ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スケッチ  アヤメ(鉛筆・色鉛筆)

d0090959_10444335.jpg

え~、今日はゴールデンウィークの初日ですねぇ。
こちら長崎はいい天気 アヤメのスケッチでものせてみます~
by narinya | 2007-04-28 12:14 | スケッチ drawing | Comments(8)

継ぎ紙(扇面)

d0090959_23322639.jpg
短期間しか継ぎ紙の講座に行かなかったので、そこで作った扇面はこれで最後です。自分で料紙を買って貼り合わせればできそうなものなのだけど、他のクラフト材料とは違うのか、料紙自体をうまく見つけられませんでした。

教室で先生にうかがったところ、染め、具引き、文様、箔など、自分たちの手でおこなっているとおっしゃっていました。お店でも一般的な料紙ならあるらしいのですが、自分の作品テーマに合ったものを求めると自然と自ら作るようになるのでしょうね。

う~ん、今まで習ったものの中で受講料が一番高かったわけですよ(^_^;) それにしても工程が本格的で勉強になりました。裏打ちのやり方もそうだし、糊はわざわざ本部から先生がご持参。その辺のやまと糊ではなかった~。
by narinya | 2007-04-26 23:47 | 書道 calligraphy | Comments(4)

d0090959_12324669.jpg毎週の南画教室。手本を写すだけでサクサクと済ませようと思っていても、毎回そういう姿勢で教室に行くと少しひんしゅく?な雰囲気もありまして。

手本を応用しながら、自分で描いてみて添削してもらって仕上げる勉強をしましょう、という先生の無言の笑顔が~。

ということで、たまには自分で考えて描いてみました。少しでも楽しく描けるモチーフにしようと思って、爽やかに 「鯉」 で。

ところが、いざやると欲が出てくるのですよね。(それが勉強なんだケド)ここ数日、妙に入れ込んで鯉描いちゃって^^; だってカワイイんですものー。

まだ半切の下2分の1までしか描けてません。このあと、上半分には風に揺れる柳を描く予定です♪
by narinya | 2007-04-25 12:51 | 画 painting | Comments(4)

紙がかぜをひく

d0090959_102434.jpg

by narinya | 2007-04-24 01:23 | Comments(2)

布に

昔むかし、フランス人のお友達に頼まれて書いてみたものです。何となく見栄えがして、送るのが簡単で・・・と考えてタペストリーにしました。布は綿の生成色で上部は棒が通せるように輪になってます。字は「翠」の草書体。
d0090959_0385542.jpg
何を思ったか、布を縫って用意してから書いたのでやり直す気はなかったらしいアタクシ。それっぽければいいか!という勢いのみです。

ふすま一枚分くらいの大きさだったので当時はあまり気にならなかったけど、こうして写真で見ると、うぅーん(-_-;) 左上部はなんであんなに右上がりが目立つのか、右の余白は一直線で変化もないし。よくないですねぇ。作っている時は見えないんですよねー。

でも一応自分で考えたものなのでギャラリーのカテゴリーに入れてみました^^
by narinya | 2007-04-20 00:50 | 書道 calligraphy | Comments(4)

d0090959_23162028.jpg南画では四君子(竹・蘭・梅・菊)が描ければ、あとは全てその応用だというくらいに基礎的なものとされています。いかにも奥が深そうな話です。

竹以外は花がメインになるので、季節を表現するのに描かれることが多いのに対して、竹は季節を問わずいろんな場面を想定して描くことができます。竹そのものを描くほか、竹を通して何かを表現することもできるのですね。

竹に雪が降り積もる情景では余白の方に色をつけて、雪の部分は紙の白を利用して表現したりします。風は、しなる竿と吹かれる葉であらわします。雪も風も竹との関わりを通して表現されているのが粋だなぁと思います。

今回は先生のお手本で「風竹」を描きました。先日、勉強したのはオーソドックスな構図でしたが、今回はなかなか大胆で う~ん 南画! という感じです。
d0090959_2322612.jpg
風は左から吹いているので基本的に葉が右へ流れている絵ですが、下の部分では葉が左へ吹かれているのがわかりますか?

なぜかというと風が渦巻いているのです~。クリンって。構図もさることながら、単なる強風だというだけではなくて、そこにちょいと渦巻く風を描くなんて南画はやっぱりカッコイイなー^^
改めて思いました。
by narinya | 2007-04-15 23:39 | 画 painting | Comments(10)

はがき

d0090959_1352592.jpg
きれいにできました❤ 字を書いたら台無しなのでこのままで(^^;)
by narinya | 2007-04-12 23:25 | 消しゴム eraser | Comments(10)

書道ってどーなの?

先日、「習字」と「書道」の違いについて、ある文を読んだのです。「習字」は手本があるもの。書くのが子供であれ大人であれ、そして目的が競書や展覧会に関わらず、手本がある場合それは全て「習字」である、と。だから手本がないものが「書道」である、という内容でした。

これまた随分とおおざっぱな感じはしますが、手本の有無の観点だけから見れば、そう言えないこともないかな・・・とも思いました。書道にそれほど深入りしていない人に説明するなら、簡単でわかりやすいかもしれませんね。

d0090959_23254798.gifでも、手本なしで好きに字を、特に筆文字を書いたら、それは「書」なのか?といえば疑問~。手本をまねて(臨書も含め)作品です、というよりはオリジナリティはあるかもしれないけど、道具があれば誰にでも筆跡を残すことはできるからねぇ。象だって筆で絵を描くじゃないですか。(象さん差別ではない)

実際、「書道をやってます」というのは何を根拠にそう言えるのかなぁ?とつくづく思うのです。
答えは出てないのですが、たとえば、書道会に所属しているから、競書誌の課題を提出するから、師範に合格したから、古典の勉強をするから、展覧会に出品をするから・・・私にはどれも違う感じ。。。

d0090959_23275942.gifどうしたら?どうなったら?「書道をやっている」と言えるようになるのかしら。それとも、この過程の全てがすでにそうなのかしら?

上に書いたうち、所属や競書や展覧会などは必ずしも必要ではなさそうだけど、古典の勉強をはずしたらいけないような気がします。感性も歴史の勉強に裏打ちされたものでなければ説得力がないということかなぁ。

時折、(ネームバリューでだけとは言いませんが~)作品を発表する芸能人がおりますでしょう。もちろん芸事に秀でている人たちなので創作活動も上手ですよね。ただ、字を書いたら=「書」と呼ぶことが多いようなので、少し違和感があったりします。あ、でも私の見る目がないだけで、きちんと古典の勉強をしつつ発表しているかも。それにしちゃぁ・・・の場合もありますが。

こうしてnarinyaはいつも考えてしまって立ち止まります。以前ね、「人生やったもん勝ち。半分はったりでいいのよ」と言われました。ひぇ~~~と思いましたが、そうできれば楽ですよねー。
by narinya | 2007-04-10 23:41 | 書道 calligraphy | Comments(4)

日本画のスケッチ法

久しぶりにシンビジウムのスケッチなんてしてみて、またこのテキストと放送を録画したビデオテープを引っ張り出してきました。(2002年趣味悠々)テキスト内に掲載されているものと、放送の内容が多少違うので両方見ると得した気分になります。
d0090959_930308.jpg
日本画のスケッチ法なんてこのときまで全然知らなくて、毎週目から鱗でした。初めてスケッチを始めるところから最後には日本画で一枚絵を仕上げるところまでの講座だったのですが、生徒役の有森也美さんも最後にはステキな絵を描いていらっしゃいました。

ものには輪郭なんて無いのに線で描くなんて?いわゆるデッサン風に影やら空間やらを意識して描けばいいじゃない?と思っていましたが、線で描くってそれ以上に目で見たものを一瞬で消化する理解力が求められるものなのだなぁ、と思いました。やっぱり書道に少し似てる^^
by narinya | 2007-04-09 09:42 | スケッチ drawing | Comments(2)

スケッチ  シンビジウム(鉛筆・色鉛筆) スライドショー

下のシンビジウムを描く過程をスライドにしてみました♪

(2006.6.5追記)
クスンクスン(T_T) シンビジウムのスライドショー消滅しました・・・。
ブログに載せた写真(特にものづくりの工程記録!)は、ちゃんととっておかないと
いけないですね。もう一回撮れないもんね(泣) 
コメント下さった皆さん、すいませんでした。また別のスケッチで
スライドショーを貼ってみます。その時はまた覗いて下さいませ_(_^_)_

あ~ぁ・・・。アタシっていつもこうなんですよぉ。反省。

by narinya | 2007-04-03 23:28 | スケッチ drawing | Comments(12)


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ