ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2006年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧

消しゴムはんこで料紙づくり実験

d0090959_1316120.jpg葉っぱみたいな形の消しゴムはんこ↓一つを、濃淡つけて繰り返しおしました。

手作業で大量に作るのは無理だけど自分だけの料紙ができるのは楽しいな。

具引きした紙に雲母でパターンをおしたら、ちょっと唐紙風なんていうこともできるかも。
d0090959_1334927.jpg
by narinya | 2006-10-31 13:03 | 消しゴム eraser | Comments(2)

名前印5ヶつくりました

左から 「千」 「保」 「直」 「清」 「亮」  (9mm角)
d0090959_9173217.jpg
実物は、写真よりも、もう少しスッキリとした線が出てます。ちなみにアタシは巴林石よりも青田石が好き。が、まだ一発で、細くても強い線を決められるという域ではなく、これらも、やっとこさ形にしたというレベル。

アタシが朱文(字が赤くでる)を彫るときは、どうやら印面に対して、字が大きすぎる傾向があるようです。何だか、どれも、窮屈な印象ですね。今後の課題にします。でも、依頼を受けていたものが出来上がって、内心ホッとしました。あとは、これに付ける袴を作らないと。

袴も作りました
d0090959_17524560.jpg
小さいので、中の赤い布は省略。袴がつくと、急にそれらしくなるから不思議。気をつけてやっても、なぜか緩くなってしまいます。なにかコツがあるのでしょうか。これまた今後の課題です。
by narinya | 2006-10-30 17:52 | 刻 seal carving | Comments(2)

名前印の布字(字入れ)

d0090959_1933352.jpg半紙の仮名作品に
つく名前印の依頼は
全部で5ヶありました。

左上から時計回りで
「直」「千」「亮」「清」
「保」です。

辞書の字をそのまま
持ってきたデザインで、
ひねりは全然なし。

まずは、9mm角に
ちゃんと彫れるのかが
問題なので・・・。

                                 彫り上がった作品
by narinya | 2006-10-29 19:33 | 刻 seal carving | Comments(0)

石材をみがく

少し前に、お弟子さん達のためにと、S先生から名前印の依頼を受けていました。
そろそろ、形にしなくては。消しゴムはんこを作って楽しむのは、これを仕上げてからでしたね。

実際に彫る前に、少しの手間をかけてあげるだけで、石材の見栄えがすごく良くなります。

d0090959_14381412.jpg


これは、買って来たままの石材です。

まず、目の細かいサンドペーパーで周りをみがきます。

そのあと、ワックスを塗り込んで、布で磨きをかけると・・・





d0090959_14532427.jpg
こんな感じにキラキラするまでになります♪

写真ではちょっとよくわからないかもしれませんが、確実にキレイになりますよ。

石の模様も、磨く前と比べてみると段違いにはっきり見えてきます。


お時間のある方は、ぜひ試してみて下さい。愛着もわくし、何よりキレイ!!! オススメです。

★注意★ 彫ったあとでは作品に影響してしまいますので、あくまでも彫る前に済ませること
by narinya | 2006-10-27 14:41 | 刻 seal carving | Comments(6)

はやりの消しゴムはんこだ!

手を出すまい出すまい・・・と思ってきたけど、ついにデビューしてしまいました。消しゴムはんこ
他のひとが、落書きで描いた絵を、アタシが(勝手に)消しゴムはんこに仕立てました。
欲しいとも言われてないけど、あげるつもり♪ ハンドメイド好きの、わる~~いクセ(> <)!

d0090959_18195219.jpg石材と違ってビミョーな質感。

ネコのは2ヶ目で何とか形になりました。

木版までは手がまわらないけど、これなら気楽にできそうです。

書道の料紙作りに応用できそうな予感がします♪
by narinya | 2006-10-25 18:32 | 消しゴム eraser | Comments(10)

スケッチ(鉛筆・色鉛筆)  パンジー

d0090959_14205385.jpg数日前にぬり絵のことを書きました。

アタシのスケッチは、自分ぬり絵(なんじゃそりゃ)なので、実はこの段階で満足することが結構多い。

スケッチから先の作品につながっていかないのは、明らかにそれが原因ですね。

ぬり絵を作って、ぬり絵をする仕事ってないのかな~。(あるか!)

幼稚園のときが一番楽しかったのは、切ったり、ぬったり、貼ったり、こねたり・・・そんなことだけで日が暮れていったから。と、ここまで書いたら、今のアタシの生活もそんなものでした。こんな人生でいいのだろうか・・・少し不安です。
by narinya | 2006-10-23 19:01 | スケッチ drawing | Comments(2)

한글로!

오늘부터 우리 집 컴퓨터에 가까스로 한글로 입력이 가능하게 됐어요!
한국어 공부를 시작한지 2년 이상이나 되는데 지금까지 한글 입력을 할 줄 몰랐다니...
by narinya | 2006-10-22 22:25 | 韓国(語) Korean | Comments(8)

ハングル書道  半紙練習

d0090959_148346.jpgハングル書道にも、色々と書体があって、これは 「板本体」 といいます。

文字通り、木版に用いた書体。

書き方は、漢字の隷書体(特に古い時代のもの)に似ています。

簡単そうに見えて、バランスをとるのが、意外に難しい。でも、何となく、それっぽくできました(笑)

意味は "행복은 항상 웃는 마음에서 꽃처럼 피어난다" (幸せは、いつも笑う心に、花のように咲くものだ) です。

やっぱり、ハングルって超かわいい!
by narinya | 2006-10-22 00:19 | 書道 calligraphy | Comments(8)

ぬり絵

アタシは80%くらい、ぬり絵でできているかも知れません。写真は10数年かけてコレクションしているぬり絵の山。主にアメリカのミュージアムショップなどで買います。

d0090959_212882.jpgアタシのぬり絵に対する想いは並々ならぬものがあります。ぬり絵さえあれば、お友達と遊ばなくても幸せ♪という子どもでした。

っていうか、友達と一緒に、ぬり絵をすることになったら大変です。アタシの大事なぬり絵なのに、お友達が線からはみ出して塗ろうものなら、もう最悪・・・。一冊まるごと捨てちゃいたくなるほどのパニックでした。

それ以上に最悪なパターンは、お友達の 「この絵、一緒にぬろうよ」 です。気が弱いアタシは 「そこにその色はやめて」 とか 「もっときれいにぬってほしい」 なんて言えるわけもなく、あぁ・・・もう台無しだ、このぬり絵は終わった、とストレスをためながら遊んだものです。

でも、大人になってからは自分だけで好きにぬれるシアワセ。このコレクションには、動植物から人物記、建物、乗り物などなど多岐にわたっています。大人のぬり絵はこういうものでしょう。近頃はやりの、おとなのぬり絵・・・ 個人的にどうなの?です。日本のぬり絵文化は、まだまだこれからですな~。
by narinya | 2006-10-20 21:02 | Comments(2)

スケッチ(鉛筆・色鉛筆)  キク

d0090959_952295.jpg

工筆画に出会い、日本画のスケッチ法を知り、初めて自分に合う表現を見つけられたと思いました。

これは、深紅の色がきれいで、思わず買ってしまった切り花をスケッチ。

これを拡大コピーして、工筆画の技法で絵絹に描く練習をしました。

その絵はこちらからどうぞ。

興味のある方はご覧くださいませ。
by narinya | 2006-10-19 09:16 | スケッチ drawing | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ