ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2006年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

日本語と文字の装飾性

昨晩の「その時歴史が動いた」は、9世紀、平仮名がどのようにして市民権を得たのか、でした。その後の国風文化につながっていくことを考えると、言葉や文字には、すごい力があるものだなぁ、と改めて思います。

文字絵の記事は、主に漢字の装飾についてでしたが、文字自体を飾るのは漢字に限らず、アルファベットもそれは華麗に装飾されますよね。(ウェスタンカリグラフィーの本もあるはずなのに見つからない・・・クスン)

では、日本語(漢字を含む仮名表現)は?仮名文字を装飾?見ないなぁと思い、調べて見ました。

d0090959_10485666.jpg葦手絵(あしでえ)
平安の中期以降、葦の葉がなびくごとく、画中に紛らわしく文字を描き入れることが流行りました。左の写真では、まだ文字よりも葦の方に形態が近く、文字というには無理が・・・。しかしナゼ、これが流行ったのかしらねぇ?
(← 視覚デザイン研究所 「日本・中国の文様事典」 より ↓)
d0090959_10485624.jpg

右は 「平家納経序品 見返し」 の部分にある葦手絵です。
これには、草などの根元に判読できる文字を書き入れて
いますね~。絵で表現した歌の一部言葉を葦手絵として
書き入れて、その絵とリンクさせてたんです。



↓ 「千歳蒔絵硯箱」 (1991年 東京国立博物館 「詩歌と書 日本のこころと美」 の図録より) 
d0090959_1053745.jpg
鎌倉、室町時代に入ると、画中よりも、蒔絵などの工芸品に多く見られます。

さりげなく文字を配置するより、むしろ、文字自体を絵のモチーフにしているように感じます。文字を飾るのでなく、文字で飾るという感じ。


梅の幹に沿って上から 「君(きみ)」 「賀(が)」、地面の岩に沿って右から 「千(ち)」 「と?止?(と)」 「世(せ)」。 蒔絵の絵であらわされた和歌の一部を抜き出して散らされてます。

こうした蒔絵や螺鈿細工での表現を経て、葦手絵は段々と見られなくなっていきます。そして江戸に入ると文字はデザインの素材のようになり、現代よりも大胆に使われたりしました。文字自体を飾るよりも、文字を材料としてデザインにいかす。きっと、その中で散らし書きも洗練され、今の様な空間の美にまで発展したんじゃないかな~と思ったりしました。次回は江戸にスポットをあててみます^^ 
by narinya | 2006-11-30 10:48 | 書道 calligraphy | Comments(2)

文字絵(文字図)

ラジオハングル講座12月号のテキストに、文字絵で作る屏風風カードの作り方が載ってます。文字は儒教の教えを説いた8文字 「孝・悌・礼・義・忠・信・廉・恥」 意味は例によってフィーリングで(笑)

d0090959_13154231.jpg手前がテキストで、
左奥の2文字は
雑誌「Suッkara」
11月号のもの。

右側が 「孝」
左側が 「廉」
鯉やら蟹やらの
絵も含めて字に
なっています。



文字自体を飾る
ものに、こんな
のもあります。↓
d0090959_1372436.jpg
これは、マール社「金石大字典」の中に見つけた文字です。何に見えますか? 「永」 の字なんですよー。読もうと思えば読めますでしょ?文字の装飾なんて字も絵も好きなアタシには、直球ど真ん中なテーマ^^


d0090959_1372468.jpg右は19世紀朝鮮のもので、すきま風を防ぐのに室内に垂らした布。「李王朝時代の刺繍と布」 という展覧会の図録にありました。ソウルの韓国刺繍博物館で買いましたが、この博物館オススメです。
 
「寿」 の字を、牡丹の花と茎の刺繍であらわしたもので、解説には書いてないけれど、花をつなぐ茎の部分は、唐草文様の影響を受けているかな~と思いました。(見づらくてスイマセン)


よく、「書道と絵、どっちが好きなの?」とか、「この作品は書?絵?」という質問を受けることがあるのですが、実はハッキリと答えられたことないです。でも、アタシの目には、字がまるで絵みたいにうつることがよくあるので、書作品も、ぶっちゃけ「絵です」って言ってみようかな。。。
by narinya | 2006-11-29 13:07 | 書道 calligraphy | Comments(6)

お気に入りの印材たち

かわいい印材をみると、ついフラフラと買ってしまいます。
d0090959_12212587.jpg真ん中の小さいのは、歴史博物館での出店で見つけたものです。印面が米つぶ2ヶ分くらいの大きさです。

本当はストラップにしたいけど、カケちゃうかな、と思ってあきらめました。
by narinya | 2006-11-28 17:59 | 刻 seal carving | Comments(2)

長崎で 「ちくわぶ」 発見

d0090959_22564014.jpg最近、本当にバタバタとしていて、なんだかな~って感じです。

が!そんな中、嬉しいことにスーパーで 「ちくわぶ」 を発見。
長崎ではないと思っていただけに、ウレシさ倍増でした。
今日の夕飯は、ソッコーでおでんに決まりです。ラクちんだし~♪

アタシの、ちくわぶの切り方は、やっぱり斜めです^^
白飯を食べずに 「ちくわぶ」 に集中いたしました。
by narinya | 2006-11-27 22:56 | Comments(0)

スケッチ(鉛筆・色鉛筆)  クリスマスローズ

d0090959_1415233.jpg
いつも季節感無視でスケッチ載せてます。毎日描いているわけではないので、こういうことになります。

名前からすれば今の季節にぴったり。なのに、実際に咲くのは2月くらい。そういえば、なぜ?と思い、持っている「花づくり大百科」を見てみました。

本来の品種は名前通り12月から咲くけれど、今、日本で流通している大半はレンテンローズというものらしい。

イースターの頃に咲いて、この受難節を「レント」と呼ぶのでこの名前がついたんですって~。ほ~。。
by narinya | 2006-11-27 12:37 | スケッチ drawing | Comments(2)

たったの100円でねぇ…

d0090959_156949.jpg
d0090959_156930.jpg100円ショップで、こんなカワイイ形をした印材を見つけましたー。石の種類は青田石とあります。

一通りの彫り方と、書体サンプル集なるものまで付いて100円なんて安いです。そして↑例によって磨いてみました。練習でも、よい材料を使ってこそ上達するという意見もありますが、この誘惑には勝てなかった(笑)!
by narinya | 2006-11-24 15:06 | 刻 seal carving | Comments(8)

篆刻 (雅号印)

d0090959_164010.jpg今まで色々とやってきたお陰で、忙しくても過去のものを引っ張り出してくることができます。まぁ、それが良いか悪いかは、この際別にして更新も大事ですもん。

これは 「素房」 です。アタシの雅号で、これでたくさん勉強させてもらったので大事ではありますが、号に関しても、もっと柔軟に考えていこうかとも思っています。
by narinya | 2006-11-22 16:04 | 刻 seal carving | Comments(8)

遊んでます

ここ数日は結構バタバタとしています。
来月の書道のお手本も来たけど、なかなか勉強する気にならず・・・。
なので、こんなことして遊んでます。ちょっとクリスマスっぽいかな?

d0090959_15345060.jpg下の記事に
チラリと見える
花びら型の
消しゴムはんこ。


5㎝四方の
枠内に色々と
押してみました。

うほほーー♪
とまらない~。
楽しいのにゃー!
by narinya | 2006-11-19 15:49 | 消しゴム eraser | Comments(6)

한국어 수업에 갔다 왔어요  

d0090959_061711.jpg韓国語の授業に行ってきました

제가 선생님에게 수업료를 드릴 때 사진처럼 종이로 포장해 드리는데 요즘은 제가 빠져 있는 지우개 도장으로 그걸
예쁘게 만들게 됐어요.^^
이렇게 놀기만 해서 숙제를 꾸준히 하지 않고요. 근데
수업료가 어느 정도 들어가 있냐고? 그건 비밀이에요~.


私が先生に授業料をあげる時、写真の様に紙に包んであげるのだけど、最近ハマっている消しゴムはんこでかわいく作るようになりました。^^ こうやって遊んでばかりで宿題をちゃんとやらずにです。ところで、授業料がいくらくらい入っているかって?それは秘密です~。
by narinya | 2006-11-18 00:06 | 消しゴム eraser | Comments(2)

グラバー園の唐紙

長崎の出島では復元工事をして、その中のオランダ商館という建物を復元するときには、オランダの美術館にある、当時の模型をもとにしたそうです。その模型には、唐紙が実際に貼ってあった上、資料として別に保管もされていたんですって。それをもとにして、京都の「唐長」で版木(ちなみに唐長では板木という)からおこして作ったのだと 「京都、唐紙屋長右衛門の手仕事」 に書いてありました。

その本には、グラバー園にも 「唐長」 の唐紙が使われているのだけど、余り知られていないとも書いてありました。当時、普通に洋館の内装するのに発注されて、近年、古くなった部分を同じ版木で刷って補うという、生活の中にある本来の唐紙の姿です。

出島の方は、皆さま、よくご存じのようですので、今回はアタシnarinyaが勝手に代表して、グラバー園まで行って見てきました。わかりづらかったのですが、ありました♪ありました♪

d0090959_18284470.jpg旧グラバー住宅の天井です。

ひとしきり園内を見て回ったのに、唐紙らしきものが全然見あたらず、ないじゃ~ん!と半ば諦めモードでふと頭上をみるとあったんです。

風邪で鼻水出て上を向いたら、おおっ!と。(笑)


d0090959_18294819.jpgたぶん、照明の周りが当時のもので、その周りを修復したのだと思うのですが、これは未確認です。

でも明らかに異なる人の手だし、時代もちがいますね。全部張り替えなかったことがまたニクイ~!



d0090959_1759026.jpgで、家に戻って 「唐長の『京からかみ』文様」 という本で探したところ、載ってました。文様は松菱(大)という名前でした。絶対にこれですよね。

この文様の唐紙は、旧グラバー住宅以外にも、旧リンガー住宅の天井にも使用されていました。そちらは天井自体のいたみがひどく、唐紙ごと破れていて・・・。ちょっとかわいそう。



d0090959_1913211.jpgその旧リンガー住宅の天井には別の唐紙もありました。これは手持ちの本では確認出来なかったのですが、たぶん「唐長」さんのではないかと。

この雲母(きら)の光り具合の絶妙なこと。ほんとうにステキです♪♪♪
by narinya | 2006-11-16 17:59 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(6)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ