

篆刻に興味のある方!一緒にやりませんか?私もまだまだ勉強中の身ですから仲間の募集と思って気軽に訪ねて来てください~。お教室に関してはカテゴリーからご覧くださいませ。うふ♪


by narinya | 2012-08-20 21:05 | 刻 seal carving | Comments(7)

名前はんこ チョウチョの紐

約1㎝角の青田石。展示会に来てくれた方が、飾ってあったハンコを見て注文してくれたものです。まず上を斜めに削り、チョウチョが大きく乗るようにしました。といっても、石の大きさ1㎝より外に大きくは絶対になりません。あまり細かいことはしない方がいいと思って、このデザインになりました。
d0090959_21325199.jpg

前回の個展をしたカフェで、今後、ハンコやら宣伝やら小作品などを常時!置かせてもらえることになりました。この飾り彫り、印紐の世界もどんどん進化させていきたい!そのいただけるスペースを利用して小作品がたまったら、またそのカフェでハンコだけの展示会とかもしていけたらと思ってます。秋の風が爽やかなこの頃。止まらず楽しみながらやっていこうと思います。

d0090959_21332263.jpg

納品はこんな感じで。この韓国で買った袋も残りあとわずか。何か袋を考えないといけないのですが、いいアイデアもなく…。ハンコの保護ができて、値段がリーズナブルで、かわいい袋。ないかなぁ。
by narinya | 2011-11-01 22:44 | 刻 seal carving | Comments(4)

模刻の勉強

今年に入ってから模刻の勉強もやることになったのですが、このところ少し慣れてきた感じ。石に左右逆に書くのもずいぶん楽になりました。鏡に映しては修正して・・・の繰り返しがほとんどなくなったからだと思います。
d0090959_23383717.jpg
写真は一部なのですが、やっとこ20個を超えました。もう少しペースを上げて、50個がひとまずの目標です。年内にできたらいいと思うけど、どうかな。ノートも作ってやってるから少し手間がかかってますが、後でいい記録になるだろうから頑張って作りたい。

がんばろう!
by narinya | 2011-06-22 23:39 | 刻 seal carving | Comments(9)

お名前ハンコ

d0090959_15542552.jpgときどきハンコの注文が舞い込んだりします。ネットショップはもちろん、宣伝もしていないので、身の周りの知り合いから頼まれるだけなんですけどね。

どんなデザインがいいですか~?と聞いても、完成のイメージなんて浮かぶものではないですよね。なので、実際に彫るまでに数種類のデザインをして、その中から選んでもらうようにしています。

すると、やはり、この字体でこのレイアウトで一部分はこれみたいにして・・・という感じで^^皆さん要望を伝えてくれるようになるんです。プレゼントにしたいという方が多いので、やっぱりご自身が気に入ったものを差し上げたいのでしょうねぇ。

このハンコも、オーソドックスな漢字のものから手書きっぽいのまで提案してみました。その中で、やっぱり読みやすいものでカワイイものに軍配があがりました。

模刻の勉強をして渋い篆刻作品も、そりゃいいけれど、う~ん・・・普通にスタンプっぽくて気楽な感じを求める方も多いというのも否めません。「春」の字の「日」部分はお花みたいでって、かわいいけど誤字っぽいかな?そのギリギリですが、依頼がある以上お応えする方向です。

字って崇高な芸術という反面、あくまでも実用でもあり・・・。理想は捨てずに自分の勉強はするけど、外に対して面倒なことは言いたくないってところでしょうか~。

今回の印材は青田石1.2ミリ、飾り彫りは桜のイメージで。磨いてキラキラです。
by narinya | 2011-05-01 13:05 | 刻 seal carving | Comments(0)

やっと真剣に!

このブログには「刻」というカテゴリーもあって、「模刻」なんていうタグも以前からあるんです。皆さん知ってました?ははは。なかなか登場することのなかったこの模刻タグ・・・。これからはきっと大活躍!を期待してます。

コンスタントに模刻の修行を数年しようかと~^^ 私が初めて石に字を彫ることを体験したのは中学生のとき。通っていた書塾での行事に参加したのでした。結構遠い会場まで自転車こいで行った記憶があります。

その後は20代後半で「これからは印も彫れないといけない!」と思ってカルチャーセンターに行ってみたり、サークルのぞいてみたり、一人で本見てやってみたり・・・。でも模刻してないからできないわけですよ-。
d0090959_810171.jpg

仁寺洞の先生にお世話になった時も模刻の重要性を感じたのですが、うまいこと継続しなくて。長崎での篆刻カルチャー教室は模刻とは全く関係なかったし。勉強したいのに、どうやったらいいのかわからず今まできてしまいました。

でも今年の目標のひとつとして「模刻」で修行をするつもりです。数年後、素敵な作品を作れるようになりたい。今はまだ理解できないことばかり。手も痛いし、刀の持ち方も直さなきゃいけないし。でも、ずーっと前からやりたかったことだから今回は絶対に継続させたい!

なんか毎日、石のこと考えたり「マイ模刻修行ノート」をどう作るかが頭から離れません~。きゃは^^ ずっっっと先の希望としては、漢字やハングルに負けない、素敵なひらがなの印の世界が作れたらなぁって思うのです。夢がなくなることってあるのでしょうか?一生じゃ足りないですぅ。
(写真はまだ未完成です。。。)
by narinya | 2011-01-26 13:46 | 刻 seal carving | Comments(6)

すごい!すごい!2年間皆勤!

2009年の1月に開講した「旅を楽しむ韓国語」なる講座。NHK長崎文化センターで担当させていただきました。・・・ました、そう。この講座はなくなりました。

講師の問題でも受講生の問題でもなく、センター閉鎖のためです。このクラスの方々の要望もあり、1月から場所を移して韓国語学習メインのクラスが立ち上がりました。

d0090959_15283597.jpgセンターでは2年間楽しく過ごしました。その2年間、24ヶ月間ですよ、一度もお休みせずに通ってくださった方がいます。

3ヶ月ごとの更新時にも「3ヶ月皆勤賞」は差し上げてきました。が、この記念すべき2年間皆勤はもう少し盛大にしてさしあげたいな~と思って。

私ができる物で何がいいか伺ったところ「ハンコ」に話がまとまり、ハングルでの名前ハンコをプレゼントしました。

全貌はお見せしてませんが、今までよりも字も工夫して、袴ではなく韓国で買った袋に入れてみました。

本当はポジャギで小さい巾着みたいな袋に入れたいのだけど、コストを考えると無理そう・・・。女の人が好きそうな可愛い系でまとめたいのですが、何かいいアイデアがあったら教えてください。

変化をつけて味のある字形で彫るってまだ難しいのですが、それでも、昨年秋にハングルのポップを習ったことが少し役立ってます。

画の斜め具合と長短の絶妙なバランスを習ったので、それをちょっぴり生かしてみるだけで自分の中に突破口ができる感じがします。

d0090959_15263284.jpgポップだから書道と違うとか、やっぱり軽くみる傾向は否めません。でも、字は生活の中に生かされるべきだからね。高尚なことばかり言わずに純粋に字を愛することが一番大事です。ただ、勉強はしっかりしますよ、私は。それこそ安っぽい字になるから。

こうして私を信頼して皆勤賞を出してくれる方がいるのだもの。2011年は、去年よりも一昨年よりも、その前の年よりもずっとずっと頑張りたい!

ゴールデンウィークもはさんで、5月には小さな展示会を予定しています。

また改めて告知もさせていただきますが、長崎に旅行予定の方がいたら是非!遊びにきてくださいね。カフェなので一休みもできます^^
by narinya | 2011-01-22 18:32 | 刻 seal carving | Comments(6)

青田のバラ鈕

d0090959_1454194.jpg

お約束ばかりで随分と遅れてしまった印材のプレゼント。でも無事にお渡しできてよかった^^ 

今まで、青田石でバラの飾り(写真の真ん中のです)は彫ったことがなかったのですが今回挑戦してみて・・・どうかな?やっぱり乳白色系の石の方が似合うかしら。磨いたらキラキラしていいかも~♪って思いもしたけど。青田石でもっといろいろ作ってみよう。

今年は、こんな飾り彫りだけ集めて小さい展示会とかしてみたいなぁ。野望ですかね~。
by narinya | 2010-01-16 23:53 | 刻 seal carving | Comments(8)

物々交換

d0090959_17551578.jpg
むむむ・・・写真ではあまりよく見えないですねぇ。彫りをもっと深くしてチョウチョを目立たせたほうがよかったかしら~。お約束から時間ばかり過ぎてしまいましたが、今日はこれからある方とランチしながらやっと!物々交換が成立します!^^オーダーメイドで(っていうと聞こえはいいけど図々しく頼んだワケw)電子辞書カバーを作ってもらったのです。これでテンションあげて韓国語の勉強を・・・したい!やってますと言えないのが情けない^^

ハングルのお名前印。希望いただいたチョウチョの飾り彫りで♪気に入ってくれるかな~^^



d0090959_18471086.jpg

アップで撮った写真もありました~。追記で載せておきます。

角度が違って写っているので線で彫ったところも見えますね。

チョウチョの模様に白のパールで仕上げて、ちょっと華やかさをプラス♪

チョウチョを彫るのもいいけど、やっぱり側款彫る練習もしないといけないよね。。。
by narinya | 2009-10-16 11:31 | 刻 seal carving | Comments(2)

ハングルで遊印

d0090959_10362736.jpg

時間が経つのは早いですね-。この印を作ったのも、もう一年以上前です。何回か彫り直しながら作った印ですが、正直いって一回手前の出来がこれよりもよかったというものです。でも削って彫り直したんだから、どうにも元には戻りません。

でも、丸いっていうだけでちょっとオシャレな感じがして結構気に入って使ってます。春にはこんな小さな作品にしてみました。遊印(作品の落款とは別の空間におす印)としても活躍中です。ハングルで字を書けばハングルのはんこが必要になるんですよね。印材には飾り彫りも施してあります。
by narinya | 2009-10-06 20:59 | 刻 seal carving | Comments(10)

すこし大きめ

d0090959_1253156.jpg

5.5cm角の青田石。人にあげちゃったから手元にはありません。広い面積は刀の跡が目立つので、その部分も装飾的にするほかないということに彫り始めてから気づくという・・・^^;それで刀の角っこで突きながら処理しました。ツルッとした面とザラザラの面の対比が見た目に変化を与えてよかったです。

d0090959_1295561.jpg

横から見るとこんな感じです。くる~っと4面に同じ模様があります。制作したのは4月頃でした。こういうの彫るのにどのくらい時間がかかるんですか?と聞かれることがあります。実際、時間をはかっているわけではないのでよくわからないですが、外出したり家のことやったりしながらチョコチョコ作業して2日間くらいです。

字をねぇ、彫らないといけないと思うけど、なんかいろんな意味で限界を感じるこの頃。漢字と仮名と篆刻の神髄を教えてくれる立派な先生が近くにいないかなぁ。会とかそういうのを超えて仙人みたいな先生いればいいのに。
by narinya | 2009-09-29 14:54 | 刻 seal carving | Comments(4)


最新のコメント
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
これいいですね! 字の..
by Housui at 00:17
★ハーちゃんさま 明け..
by narinya at 16:24
管理人からおねがい
フォロー中のブログ